現在の発言数440,635件!
この度、2017年2月1日に「みんなのカフェ」の運営会社がクックパッド株式会社から株式会社トクバイに変更となります。 これに伴い、デコ料理、投票広場のサービスの提供と、iOSアプリ「料理と暮らしの掲示板 by クックパッド - みんなのカフェ」を終了させていただきます。 詳細につきましてはこちらをご確認下さい。
2017年1月16日「クックパッドみんなのカフェ」運営チーム

フランスパンのクープがうまく開きません。コツはありますか?

フランスパンのクープがうまく開きません。何かコツがあるのでしょうか?
発酵はオーブンの発酵機能を使っているので、時間と温度はきちんとできていると思います。しかしまったくと言っていいほどクープが開かないのです(>_<)
うまくクープが開くコツを教えて下さい
Icon agree@2x 0
Icon nice@2x 0
お気に入り

最新の発言8件 (全8件)

  • まず、mikeanjuさんは普段、どんな道具を使っ...

    まず、mikeanjuさんは普段、どんな道具を使ってどのようにクープを入れていらっしゃいますか?
    どのような形のクープを入れたいのかにもよりますが、私の場合、焼く直前に3~5mm程度の深さで3~4本のクープを入れています。パンの大きさにもよりますが、5mm以上のクープを入れるとぱっくり割れた様な状態になります……
    我が家の場合、電気オーブンなので皮をパリッとさせるのは難しいのですが、それでも今のところ、クープが特に開かないと言う事はありません。
    なので、クープが浅すぎる(精々1~2mmの深さ)のかな?と思いましたが、お心当たりはありますか?
    あと、クープを入れる際、包丁の先でも不自由はしませんが、製パン用のカミソリがあると切れ味も良く、作業しやすいです。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • 回答ありがとうございます

    >Mitsuki.Kさん

    まず、mikeanjuさんは普段、どんな道具を使ってどのようにクープを入れていらっしゃいますか?
    どのような形のクープを入れたいのかにもよりますが、私の場合、焼く直前に3~5mm程度の深さで3~4本のクープを入れています。パンの大きさにもよりますが、5mm以上のクープを入れるとぱっくり割れた様な状態になります……
    我が家の場合、電気オーブンなので皮をパリッとさせるのは難しいのですが、それでも今のところ、クープが特に開かないと言う事はありません。
    なので、クープが浅すぎる(精々1~2mmの深さ)のかな?と思いましたが、お心当たりはありますか?
    あと、クープを入れる際、包丁の先でも不自由はしませんが、製パン用のカミソリがあると切れ味も良く、作業しやすいです。

    回答ありがとうございます
    確かにクープの切れ目が浅すぎだったのかと思います
    ご指摘どおりせいぜい1~2㎜くらいしか入れてませんでした 今度は大胆に切れ目を入れてみようと思います
    大変参考になりました ありがとうございます(*^_^*)

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • フランスパンのクープは難しいですね

    フランスパンのクープは難しいですね。
    生地の取り扱いにも注意が必要になってきます。なるべくガスを逃がさないように。
    できればカミソリで斜めに入れますが、表面から20度くらいの角度で一気に。
    蒸気焼成が望ましいですが、なければ霧吹きして。
    むきっとクープでるといいですね。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • クープナイフは

    クープナイフは、生地に対して45度に立て、さらに横に45度に寝かせ、皮一枚切るつもりで一気に入れます。
    クープが全く開かず、底が割れたり盛り上がったりするようなら、成型時の締めが甘い可能性があります。
    次の回答に成型のコツを書きますね。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • クープがキレイに開くには

    クープがキレイに開くには、きちんと生地が締められていることが必要です。
    ベンチタイムが終わった生地は手で押さえてガス抜きをし、横長の楕円形にしておきます。
    上から1/3を折って端を押さえ、上下ひっくり返して、反対側も1/3折り、細長い形にします。
    細長くなった生地の上から1/2~1/3の位置に左手の親指を置き、右手で親指の上に生地を被せるようにして上の生地を持ってきます。
    上生地の端は、右手首を使って下生地に押し付けるようにして閉じます。
    左手親指を少しずつ左にずらし、右手で生地を被せる作業を左端までやったら、もう一度右から同じ締めの作業を繰り返します。
    綴じ目がしっかりくっついていることを確認したら、キャンバスで波型を作り、パン生地を閉じ目を上にして並べ、上からキャンバスと濡れ布巾を被せて乾燥しないように注意して、常温で発酵させます。
    発酵終わった生地は、ひっくり返して天板に並べ、クープを入れ、蒸気注入をして焼成します。
    ファン式オーブンの場合、クープが開きやすい向きがある場合がありますので、向きを変えるなど、工夫してみてくださいね。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • 回答ありがとうございます

    >ぴっぐみさん

    フランスパンのクープは難しいですね。
    生地の取り扱いにも注意が必要になってきます。なるべくガスを逃がさないように。
    できればカミソリで斜めに入れますが、表面から20度くらいの角度で一気に。
    蒸気焼成が望ましいですが、なければ霧吹きして。
    むきっとクープでるといいですね。

    回答ありがとうございます(*^_^*)
    20度の角度で一気にやってみますね!!

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • 丁寧な回答ありがとうございます

    >MADあっと黄金の麦さん

    クープがキレイに開くには、きちんと生地が締められていることが必要です。
    ベンチタイムが終わった生地は手で押さえてガス抜きをし、横長の楕円形にしておきます。
    上から1/3を折って端を押さえ、上下ひっくり返して、反対側も1/3折り、細長い形にします。
    細長くなった生地の上から1/2~1/3の位置に左手の親指を置き、右手で親指の上に生地を被せるようにして上の生地を持ってきます。
    上生地の端は、右手首を使って下生地に押し付けるようにして閉じます。
    左手親指を少しずつ左にずらし、右手で生地を被せる作業を左端までやったら、もう一度右から同じ締めの作業を繰り返します。
    綴じ目がしっかりくっついていることを確認したら、キャンバスで波型を作り、パン生地を閉じ目を上にして並べ、上からキャンバスと濡れ布巾を被せて乾燥しないように注意して、常温で発酵させます。
    発酵終わった生地は、ひっくり返して天板に並べ、クープを入れ、蒸気注入をして焼成します。
    ファン式オーブンの場合、クープが開きやすい向きがある場合がありますので、向きを変えるなど、工夫してみてくださいね。

    丁寧な回答ありがとうございます(*^_^*)
    皮一枚切るつもりで一気に切ってみますね!!
    生地の締めも参考に通りにやってみます!!
    ありがとうございます!!

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • え~っと

    蒸気使えるオーブンですか?
    蒸気出さないとクープは開きません。それと他の人も書かれてますが
    生地がしっかりしまってないと開きません。成型して2次発酵した時
    生地がダレたりしていませんか?
    私は海外在住ですが日本から楽天さんで販売している魔法の銅版も
    購入しました。最初は銅版がないからクープも開かないのかと思って
    ましたが生地の締め方やクープの入れ方なども関係していたと言うこと
    に気づきました。魔法の銅版入れているからかもしれませんがフランスパンはパリっと焼けますね~~。
    それとフランスパンを縦にしてクープ入れる人多いですが
    横に置いた状態でクープ入れると結構良いですよ~。私は横にして
    少し斜めにクープ入れてます。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
Arrow upトップに戻る

この話題に発言する



ログインが必要です