現在の発言数448,402件!
この度、2017年2月1日に「みんなのカフェ」の運営会社がクックパッド株式会社から株式会社トクバイに変更となりました。 これに伴い、デコ料理、投票広場のサービスの提供と、iOSアプリ「料理と暮らしの掲示板 by クックパッド みんなのカフェ」を終了させていただきました。 詳細につきましてはこちらをご確認下さい。
2017年2月1日「トクバイ みんなのカフェ」運営チーム

ピアノに詳しい方 m(._.)m

小3男の子です。箇条書きですみません。

①一歳半からリトミックをしていました。
②今、小3でバイエル中ぐらいです。
③先生が何度も変わりました。なんとなく教え方 がイマイチな感じでした。
④長く習っているわりに譜読みが一人ではイマイチです。
⑤ 今まで30分を40分レッスンにかえました。
⑥3年生になってからは、母親はレッスンに付き添っていませんがまだ付き添うべきか迷います。
⑥和音記号やコードネーム等教科書のページをとばしてるがこれでよいものなのか..
⑦ソルフェージュも時々3ヶ月に一度やる程度です。
⑧代わって1年目このまま同じ先生に習っていてもよいのか...

⑨先生選びの基準がわからない...

⑩このままだと、何年か後、ただ月謝を払っただけになるのではないかと不安があります。
どなたか、ピアノにお詳しい方からアドバイス頂けると嬉しいです。
Icon agree@2x 0
Icon nice@2x 0
お気に入り

最新の発言6件 (全6件)

  • 目標は?

    経験上、譜読みに関しては、教えて早くなるというよりも
    自分の中で読もうという意識とそれに伴うコツとでもいうか
    そういうものに気が付いたら急激に早くなり、先読みの能力も
    身についていくものだと思います。
    クックパッド風に例えるなら、料理の要領は、やっていく中で自然に身につくものであると同時に、それ以上に、「このタイミングでこの作業」という意識をしっかり持っていなければ、効率の悪いことをしてしまいますよね。
    私自身が、譜を読むという意識を行ってから急激に伸びた経験を持っているので
    本人が自覚して意識するかどうかが、スタートラインだと思っています。
    同時に小学3年生では、そんな意識が持てなくて普通だと思います。

    レッスンへの付き添いは、集中力がない、すぐに騒ぐといった
    理由がないのであれば必要性をあまり感じません。
    和音記号、コードについては、ピアノの演奏技術という面でみれば
    さほど必要ありません。
    ポピュラーピアノ、即興演奏、音大進学、将来は作曲等に、と考えているのならば必要ですが。
    正直慌てる必要がない項目だと思います。
    エレクトーンなんかだと小学生でも、機能和声の理解までやらせるようですが
    ピアノでは、コードが読めるから・・・なんなの?という要素が強いですし
    もっと深い理解を伴った演奏をという理由付けは小学生には難しすぎることです。
    音大ピアノ科生でも、「難しい、わからない」という人が結構いる部分ですからねw

    ソルフェージュは、先の譜読みとも結びつきますし、上達に必要なものですが
    個人的には、ある程度演奏技術とのバランスもあると思うので
    先生がそのあたりをどう考えているのか、聞いてみないとなんとも・・・。

    なので、疑問に思っている部分について
    直接先生に相談されて、考え方や方針を伺ってみてはいかがですか?

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • 目標は。

    >ピアノの後さん
    分かりやすく説明をして頂き 本当にありがとうございます!

    目標はミュージシャンです。歌いながら弾けるようになりたいと言ってます。
    テレビ等で見かけると 弾いてる真似をしてます。

    ですが、言うこととレッスン意欲や譜読みが伴っておらず、なかなかテキストも進みません
    読めないから進みが遅くなっているようです。

    ピアノの午後さんのお話しを聞いて 安心しました。COOKPADお料理に例えると微妙なとこが、
    とてもわかりやすいです!
    タイミングなど重なった時、読め出すのかなーと
    感じました♪
    先生にも相談はしておりますが、本人のやる気だと聞いてましたので、覚えられないでいる現状をそのように答えてあるだけのようで不安でした。

    やめ時はいつなんだろうか...
    子どもの習い事は親もエネルギーつかうものですね~(・・;)

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • ピアノ講師です

    読ませていただきました。
    私が感じたことを書きますが、お気に障りましたら申し訳ありません。

    まず、ご本人とお母様が信頼できる先生に全てをお任せしてはいかがでしょう?
    ピアノという楽器は、簡単に結果が出ません。
    目指す所は同じでも、色々とやり方が異なり、その先生のやり方に慣れるまで時間がかかると思います。
    その後、結果が出るには早くても1〜3年はかかるかと…。
    小3で譜読みが出来ない子、たくさんいます。
    譜読みにどのレベルまで求めるか、によりますが、バイエル中程度なら音とリズムがわかれば十分かと。
    それも微妙な場合は、根気良く一緒に音を読む、リズムを読む、を何曲も繰り返していれば、自然と読めるようになりますよ。
    ミュージシャンを目指されるなら、常にメロディ弾き歌いをされるといいと思います♪
    弾き歌いすることで譜読み力もつきますよ。
    和音記号、コードネームは大人になってからで十分です。
    まずはたくさんの曲を弾いて歌ってみて下さい。

    頑張ってくださいね。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • 弾き語りならば・・・

    弾き語りならば、周囲と差をつけるためにも
    理論的な理解があったほうが良いですが
    それを小学生に求めても、まず理解できないと思います。
    なので、それは理解できる年齢になってからで充分です。
    実際に私は弾き語り演奏をする機会が非常に多いですが
    和音を勉強して理解したのは中学生の頃でしたし
    理論は高校~大学時代に覚えました。

    では、それを実際に演奏につなげましょうとなった場合に
    技術や音に関する感覚があるのと無いのとでは雲泥の差です。
    なので、今は演奏技術を身につけることだけを考えればよいと思います。
    その中で音に関する感覚も自然に養われていくものですし
    本人が本当に続けたいと考えるのであれば
    技術さえあればあとは独学ででも学んでいくものですから。

    小学生では、ピアノから弾き語りへのルートも漠然としか捉えていないでしょうし
    ミュージシャンにあこがれるにしても、華やかな部分しか見えていないでしょう。
    文字通り心身共に成長して、厳しい現実が近づいてきた時に
    それでもやるかどうかは本人次第ですし、親としてできるのは
    どちらを選ぶにしても「基礎があってよかった」と思える程度の
    バックアップぐらいしかありません。
    やる気が伴わないのは、そのぐらいの年齢では当然のことですし
    「将来こうしたいんでしょ」
    といくら言ったところで、それが現実的な感覚として結びつかない年齢ですから
    今は、演奏技術を学ばせてあげるだけで良いと思います。
    欲張ってあれもこれもができる年齢ではないですし、だらだらと感じるような成長でも
    続けていることで少しずつでも技術が身についていけば
    自覚とやる気が伴った時に、ちゃんと役にたちます。

    先生も先生である以上プロですから
    ちゃんと生徒に合わせて色々と考えているはずですからね。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • ピアノ講師さま♪

    ありがとうございます!
    先生のやり方に慣れるまで、結果がみえるには時間がかかるということですね、
    もう少し様子を見ていきたいと思いました。

    譜読みに関しては、今一番のネックになってましたが、先生にも相談しておりますが不安でした。

    コードや和音のページもとばされるので、聞いてみましたが、「あとでやりましょう」とばかりで、やっていません。
    後回しにする理由を聞けずじまい。と言うか、あまり説明して頂けないこてから、こちらも質問しづらい感じです。先生はわかっていらっしゃるから説明されないのかもしれませんが。
    ピアノ講師さまから大人になってからでも十分とのこと、他の小学生も和音は習ってるわけではないのですね、
    テキストのページに載っているのに?と疑問なのですが、説明して頂けて、わかりました!
    相性が合わないのかなとも考えます。
    メロディ弾き歌いを頑張って行きたいと思いました!
    ありがとうございます♪

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • 音楽理論

    >ピアノの午後さん

    弾き語りならば、周囲と差をつけるためにも
    理論的な理解があったほうが良いですが
    それを小学生に求めても、まず理解できないと思います。
    なので、それは理解できる年齢になってからで充分です。
    実際に私は弾き語り演奏をする機会が非常に多いですが
    和音を勉強して理解したのは中学生の頃でしたし
    理論は高校~大学時代に覚えました。

    では、それを実際に演奏につなげましょうとなった場合に
    技術や音に関する感覚があるのと無いのとでは雲泥の差です。
    なので、今は演奏技術を身につけることだけを考えればよいと思います。
    その中で音に関する感覚も自然に養われていくものですし
    本人が本当に続けたいと考えるのであれば
    技術さえあればあとは独学ででも学んでいくものですから。

    小学生では、ピアノから弾き語りへのルートも漠然としか捉えていないでしょうし
    ミュージシャンにあこがれるにしても、華やかな部分しか見えていないでしょう。
    文字通り心身共に成長して、厳しい現実が近づいてきた時に
    それでもやるかどうかは本人次第ですし、親としてできるのは
    どちらを選ぶにしても「基礎があってよかった」と思える程度の
    バックアップぐらいしかありません。
    やる気が伴わないのは、そのぐらいの年齢では当然のことですし
    「将来こうしたいんでしょ」
    といくら言ったところで、それが現実的な感覚として結びつかない年齢ですから
    今は、演奏技術を学ばせてあげるだけで良いと思います。
    欲張ってあれもこれもができる年齢ではないですし、だらだらと感じるような成長でも
    続けていることで少しずつでも技術が身についていけば
    自覚とやる気が伴った時に、ちゃんと役にたちます。

    先生も先生である以上プロですから
    ちゃんと生徒に合わせて色々と考えているはずですからね。

    まだ先で大丈夫なのですね!
    お友だちは、和音を習っているようで焦ってしまいました。(バステン)
    習っていないこも多いようですね、

    一度に技術と理論は小3では難しいとのこと、
    ピアノをこなしてある方からの詳しい解説は
    ありがたいです。
    月謝はらったけど、何も残らなかった。みたいにならないよう、そしてやる気と気持ちが、伴わない事、色々考えていましたが、
    とりあえず今の調子で技術をつけていこうと思いました。
    ありがとうございました♪

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
Arrow upトップに戻る

この話題に発言する



ログインが必要です