現在の発言数455,442件!
この度、2017年3月28日にサイトURLの変更及びログイン機能・写真添付機能の提供を終了いたします。 詳細につきましてはこちらをご確認下さい。
2017年3月23日「トクバイ みんなのカフェ」運営チーム

「水につけておく」と「ざるにあげておく」の使い分けの意味

炊き込みご飯やおこわを作る時の、「水につけておく」や「ざるにあげておく」の使い分け・・・教えてください。
どんな場合に水につけたりざるにあげたりするのか、そうすることの意味も知りたいです。
Icon agree@2x 0
Icon nice@2x 0
お気に入り

最新の発言3件 (全3件)

  • 水につけておくは

    水につけておくは、水に浸しておく(浸水)、お米にしっかり水分を含ませるためです。
    ザルにあげておくは、お米に対しての正しい水分量を測る為、お米を洗ってからザルに入れ水分を切るためです。
    どちらも美味しいご飯を炊く、炊き込みご飯、おこわを作る時に必ずやる作業です。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • 水に浸すのはお米の表面に水分を行き渡らせ

    水に浸すのはお米の表面に水分を行き渡らせ、ザルに上げる時間は水切りだけの意味合いではなく、その間にしっかりお米の中心まで水分を行き渡らせる為です。基本は浸水10分、ザル上げ15分で良いです。そのまま土鍋でご飯を炊くと極上ですよ♪

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • もち米ですよね

    もち米ですよね、
    よく水洗いしたもち米をそのまま水に1時間ぐらい漬けて、ザルに揚げて1時間置いてから、蒸すか炊くかですよ。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
Arrow upトップに戻る

この話題に発言する



ログインが必要です