現在の発言数441,235件!
この度、2017年2月1日に「みんなのカフェ」の運営会社がクックパッド株式会社から株式会社トクバイに変更となります。 これに伴い、デコ料理、投票広場のサービスの提供と、iOSアプリ「料理と暮らしの掲示板 by クックパッド - みんなのカフェ」を終了させていただきます。 詳細につきましてはこちらをご確認下さい。
2017年1月16日「クックパッドみんなのカフェ」運営チーム

愛とはなんだと思いますか?

皆さんは、「愛」とはなんだと思いますか❓

私は、寝る前に毎回なにかお題を決めて考えるようにしています。
一番答えが出なかったのが「愛」です
人を愛する、なんていいますよね口に出すのは簡単です
でも、愛に形はないです、形のないものを相手に与えることはできません
じゃあ、なぜ人々は愛しあえるのか
(もちろん、結婚している時は別ですが
本などを読みましたが、どれもこれも曖昧な書き方ではっきりしません

ただ一つわかったことがあります
それは、「愛」は与える人も、与えられた人も幸せになることです。

私は、まだ子どもなのであまりよくわかりません
なので、大人の皆さんの知恵をお借りしたいです
よろしくお願いします。
Icon agree@2x 0
Icon nice@2x 0
お気に入り

最新の発言12件 (全12件)

  • 深いですねー。

    私も模索してたときがあります。
    愛や好きは、身近なようではっきりしない感情な気がします。

    でも、誰かを心から大切にしたいと想うことだといまは感じます。

    それは、家族や恋人、友達、ペット……どんな対象にも当てはまると思います。

    見返りは一切期待しない、ただただその人が幸せであってほしいと心から願い、想う気持ちではないかしら…(@∪ω∪@)


    …なぁ~んて思ってみたり(笑)

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • 心の栄養

    私も子供の頃から何度も繰り返し考えたお題です。
    10代で一度は答えをみつけたつもりでも
    20代、30代、今は40代ですが、そのつど学ぶ機会があり答えは沢山あるのだなと…
    年齢を重ねてゆくたびに色々な愛の形、深さ、広さを知る機会があるように思います。

    色々な答えがある中で、私がつねに意識しているのは「愛情は心の栄養」ということ。
    語りはじめると長くなるのではしょりますが
    人は無意識のうちに、自分の存在価値を確認する作業を繰り返しています。
    意識的に確認することもあるでしょう。
    私は生きていく価値がある、と感じることができれば自信にもなり心も豊かになってゆきます。
    この確認ができないと心は栄養不足になり、また自分の存在価値を見失って
    問題行動(SOSのサイン)をおこす元になっていたりします。
    幼少期、思春期、成人しても、老人になってもです。
    人は何才になっても愛情(自分を肯定してくれる存在)が必要な生き物なのだと思います。

    玲さんがおっしゃるように「愛」は与える人も、与えられた人も幸せになります。
    それは心の栄養となってお互いに存在価値を認めあい、生きる自信と安心に繋がっていると思います。

    人が心豊かに幸せに暮らすために必要不可欠な栄養素、というのが今の私の答えです。

    これは沢山ある答えの中のほんの一部に過ぎませんが、ご参考迄。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • 寝る前に考え事ができる貴方は偉いです。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • 愛というのは、曖昧なもの
    漢字分解
    心ぬけると受け身でしょ
    受け身でいるばかりじゃ
    一方通行よ

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • 「自分自身を愛するように隣人を愛しなさい」
    という言葉が聖書の中にあります。

    人間、なんだかんだ言っても自分の事が一番かわいいものなのかもしれません。
    自分を愛するように誰かを愛した時、見返りを必要としないでしょうし、死をもいとわないのかもしれません。
    未熟な私は、愛には苦痛が伴う場合もあるかな、と思っています。そこを超越できた時には、そこはかとない幸せが待っているのかな…。

    それにしても玲さんエライですね。
    いろいろ考えることって、結果が出なくても心が豊かになりますから。
    将来は哲学を専攻して、哲学者になって欲しい!

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • 私はキリスト教徒ではありませんが、「愛とは自己犠牲」だと思ってます。

    私は結婚していて、夫がいます。(残念ながら、子供はありません。)彼のためなら、自分を二の次にできます。自分の欲しいものを我慢しても、夫に美味しいものを食べさせてあげたい。好きな事をして欲しいと思います。これは私が夫に感じる気持ちですが、あなたは子供なので、親御さんの「愛」がそういうものだと思えば、わかりやすいかもしれません。親は子供のために自分を犠牲にすることができます。

    「賢者の贈り物」というお話がありますが、まさにあれです。

    貴女がそういう気持ちを持つ事ができる相手こそ、貴女が愛している人だということです。そう思えない相手は、逆に、貴女は愛していないのだとも言えます。(「○○が〜してくれない」と口にする人たちは、まさにその状態だと思います。)与えられることより、与える事を選ぶことができる相手をもてるのは、幸せなことだと思います。なぜなら、それは「愛を知っている」ことになるからです。

    そして、愛は穏やかで優しいものだと思ってます。包み込むようなふんわりしたもので、居心地が良いもの…という感じ?決して相手を傷つけないものです。しかし、同時に(自己犠牲とは言いましたが)自分を傷つけるものであってもいけません。自分を傷つけることで満足感を得て、相手に尽くしている気持ちになるのは、自己犠牲ではなく、当然、愛でもありえません。そこはしっかり見極めてください。思い違えている人はとても多いです。

    ー「愛」は与える人も、与えられた人も幸せになることです。

    と書いてますね。私も賛成です。私は幸い、「愛」を知っている人と結婚しています。お互いに、与え、与えられているので、私達はとても幸せです。貴女にもそういう相手が現れたとき、「愛ってこういうことか」と実感することができると思います。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • 言葉では説明できない 込み上げる気持ち。 それが愛だと思ってます。
    愛してる気持ち、いちいち説明できないもんねー。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • その人を好きになることで、自分さえも好きになれること。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • 子供の頃から

    欲しかったもの。

    手をのばせば繋ぎ返してくれる手があること。

    実感しています。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • 私なりにですが。

    愛とは、全てを愛し受け入れられる事ではないでしょうか?許せると言うか。私は、愛されるより愛したいですね。与えられるだけの愛を注ぎたいです。見返りは、求めなくなりました。若いときは、愛される事ばかり願いました。今は、愛する気持ちを行動や言動で、あらわすだけになりました。サヤンママより。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • 愛とは

    見返りを期待しないで尽くす気持ちだと思います。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • 私なりの解釈では、見返りや恩を期待しないで、自分以外に与えること。またその逆に、自分以外から同様にいただくこと。理屈ではなく、本能的にある、守ろうとする感情。
    親が自分の子供に対する愛、弱いものをかばう、助ける愛、いやな感情や思い出を、これっきりと許せる気持ちの愛、与えるだけではなく、その人のことを思ってこその厳しい助言も愛。色々ありますね。
    日本語の「愛」という言葉の歴史を勉強してみるのも面白いですよ。玲さんのように、私も考えてみますね。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
Arrow upトップに戻る

この話題に発言する



ログインが必要です