現在の発言数441,670件!
この度、2017年2月1日に「みんなのカフェ」の運営会社がクックパッド株式会社から株式会社トクバイに変更となります。 これに伴い、デコ料理、投票広場のサービスの提供と、iOSアプリ「料理と暮らしの掲示板 by クックパッド - みんなのカフェ」を終了させていただきます。 詳細につきましてはこちらをご確認下さい。
2017年1月16日「クックパッドみんなのカフェ」運営チーム

片栗粉・小麦粉の違い

片栗粉と小麦粉の役目がよくわからないです。
片栗粉はとろみをつけるのは知ってるんですけど、それ以外はまったく……。
小麦粉はまったくわからないです。
将来、管理栄養士になりたいし、これから自分でレシピを考えて料理作っていきたいので教えてくれるとありがたいです。😧💦
Icon agree@2x 0
Icon nice@2x 0
お気に入り

最新の発言7件 (全7件)

  • スープにとろみを付ける用と、パンなどを作る用で、実験すると違う結果になります。片栗粉はねっとりします。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • 管理栄養士、素敵な夢ですね。
    ですが、かなりの努力・勉強が必要です。
    安易に誰かに聞くよりも、まず行動してみませんか。
    唐揚げ。同じ下味で、同じカット、小麦粉と片栗粉で揚げてみる
    シチュー。市販のルーではなく、炒める時に小麦粉、最期の仕上げに片栗粉、の逆もやってみる
    別に同時に作らなくてもいいでしょう?
    やってみて、感じることが大事だと思います。
    実行、試作、あるのみ。
    意外な発見があるかも知れません。そう思ったら、わくわくしませんか?

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • そうですね。聞くよりもやるほうがいいですよね!ありがとうございます🙏🏻💕

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • そうですね!実際に作ってみて失敗しても、また違う方法で実践。のくりかえしですね。頑張ります😭🙏✨✨💞

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • 私も最初は粉類の見分けや役目もまったくわかりませんでした。
    わかるようになったのはお菓子作りをはじめてからでした。

    最初にクッキーを作りました。レシピに薄力粉とあったので「ああ、クッキーってこういう粉から作るんだ」って知りました。小学校の頃の話しです。

    でもまだ小麦粉と言っても薄力粉、中力粉、強力粉があることも知りませんでした。
    それを知ったのは高校生の時でした。
    お菓子作りしかしてなかったので、中力粉、強力粉の存在を知らなかったんです。

    ゼリーも、寒天、ゼラチン、アガーとレシピがあって、その違いも知りませんでした。
    ゼリーの違いに気づいたのは高校生の頃でした。

    私はあまりお菓子作りや料理が得意でなかったので、大人になって毎日家事をするようになるまで素材についてはあまり疑問をもたなかったんですね。

    主さんみたく「疑問」を持つことが大事なんですね。
    他の回答にもあるように、いろいろ作ることで知ることができるし、疑問をもつことで知識が増えるんですね。

    知らないことは悪いことじゃないです。
    図書館に行けばそういったことを丁寧に書いた本やレシピ本も沢山みつかりますから読んでみてね。
    そしてお菓子や料理、楽しんでね。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • ところで、片栗粉はでんぷん粉なのですが、このでんぷん粉にも仲間がいるんですよ。

    ジャガイモから片栗粉、サツマイモからサツマイモ澱粉、葛の根から葛粉、蕨の根からわらび粉、小麦粉から打ち粉、米から米澱粉。

    どれもとろみ付けにも使えますが、和菓子や洋菓子にもつかわれています。

    小麦粉も、薄力粉、中力粉、強力粉、超強力粉とあります。
    タンパク質(グルテン)の量の違いで分けてあるんです。

    お菓子やうどんや天ぷらやパン作りに使われますが、シチューなんかのとろみ付けは小麦粉を使うんですよ。

    調べるといろいろわかって面白いですよ。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • ありがとうございます!聞くよりも行動ですね。参考にさせていただきます😊いっぱい調べていっぱい知ります😀

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
Arrow upトップに戻る

この話題に発言する



ログインが必要です