現在の発言数456,116件!
この度、2017年3月30日にサイトURLの変更及びログイン機能・写真添付機能の提供を終了いたします。 詳細につきましてはこちらをご確認下さい。
2017年3月23日「トクバイ みんなのカフェ」運営チーム

アンチョビとオイルサーディンは同じもの?違うもの?

アンチョビとオイルサーディンは、同じものですか??違うものですか??
違う場合、どのような違いがあるのでしょうか??
Icon agree@2x 0
Icon nice@2x 0
お気に入り

最新の発言3件 (全3件)

  • (以下Wikipedia引用) アンチョビは 「塩...

    (以下Wikipedia引用)
    アンチョビは 「塩漬けにしたカタクチイワシ」で非加熱であるのに対して、オイルサーディンは、「油漬けにしたサーディン(鰯)」で加熱したものである。アンチョビの方がはるかに塩辛く、オイルサーディンよりも小さな魚を用いて作られる。また、オイルサーディンは普通頭と内臓を除くだけで、三枚にはおろさない。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • 基本的には

    基本的には『宝史夜』さんが回答されているようにアンチョビは『塩漬け』オイルサーディンは『油漬け』と言う大きな違いがありますが、使う材料がイワシ・油・塩とほぼ同じなので、こんがらがるのだと思います。一番単純な違いはそのまま食べられるか?と言う事になります。オイルサーディンはそのままでも美味しく召し上がれますがアンチョビは塩辛くてそのまま食べる事はできませんよね!!
    オイルサーディン は高濃度の塩水に数時間塩漬けしオイルで煮込んで滅菌し保存食となっています。
    アンチョビは 15%~20%の塩に漬け込み半年以上発酵・熟成 させています。オイル漬けしてからの加熱はありません。塩分濃度が高く発酵食になっているようです。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • 使い方の違い

    他の方が定義については回答されているので、使い方について言いますね。

    アンチョビは、ダイレクトに食べたりせずにいわば「調味料代わり」として使います。オイルとの相性が良いため、アンチョビでソースを作ったりします。酒の肴としてならばキャベツ等と混ぜて加熱したり…。いずれにせよ、「醤油・ソース」などの代わりとして用います。旨味成分が強いので、とてもおいしいです。

    オイルサーディンは、基本的にそのまま食べます。アンチョビがパスタソースならば、オイルサーディンはパスタの具です。個人的には焼いてからレモンと胡椒で頂きたいです。
    使い方の種類としては、「鯖カン・鳥カン」とおなじ感覚ですね。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
Arrow upトップに戻る

この話題に発言する



ログインが必要です