現在の発言数455,559件!
この度、2017年3月28日にサイトURLの変更及びログイン機能・写真添付機能の提供を終了いたします。 詳細につきましてはこちらをご確認下さい。
2017年3月23日「トクバイ みんなのカフェ」運営チーム

ユーキャンのCM

今テレビで流れている仲間由紀恵さんのユーキャンのCM。
職場で、こなした仕事に評価なし、
家庭でも、家事をしても家族がノーリアクション、
作ったオムライスだか、オムレツかにかけているケチャップが最後の最後に、ブチュ と破裂するように出るシーン。

うんうん、 と見ていたら
その後、
じゃあ、資格取りましょ みたいな流れ。

もやもやしてしまったのは私だけでしょうか?
自分のした仕事になかなか評価の言葉がかけてもらえないのは 往々にして有ることだと思う。資格があってもなくても。

でも家庭でのそれはちょっと違うんじゃないかな と。

かく言う私も 私は家政婦かい? ここは食堂かい? と心の中で文句言う日々。

それは家族間のコミュニケーションだったり、お互いの思いやりによるものなんじゃないかい?

資格とったら、解消されるのかい?
まだしんどい思いしなきゃ、ありがとう は言ってもらえないのかい?

そうなんだったら、女性ってしんどいなぁ。
Icon agree@2x 0
Icon nice@2x 0
お気に入り

最新の発言17件 (全17件)

  • 手厚い子育て政策で少子化に歯止めがかかったフランスでは
    ママになっても働くのが当然で専業主婦の肩身の狭さは日本の比ではないらしいですよ。
    全ての事には光と陰がつきものですよね…

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • しょせんはCMですもの。
    私は医療系の国家資格を持っていますが、それで特に何もありません。
    時給は無資格者と同額ですし、夫だって何とも思っていない。
    私の勤務先は無資格の正社員もいます。
    過去には国家試験を6人が受けて、1人しか合格しなかったことも。
    それでも首にはならないし。
    資格が何なのさ!
    失礼しました。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • すごくよく解ります。
    私も「わたし家政婦ちゃうよ!」、「汚いもの片付ける人ちゃうよ!」
    心の中で毒づくことしょっちゅうです。
    結局は、家事をする人への家族一人一人の思いやりですよね。

    あのCMは資格取得会社のCMなのでその流れに無理矢理作ってるのでしょうけれども、
    社会的な虚しさは資格取得で違う業種や職種に就くことで軽減されることがあったとしても(ま、一時的なものでしょうが)、家庭内の虚しさは資格なんかで軽減されませんよねぇ。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • まったく同感です。あのCM作ったの、男性だろうな。と勝手に思ってます。「主婦はお気楽で良いよな~」とか思いながら、表面上「主婦だって、やる気を出して資格を取れば良いんだよ」などと、理解のあるフリ(勝手な想像ですので、お気を悪くなさらないでくださいね)。
    そういうことじゃないんだよな。

    資格を取ることが良し悪しではなく、誰でも勉強して自分をブラッシュアップすることは素晴らしいと思う。けれど、CMである女性のドラマを描くならば、彼女の人生を、資格を取る意義を、資格を活かしたやりがいを描いてほしいです。
    ヒマ潰しに資格を取るわけではないでしょうから。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • ありがとうございます

    トピをたてたぽちです。

    なんかこう、しっくりこないもやもやを理解してくださる方が他にいて、よかったです。

    趣旨は違うのでしょうが、遥か昔、(年齢がわかってしまいますね)リンスインシャンプーなる物が開発された直後に流れたCMを思い出してしまいました。
    家事に、子育てに休む間もない妻に、夫がこの商品をプレゼントする という内容のものでした。まだ当時は子供でしたがそんな私でも「何か、おかしい…」と思うものでした。

    家の事して、働いて、子供の世話して、ご飯作って、家の事して…。自分だけの時間が欲しければ、寝る時間を削る。そんな暮らしの中で、その時間さえ通信教育に回せば、いいことが起きるの?と。

    毎日バタバタし過ぎて、きっと“へそ曲がり”な私になってしまっているのだろう、とは思うけれど。

    最近やたら流れるあのCMに、やはりもやもやしてしまいます。



    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • そのCMを見た事がないので、YouTubeで見てみました。
    単純に、意味不明でした。
    資格取ったら同じようなので仕事しても評価され褒められるようになるかのような…そんなわけないですよね。
    就職の時は学歴を見られるけれど、入ってしまうと仕事が出来るか出来ないかで変わりますよね。
    結局は学歴も資格も関係ない物も多い。

    私も専業主婦で、兼業の方と比べられる事もあり、専業主婦は楽でいいよね、兼業なんてすごいね、って幼稚園ママの会話が聞こえてくる。
    専業主婦は労いの言葉を言ってもらえないのが当たり前な世間。

    すいません逸れましたね。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • 分かります!
    だから、昨年「逃げるは恥だが〜」が人気出たんでしょうね。

    旦那のノーリアクション、よく話題になりますが、
    よく考えたら、私自身も実家にいた時、母親に対して十分に感謝の気持ちを伝えていませんでした。
    父親なんか 全くでした。家事参加なんてとんでもない。

    夫の育った家庭もそうだと思います。
    そんな父親を見て育っているから、それが当たり前になっているんでしょうね。

    ニュージーランドではキウイハズバンドといい、男性が家事をするのは当たり前。
    女性が働きに出て、社会でも平等に扱われるといいます。羨ましいですね〜

    そういう、文化の成り立ちに大きな違いがあるのでしょうが、
    私たちの国も少しずつ、変わりつつあります。
    料理番組に男性の補助がついたり、イクメンが推奨されたり、弁当男子なんてひと昔前には考えられませんでした。

    そういう風な世の中の流れも手伝って、我が夫も少しだけ頭が柔らかくなったようです。
    休日には掃除機をかけてくれたり、布団干しをしてくれたり、夕食の配膳や片付けもしてくれるようになりました。
    1世代上だと考えられなかった事だと思います。
    こうなるまでに衝突も繰り返しました。

    リンスインシャンプーのCMの件、よく分かります。こういった類のCMが女性たちの批判を受けて中止になったのもありますが、

    旦那様が責任世代だと家に帰ってまで、色々考えたくないというのもあるかもしれませんね。
    例えば先のニュージーランドだと凄く早いうちに旦那様は帰宅されます。

    残業などが無くなり、旦那様が定時に帰れるようになって、少しでもこの国に近付けるようになればいいですね。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • ユーキャンで資格は取れません。あくまで、資格を取る学習支援サービスです。って注意書きいるなあ( ^∀^)

    『評価』って必ずしもプラスだけじゃないです。マイナス評価もあります。
    評価されるレールにのってしまうとどんなことになるか?
    昇格・昇給もありますが、逆もあり。
    よい評価を受けたとします。責任も増えるし、配置転換や転勤・単身赴任もあり。
    逆に悪い評価を受けたら、降格・減給あります。しかし、しかし早く帰れたり意外に気の合う人と仕事できたり。
    プラスもマイナスもあります。

    評価されるのにいいかげん懲りました((T_T))

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • もちろん現場には資格融資者(責任者)など、必ず必要な場合があります。後は働き手が足りない場合などがある職場などでは、資格が無くととも実践力になる人材も必要とする場合があるでしょう。後は周りと仲良く上手く?出来る人材とか…職場によって、それぞれあると思うので、自分で見極めるのはなかなか大変ですが、その職場の求めているものや、現実と自分の出来る範囲や事を見極める力があれば、お互い様なので無理のないように、今後の事も踏まえて頑張りましょうね^o^

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • 女性側の意識の問題もあると思います。

    休日の掃除に夫が邪魔とか、
    台所を預かっている女としては、
    定年後の夫の存在.などの意見を見ますよね。
    トイレ掃除の男性参加について、汚しているのは男性が多いのに、いつから旦那様にトイレ掃除をさせるようになったのですか⁈との書き込みを見た事があります。
    洗剤のCMは当たり前に女性がしているというのもあります。
    まだまだ、これらの事が女性の仕事と決めつけている意識が女性側にもあるかなぁとの印象があります。
    女性の社会参加が当たり前の時代になったのに。

    外に働きに行くのが苦手だったり、家事が得意で、敢えて主婦業として家の事を女性の仕事と課している人も多くいますね。

    それが得意なら 全然構いませんが、
    「家事=女性の仕事」「男は外で働くのが仕事」という意識が深く根付いているのだと思います。
    実際、今の日本では、女性が外に働き出ても、男程の稼ぎは一般的に難しいですよね。

    あと、給与が振込制になって久しいですが、給与日にご馳走したり、旦那様を労ったりするのもあまり無くなった自分にも反省です。

    男の人が家事をする事が根付いている国ならいいのですが、近年 男女平等をうたい男性が料理などをするようになった国は、デリバリーやファストフードやインスタント物など簡単に作れる料理が発展しているような気がします。同じメニューが続いたり。

    その点、日本料理は違いますよね。
    もちろん、料理では無く、他の事が得意な女性もいますが、

    問題は、褒めるという事が苦手な文化。特に身内に対して。
    得意であろうとなかろうと、必然的に一生懸命しなくてはならない家事に、なんらかの評価は欲しいですよね。
    又、それらの事を女の仕事と決めつけてほしくない事。

    言いたい事が纏まらなくて、自分でも情け無いのですが、トピ主さんの言いたいモヤモヤした気持ちはよ〜く分かります。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • 私もCMに腹なんて立たないな。
    いいんじゃないですかね。
    上昇志向をもってスキルアップして、自己肯定を深めるっていうのは健全な精神状態だと思います。
    そのCMを何度も見てますが忙しいからそもそも注視してないし…て感じですね。
    現状に不満がないから刺さらないだけかもしれません。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • おはようございます。トピをたてたぽちです。

    只今、朝の小休止です。

    私がきちんと説明できなかったもやもやの原因を 的確に表現してくださる方々がいて、そういうことなんだな と自分自身の日常も併せて考えながら読ませていただきました。

    CMを見て、腹を立てているわけでは決してないのです。
    着地の居心地の悪さというか、何というか。
    CMが私の日常と重なったからかもしれません。

    今持っている資格で仕事をしている私ですが、
    そういう職場なので持っているのが当たり前、スキルアップすれば、ますます仕事量は増えるだろうと簡単に予測出来ます。
    ほめてもらえるとか、認められる で仕事をしているわけでなく 与えられた使命的な思いで取り組んでいる方です。出きることをし、こなしていくだけです。

    CMも家族の誰かがつけたテレビから流れるのがちらちらと目に留まるだけなので全体を通してしっかり見たことはありません。ひょっとしたら、そんな夫を捨てて資格取って自立するわ! という流れだったのか? と今思ったりしています。そうだとすると少し話し内容は違ってくるのかもしれません。

    日本人の思想や土壌。DNAにまでしっかり染み込んでいる人の多いこと。実感しています。我が家もしかり、です。



    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • 大阪人に言わせるとオチが浅いCMだと思いますよ。それを観て、なるほど!始めよう!とは思いませんでしたから。
    でも、ここで話題になってある意味成功しているのかもしれませんね。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • 女性はお腹で子供を育てる過程の途中、ツワリがあり、頭痛薬や風邪薬も飲めず、栄養バランスを心がけた食事を気にかけ、体重管理をしなくてはならず、だんだん膨らんで重くなるお腹を庇いながら家事をし、脚は浮腫み、寝返りを打つことすら大変で、お手洗いも近くなり、胎動が激しく肋骨や膀胱に痛みを感じる事も多々あり、腰痛や恥骨痛に悩まされ、仰向けで眠るのもしんどく、座っても横になっても楽な姿勢などなく、エコーでしかわからない子供の成長に一喜一憂しつつも育てる。
    出産、陣痛はこの世の終わりかと思うほど痛くて長くて逃れられない痛み。
    産まれたあとは後陣痛があり、戻らない体型は自分が一番わかってるし、それでも子供の泣き声に振り回されながら睡眠もろくに取れず、トイレもお風呂も食事もゆっくり出来ない。
    夫にも太っただの、女として見れないだの、髪の毛薄いだの言われストレス。
    義母にもお節介言われる。

    どうしてこんなに女性ばかり苦労しなくてはならないのか。とよく思う。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • どこの企業のCMだったか忘れましたが、
    泣いてる若い女性がドアップで映し出され、
    涙は女の武器ではない!武器になる資格を取ろうーという感じのCMを見た事があります。

    涙を女の武器として使った事は無いし、今時そんな事を考える人がいるかなぁ、
    中にはいるかも知れないけど、ちょっと違うよなぁ、やっぱり男側が作ったCMかなとモヤモヤしています。
    これも腹を立てている訳ではありませんよ。

    だいたいに ツーッと一筋流れる涙にドキッとする事はあるかもしれませんが、あのCMは派手に泣いてるし。

    トピズレすみません。
    トピ主さんのモヤモヤ、ジレンマよく分かります。
    かと言って、社会で男性と対等に仕事ができるかと言ったら疑問ですし、
    もしかしたら、ぬるま湯に浸かってるかもしれないという自分にもジレンマを感じているのかもしれません。(私の場合です)
    せめて、何らかのリアクションを貰えたら。

    一つだけ、夫も歳を重ねると 照れとか無くなり、普通に「美味かった!」とか「やっぱり家が一番!」と心の底から言われるようになったり、お子さんから感謝の言葉を貰ったりする事があるかもしれませんよ。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • 考えすぎですよ。だってCMですからね。モヤモヤはしないけど、主婦は確かに評価されないな😅位にしか思いませんでした。トピ主さんは深く考えすぎかな?と思います。意に合わない物は基本的に突っ込んで終わり的にCMを見てるからモヤモヤはした事ないです。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • >ひみつさん

    女性はお腹で子供を育てる過程の途中、ツワリがあり、頭痛薬や風邪薬も飲めず、栄養バランスを心がけた食事を気にかけ、体重管理をしなくてはならず、だんだん膨らんで重くなるお腹を庇いながら家事をし、脚は浮腫み、寝返りを打つことすら大変で、お手洗いも近くなり、胎動が激しく肋骨や膀胱に痛みを感じる事も多々あり、腰痛や恥骨痛に悩まされ、仰向けで眠るのもしんどく、座っても横になっても楽な姿勢などなく、エコーでしかわからない子供の成長に一喜一憂しつつも育てる。
    出産、陣痛はこの世の終わりかと思うほど痛くて長くて逃れられない痛み。
    産まれたあとは後陣痛があり、戻らない体型は自分が一番わかってるし、それでも子供の泣き声に振り回されながら睡眠もろくに取れず、トイレもお風呂も食事もゆっくり出来ない。
    夫にも太っただの、女として見れないだの、髪の毛薄いだの言われストレス。
    義母にもお節介言われる。

    どうしてこんなに女性ばかり苦労しなくてはならないのか。とよく思う。

    おっしゃることにうんうん、と共感はしますが、「女性ばかり」とは行きすぎでないのかな、と思います。男性だって子どもだって何かしら周囲からのストレスは受けているものですよ。
    大抵の方は、自分の気持ちしかわかりません。わからないところを推測するのが「思いやり」というものではないでしょうか。

    「なんで私ばっか…」と拗ねているのと同じです。
    トピからずれてきていませんか?言いたい気持ちはどこか別のところへ発散なさってはいかがでしょうか。
    ここはぽちさんのトピですので、もう少し主さんを尊重しましょうよ。

    ぽちさん、余計な横スレ申し訳ありませんでした。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
Arrow upトップに戻る

この話題に発言する



ログインが必要です