現在の発言数448,328件!
この度、2017年2月1日に「みんなのカフェ」の運営会社がクックパッド株式会社から株式会社トクバイに変更となりました。 これに伴い、デコ料理、投票広場のサービスの提供と、iOSアプリ「料理と暮らしの掲示板 by クックパッド みんなのカフェ」を終了させていただきました。 詳細につきましてはこちらをご確認下さい。
2017年2月1日「トクバイ みんなのカフェ」運営チーム

私は魚がさばけません。みなさんはどのように覚えましたか?

私は魚がさばけません。みなさんはどのようにして覚えたのでしょうか?
Icon agree@2x 0
Icon nice@2x 0
お気に入り

最新の発言18件 (全18件)

  • 今はMOOK本や雑誌でとても丁寧に解説されているもの...

    今はMOOK本や雑誌でとても丁寧に解説されているものがたくさんあります。まずは写真つきで解説が丁寧に掲載されているものを購入し、イメージトレーニングをして実践してみてはいかがでしょうか?コツをつかめるようになるのは、やはり回数を重ねるしかありませんので、繰り返しやっていうくちにと自然と体が覚えるようになります。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • 料理家の私も

    料理家の私も、学生時代実習し、習いましたが、けっして得意とは言えません。お料理も最初は得意ではありませんでした。でも興味をもち毎日することで好きになり色々学んできました。先生などに習ったことより毎日の積み重ね、そして何より興味を持つ事が覚えられるきっかけだと思います。今は、いろいろな魚が切り身で売っていますし、魚屋さんに頼めば気軽におろしてくれます。そんな時代の背景が、魚さばきをする主婦が少なくなった理由なのでしょう。私も、家族が釣って来た魚を前に、教科書を開き練習していた日々もありました。今は、インターネットで動画も見ることができますし、本などでもお手本が載っています。魚により裁き方、手順なども多少変わってくるのですが、覚えたいと思うのであれば、いくつも興味をもちさばいてみることだと思います。
    練習していて、もしも中骨に身がいっぱい残ってしまったならば、野菜と一緒に味噌ベースや中華ベースで煮込んだり、衣を付けて揚げたり、たっぷり塩をまぶしグリルなどしてしまえば全ての身が美味しく食べられます。失敗は恐れず、このように疑問や興味のある方でしたら、きっとうまくなるはずだと思います。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • やはり

    やはり、直接さばく作業を見て覚えるのが一番だと思いますが、教室に通わない限り、ちゃんと教えてくれる人って身近になかなかいないものですよね。
    魚のさばき方は、インターネットの動画サイトで数多く紹介されていますので、これらを参考にされるのが一番だと思います。
    これから夏にかけて出回るアジは、お手頃価格で身がしっかりしているので、練習台にはもってこいです。固いヒレ、ゼイゴ、骨で怪我をしないように気をつけて、がんばって練習して下さいね。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • どんなことにも共通していることですが

    どんなことにも共通していることですが、「何度も、練習あるのみ」に尽きると思います。私も、最初は、魚を前にして、「はて、どうしたものか?」という感じでした。料理教室で、先生に教えて頂き、自分で魚を買う時に、丸のまま購入し、何度も練習しました。三枚おろしも、最初は骨に身がいっぱいついてしまったり…、となかなかうまくいきませんでしたが、回数を重ねるごとに、包丁を入れる位置や感覚が、少しずつ分かってくるようになり、楽しくなってきました。たぶん、包丁を入れる順番など、人それぞれ、微妙に異なるように思います。それぞれの、やりやすい方法があるかと思うので、インターネット動画などを参考に、練習されてみてはいかがでしょうか?お魚を自分でさばけるようになると、より新鮮な状態で魚を買うことができると思います。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • 結婚して間もなく

    結婚して間もなく、海の近くに引っ越したため、毎日のようにご近所から魚が届き困りました。
    ユーチューブもない時代でしたので、スーパーの魚売り場で設置してあったビデオを何回も
    見て覚えました。数をこなせば、どの魚もさばけるようになりますよ。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • 邪道かもしれませんが

    邪道かもしれませんが、myレシピ レシピID:1025541 を見ていただくと、鯵なら簡単に捌けると思います。
    皮が綺麗に剥げますので3枚におろして、中骨を取るとお刺身も簡単ですよ。
    皆さんが仰るとおり、数をこなせば大丈夫ですよ。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • 皆さんもおっしゃっていますが

    皆さんもおっしゃっていますが、数をこなすことが一番だと思います。
    私も結婚前、母にサンマだけは捌き方を習いました。あとはそれを自分の基本として他の魚に応用しています。
    「戦うコックサン」さんのキッチンをお勧めします。幾つかの捌き方がありますよ。
    ID:368421(メジナの捌き方)から検索して他のもご覧になれば参考になると思います。

    C312f0f7cb996fa5c30b22883ca5308e
    魚を捌こう!メジナ刺身編 by 戦うコックサン レシピID:368421
    こつさえ掴めば案外簡単に魚を捌けます。切り身より一匹の方がお得でしょ? ちなみに手前は真鯛の刺身。奥がメジナです。
    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • 動画サイトで手順はわかりますが

    動画サイトで手順はわかりますが、実際きれいに捌けるようになるには数こなさないと無理です。まず鯵など比較的安い魚で練習する事です。鰯だと手開きという方法もあるのでやってみては?数捌いて頑張って下さい。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • 僕はたまたま飲食関係で修行時代がありましたので今でも...

    僕はたまたま飲食関係で修行時代がありましたので今でも苦にはなりませんが、①出刃包丁は必須でそろえるべき、②トレーニングは鯖の2枚卸しが最適(身離れがいい)卸すイメージが実感できます、③2枚卸しができるようになったら、3枚卸しもできるようになる。カツオも身離れいいですが、頭の裏が固くてちょっとトレーニングには不向きです。鯖を5尾ほどさばいてみたら感覚はつかめると思います。結果として塩鯖をつくってみてはどうでしょう?

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • 皆様

    皆様、回数とおっしゃってますが、その通りだと思います。それから包丁のよく切れることも大切かと。出刃包丁があれば最高ですが、ステンレスでもOKです。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • 買ったお魚なら

    買ったお魚なら、私は「スーパーの鮮魚コーナーでそのままさばくのをお願いしちゃう」という邪道だけどシンプルで簡単な方法を使ってます。一応イワシとアジぐらいは自分でさばけますが(これは本で覚えた)、一家族分の魚ならその方がずっとお手軽かと思います。スーパーじゃなく魚屋さんで買ってもやってくれるんじゃないでしょうか。
    もっとも、ご主人が趣味で釣ってきたお魚さんだとこまりますけどね(^_^;)

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • 東京では切り身しか売ってませんでしたので、切り身を見ないとなんのお魚かもわかりません、、そして今、オーストラリアでも、売られているのは切り身です〜♥ヽ(^o^)丿

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • 母に、祖母に

    小学生低学年くらいから、母や祖母に教わっていましたよ(^^)

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • 高校の時、調理実習で鰯をさばきまくり覚えました(^_^;)
    班で献立が決まっており、その中で一人一品ずつ作るルールだったのですが、サラダや魚の蒲焼き、お米をたくだけ、などすごく差がある中で、蒲焼きにあたりましたorz
    さんまの予定がその年さんまが獲れず高価だったため、鰯になってしまい、実習までの間何度も母の修行を受け、毎日が鰯でした(笑)
    おかげで手際よくでき、周りから褒められ株はあがりましたけど(*´艸`*)

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • >月の舞猫さん

    東京では切り身しか売ってませんでしたので、切り身を見ないとなんのお魚かもわかりません、、そして今、オーストラリアでも、売られているのは切り身です〜♥ヽ(^o^)丿

    東京でも街のスーパー、魚屋尾頭付きが当たり前。
    威信にかけて弁明しておくね。
    誤情報やめてください。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • 門前の小僧習わぬ経を読む

    と、言いますが、見れば手順はわかります。
    子供の頃、行商の魚屋さん(漁師の奥さん)が屋台でやってきて、目の前でさばくのを見て育ちました。
    母も何でも捌きます。
    なので、小学生になれば自分で捌けましたね。
    ササーっと捌く大人たちを見ていたので、成功イメージしかなく、難しい物とは考えてませんでしたもん。
    ナマザカナ、キモチワルイよりは「そのサカナは刺身で食べる!おいしそう。」が強かったですしね。
    youtubeなどの動画で研究してはどうでしょう?
    後は、包丁は良く研いでおくと良いと思います。
    そんなに難しい事はないと思います。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • 新鮮なイワシだと包丁など使わずに手で頭を折って中骨は骨に沿ってすーってやるだけで簡単にさばける事を教わりました。イワシフライはこのやり方で十分簡単にできました。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • 魚の骨の構造を覚える

    魚はどんな骨格をしているかを覚えると、どこに包丁を入れたらいいかがわかってきます。背骨があるのはご存知ですよね。その他にもヒレの付け根の骨、とか内蔵の周りの骨、とか色々有ります。骨を包丁で切るのは難しいので、いかに骨と身の間にそって刃を入れ、身をきれいに切り離すか、というのが大事です。といいつつ自分の魚の捌き方に満足できてません笑。どうしても骨に身がいっぱいついちゃってもったいない笑

    私はイワシの手開きを中学生の時に母に教えてもらってなんとなくやってましたが、成長して、他の魚を包丁でさばくのがうまくいかないなあと思っている時に骨の位置が大事だとわかりました。イワシは手でさばけるほど柔らかいので、どんな骨があるのかよく観察できるので、アジ・サバなどにも応用できますよ。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
Arrow upトップに戻る

この話題に発言する



ログインが必要です