現在の発言数449,520件!
この度、2017年2月1日に「みんなのカフェ」の運営会社がクックパッド株式会社から株式会社トクバイに変更となりました。 これに伴い、デコ料理、投票広場のサービスの提供と、iOSアプリ「料理と暮らしの掲示板 by クックパッド みんなのカフェ」を終了させていただきました。 詳細につきましてはこちらをご確認下さい。
2017年2月1日「トクバイ みんなのカフェ」運営チーム

肉汁たっぷりな美味しいハンバーグを作るコツを教えて下さい!

肉汁たっぷりな美味しいハンバーグを作りたいです!パサパサにならないコツとかありましたら作り方などもぜひ教えて下さい!
Icon agree@2x 0
Icon nice@2x 0
お気に入り

最新の発言10件 (全10件)

  • VOL'1

    VOL'1
    おいしいハンバーグはおいしいお肉から。旨いお肉を選びましょう。
    例)牛ミンチ200g:豚ミンチ100g 玉ねぎ中1個 にんにく1片
    パン粉30g 生クリーム30cc
    牛肉だけでは味の深みが出ません、できれば牛肉2:豚肉1の割合で焦げないようにソテーした細かいみじん切りのタマネギもたっぷり入れ、味付けはシンプルに塩と胡椒、にんにくはみじん切りして軽くソテーしたものをこれでもかってくらい混ぜる。
    よく混ぜることで、肉の粘りでまとまり、肉汁&味が逃げないようになります。
    つなぎは生クリーム+パン粉(生パン粉) ナツメグとかスパイスはお好みで!
    それから御懸案の肉汁たっぷりですが、一つはケンネ油(牛脂)スーパーとかでサービス品としてもらえますね、これを細かく刻んでミンチを混ぜる時に20g程度混ぜる。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • VOL'2

    VOL'2
    もうひとつは、透明の肉汁がじゅわぁ~っ の基として、鶏のゼラチンを利用する方法です、鶏もも肉(1枚300g弱)に軽く塩をふって皮もそのまま300ccの水から火にかけ沸騰したら弱火で25分ほど煮て鶏のだしとゼラチン質の溶けだした煮汁を冷ますと煮こごり状のプルンとした塊ができます。(鶏はサラダや棒棒鶏に)それをミンチを混ぜる時たっぷり入れてハンバーグをつくるとじゅわぁ~っと・・・。ケンネ脂と鶏ゼラチンの合わせ技で是非!
    注:焼いてるときハンバーグが割れたりひびが入ったりするときは混ぜ方が足らない証拠です。ハンバーグを混ぜる時、手の温かさで柔らかくなりすぎるので冷蔵庫で材料を冷やしておくことと、焼く前も成型し冷蔵庫でやすませてから焼きあげましょう。
    ご健闘を祈る・・・。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • 肉汁たっぷりとはちょっと違うかもしれませんが、柔...

    肉汁たっぷりとはちょっと違うかもしれませんが、柔らかジューシーに仕上げる為に私がしている誰でも簡単に出来ること。
    ①玉ねぎ多め
    ②パン粉を浸す牛乳多め
    上記をする事で水分が多くなるので生地は成型するのが難しいほど柔らかくなります。あえて空気抜きはせず、しっかり両面を焼いて、50㏄ほど水を入れて蓋をし水分が飛ぶ位まで蒸し焼き(5分~7分位)にします。ここで気を付けるのは、中まで火が通っているか確認するために菜箸等で穴を開けて肉汁出しちゃう人、是非やめてください。せっかくパンパンに詰まった肉汁がぁー(/_;)/~サヨナラー
    極端に大きくない限り、蒸し焼きすれば火は通ります。
    簡単に言うと、生地が柔らかいと焼き上がりも柔らかジューシーです(^^)

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • 私の場合

    私の場合、パン粉:無し&玉ねぎ:炒めず生で使用しています。
    そして、一番の肝は「焼く直前にサラダ油でたねをコーティング」です。
    フライパンではなく、オーブンレンジのグリル機能を使って焼いています。
    個人的な感覚ですが、パン粉を加えるとお肉の美味しさが半減してしまう気がします。
    玉ねぎは、生で加えた方がよりジューシーになると、これまた個人的な感覚で思っています。
    あと、サラダ油でコーティングすることにより、過剰に肉汁が出てしまうのを防ぎます。
    これは、個人的な感覚ではなく、確実なものです。
    あまり参考にならず、申し訳ないです。
    頑張ってください。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • 焼き方をちょっと変えるだけで

    焼き方をちょっと変えるだけで、レシピを変えずにジューシーに仕上げることができます。
    まずフライパンを熱し、両面良い感じに焦げ目がつくまで焼きます。この工程を意識するだけで、余分な肉汁が抜け出すのを抑えてくれます。その後フライパンに蓋をして弱火で、竹串をさして出てきた肉汁が透明になるまで焼きます。お試しください!

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • ハンバーグをこねる時に、マヨネーズを入れてみて。...

    ハンバーグをこねる時に、マヨネーズを入れてみて。意外とふっくら.ジューシーにできますよ。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • ハンバーグに不可欠なひき肉は表面が乾燥しているので5...

    ハンバーグに不可欠なひき肉は表面が乾燥しているので500gにつき最低大さじ1のお水を加えます。(ハンバーグに限らず) そしてパン粉の代わりにインスタントオートミールを少量加えてみては。オートミールはお肉をしっとりさせる役目があるとアメリカの料理番組で紹介していました。それと変形防止のためお肉の1/4の量はあらかじめ炒めてから混ぜます。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • 通常のハンバーグ

    通常のハンバーグ(合い挽き肉、塩コショウ、パン粉、牛乳、炒め玉ねぎ、玉子)に
    1⃣りんごのすりおろしを加える。
    強火で両面をこんがり焼いたら、
    2⃣フライパンにお野菜を投入。お野菜の上にハンバーグを移動し、蓋をして弱火で蒸し焼きに。お野菜の水分でふんわりです。キャベツがオススメ。
    3⃣蒸してでた汁気はソースに。
    ご参考まで→レシピID:2136534♪( ´▽`)

    6baee20a99c3458d1fc363ec2e56e4e9
    彼に好評♪ジューシーふわ甘ハンバーグ by sweeterm レシピID:2136534
    りんごのすりおろしをいれることで、 ジューシー且つふんわり甘めに♪ お弁当の冷凍ストックにも♪ 2013.9ソース変更
    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • 成形する時

    成形する時、中心部にひと絞りマヨネーズを入れます。昔どこかで読んだ裏技ですが、簡単にふっくらジューシーなハンバーグになりますよ。マヨネーズの味は、殆ど残りませんし、手軽なのでお薦めです。私はもう何年もこの作り方です~*

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • 原因はいろいろと考えられますが

    原因はいろいろと考えられますが、今回は主な対処法を4つ紹介します。
    1.挽肉の脂の割合が少なすぎるとパサパサとした食感になります。飲食店では、挽肉に牛脂を挽いたものを混ぜてジューシー感を出します。牛脂が手に入らない時は、マヨネーズを少量混ぜてみて下さい。1人前に対してマヨネーズ小さじ1くらいが目安です。
    2.当店では、2種類の玉ねぎを加えています。1つは、飴色に炒めた玉ねぎみじん切りを冷蔵庫で冷やしたもの。もう1つは、玉ねぎみじん切りを軽く絞って、冷蔵庫で冷やしたものを生のまま使います。
    3.焼いている過程で、割れて肉汁が外にでてしまっている可能性があります。割れる原因は、「しっかりとこねていない。」「成型が雑。」「つなぎのパン粉が少ない。」「成型の時に真中をへこませていない。」「生の玉ねぎが大きすぎる。」「裏返すタイミングが早い。」などがあります。
    4.焼く直前に、ハンバーグ全体に小麦粉を薄くまぶします。表面がコーティングされ、肉汁の流出が抑えられます。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
Arrow upトップに戻る

この話題に発言する



ログインが必要です