現在の発言数440,847件!
この度、2017年2月1日に「みんなのカフェ」の運営会社がクックパッド株式会社から株式会社トクバイに変更となります。 これに伴い、デコ料理、投票広場のサービスの提供と、iOSアプリ「料理と暮らしの掲示板 by クックパッド - みんなのカフェ」を終了させていただきます。 詳細につきましてはこちらをご確認下さい。
2017年1月16日「クックパッドみんなのカフェ」運営チーム

女性のお茶くみ

こんにちは、

今のオフィス、会社内では
どうなってるのでしょう?

話はそれますが、
21歳の頃、
夜間出発、早朝に到着する
オーストラリア・カンタス航空の
チャーター機に乗った時、
男性の客室乗務員さんがほとんどでビックリ、
女性陣はみな、
終始幸せな気分でした(笑)
Icon agree@2x 0
Icon nice@2x 0
お気に入り

最新の発言13件 (全13件)

  • お茶をいれる楽しみ

    95%男性ばかりの職場。
    アルバイトしていました。
    多いときには、
    1フロアに40人以上いたと思います。

    ある日、
    箱入りの「どら焼き」をたくさん頂いたそうです。
    その時はフロアに15人程、
    ちょうど3時すぎ、女性は私ひとりだけ。

    昔のファミレスみたいな
    大きな業務用のコーヒーメーカーがあり、
    無くなると、気が付いた人が10杯分作っておく、
    保温式の無料のセルフ式。

    どら焼きとコーヒーは合わないかなと、
    探すと「ほうじ茶」を発見。
    コーヒー用の紙コップで、
    ほうじ茶を入れました。
    コーヒー党のためにも
    新しくいれておきました。

    探してもお盆は無いようなので、
    どら焼きのフタの上に
    お茶、どら焼きを5つずつ乗せて
    何回か、各デスクをまわりました。

    私が「〇〇さんからのいただき物です、
    緑茶は無くて、ほうじ茶でよければどうぞ」と言うと、

    「おぉ、何?お茶か、いいね、
    どら焼きとほうじ茶、合うんだよね、
    うまいねぇ、
    女の人にいれてもらえるとは思わなかった、
    君は気がきくね」
    などと、喜んでもらえました。

    毎日、何度もお茶やコーヒーを頼まれ、
    たとえ計算をしている途中でも仕事を中断して
    配っていた前の職場より、

    男性でも自分の飲みたい物は各自で、
    または廊下の販売機まで買いに行く自立した職場、
    そういう場所だと
    率先してお茶をいれたくなりますね。

    その日、他に女性がいなかったので、
    いい子ぶる?とか、
    一切気にしなくて
    済むのでよかったです。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • 娘の会社は…

    接客業で、ほぼ女性の職場です。フロアには、『アクアクララ』のような物があり、お客様が自由に飲めるように、コーヒーや紅茶、ココア等が用意してあるそうです。職員は、各自マイポットやペットボトルを持参し、合間に飲んでいるようですね Tea昔のように、お客様が見えたから、お茶を入れるということは していないとのことです。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • 中小企業、元紅一点

    工場勤め、社員はほぼ男性で"元"紅一点です。

    自動販売機はありますが、給茶器等という洒落たモノはありません。
    (せいぜいあってカップで出てくる自販機がいいとこ)
    お客様が来る時もあるので玄米茶を常備しています。
    (味云々より、単に安いから)

    それでも毎日休憩時間のお茶くみは欠かせません。
    事務方のメンバーには全員分いれ、
    現場作業の皆さんはセルフサービスでお願いしてます。
    (お茶っ葉の入った急須をポットの前に置いておくだけ)
    おのおの自販機でジュースを買ったりしているようなので
    お互いそれで良いような感じです。

    時々誰かのお土産やお客様からの頂き物で甘いお菓子があると
    ちょっと濃いめのお茶が美味しいものです。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • その場で一番新人(男女無関係)がやります

    皆さんの好みを掲示してます。
    ○さんは砂糖のみ
    ○さんはブラック
    ○さんはお茶ぬるめ・・・など。
    一人だけ、○さんは“自分で飲みたいときにするから出さない”っています

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • 女性陣がいれてくれます。

    100年以上にもなる古い私学なので、ずっとそういう伝統なのでしょう。

    月1000円のお茶代を部屋のみんなから集め、先生ではない部署ですから3時になったらお茶(コーヒー)とお菓子がでます。お菓子はいろんなところからいただくことが多いので、毎日楽しいティータイム。みんなでその日あったことや次の日の予定などを打ち合わせたりする貴重な時間となっています。

    女性の事務員さんなど、小学校に入学してから大学卒業、事務員として定年まで50年以上ずっとおられる方もいます。世間を知らずにとても幸せな人生だとうらやましくも思います。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • 自分で

    派遣で色んな企業で働きました。
    お茶の習慣…ナイですね。
    飲みたい人は、自分で。
    決まった時間にお茶を飲むなんて、非効率の極みと思います。
    IT系なので、デスクに水物の持ち込みは禁止の場合も多いです。
    今は在宅ですが、男性より収入も多いですし。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • 研究職

    私の職場も99%が男性の職場で、女は私1人でした。

    でもお茶の習慣は一切ありませんでした。
    一応休憩時間なるものがありましたが、
    そのときの実験状況などで終われない人はそのまま続けて、あとからとっていたので
    正味バラバラですね笑

    以前は派遣の女性がいたらしく、来客対応はその女性の仕事、となっていたみたいですが、
    今はいないので、そのお客さんを呼んだ人が各自対応するという方針になったそうです。

    そうでないと100人もいる部署のお茶くみなんてやってられません笑

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • お茶を入れてもらいたがる上司たち

    お茶は女の子が入れた方が美味しいという、まったく納得いかない理由で、女性がお茶くみです。
    男性事務員もいて、給料は同じはずなのですが、男性というだけでお茶くみは免除です。

    上司の湯飲みも、誰がどれなのか覚えなければなりません。面倒臭いです。
    朝、出勤した上司に順次お茶を入れていきます。
    時間がたつと不味いので、頻繁に茶葉を替えなければなりません。
    飲み物持参で出勤するくせに、お茶を入れてもらいたがります。
    当然、入れても飲みません。
    (茶葉もお湯も経費なのでどうでもいいのですが、手間も考えてくれ!)

    気持ち悪いのですが、洗った湯呑を拭く食器拭きは2週間も洗いません。
    しかも食器拭きと手拭きは兼用です。
    勝手に洗うとお局様に怒られます(40代の私がお局様と呼ぶのですから、相当なお方です。)。
    お局様が食器拭きを家に持ち帰って洗うのですが、
    タイミングが悪いと2週間以上同じ食器拭きです。そうなるとタオルが水を吸いません。

    拭くのが気持ち悪いので自然乾燥にすると、これまた怒られます。
    自分の湯呑はこっそりティッシュで拭きます。
    上司の湯呑はお茶くみに対する態度が上記のとおりなので、
    お局様お墨付きの食器拭きで拭いてあげます。

    こんな昔ながらの給湯室ですが、職場の入っている建物は一流オフィスビルです。
    お客様のお茶は心をこめて入れています。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • もし、会社で ある日男性が
    「今日はコーヒー、俺に淹れさせてください!

    一同、「うわー!いい香り おいしい」

    「実は、この間、コーヒー焙煎教室一人で行って
    プロに教わってきたんです。」

    ・・・なんて率先して淹れてくれたら
    おいしいでしょう(笑)

    あれ?
    「俺」=淹れる(お茶、コーヒー紅茶をいれるの意味)
    漢字が似てますね。元は男性の役割?

    女も50代になると考えも変わる・・・

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • おたがいさま。

    従業員に対するお茶入れは、
    業務効率が悪くなるので禁止でした。
    本当は席で飲むのも禁止でしたが、
    マイマグカップや自販機のコーヒー、ペットボトルのお茶など
    各自用意して、好きな時間に目立たないようにして飲んでました。

    ただ、応接室にお通しするお客様へのお茶出しは、
    女性が対応した方が自然なので、
    給湯室のふきんのお洗濯なども含めて、
    管理職やパート以外の女性社員が交代でやっていました。

    男性には重いモノを持つなどの力仕事を
    やってもらうこともしばしば。
    “お互い様”という感覚で、自分にできることをやる雰囲気でしたよ。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • 私が勤めていた元会社はフロアによって違っていました。
    で、私が配属された部署は女性社員が午前と午後各一回いれる習慣になってました~_~; 勤続15年以上の先輩社員と私しか女性はおらず。。。私が積極的にいれてました。
    ところが部署全員「飲み物は各自で用意しましょう派」のフロアに引っ越すことになったタイミングで女性社員がお茶をいれる習慣を勝手に廃止しました(笑)

    最初はえ〜( ̄▽ ̄)とか言われましたが無視無視。そのうちいれないのが当たり前になりました。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • ま、空気よめない自己中女には誰も期待しないというw

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • 女性が当然のようにお茶を出す会社がいまだにあるのですね
    あまり競争にさらされない業種なのでしょうか・・・
    私の勤務先は歴史は古い半官半民のような会社(現在は)ですが
    お客様へのお茶出しも男女・年齢関係なく行われています。

    給湯室の流し台はお弁当持参の人が弁当箱を洗ったりもするのですが
    食器洗いスポンジが汚れている(何故か黒ずんでるんです。)ので
    その事に気付いてからは個人のマグカップも職場で洗うのをやめて毎日持参することにしました。
    周りの人には言えませんが あんな汚いスポンジで洗いたくないんです。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
Arrow upトップに戻る

この話題に発言する



ログインが必要です