現在の発言数454,968件!
この度、2017年2月1日に「みんなのカフェ」の運営会社がクックパッド株式会社から株式会社トクバイに変更となりました。 これに伴い、デコ料理、投票広場のサービスの提供と、iOSアプリ「料理と暮らしの掲示板 by クックパッド みんなのカフェ」を終了させていただきました。 詳細につきましてはこちらをご確認下さい。
2017年2月1日「トクバイ みんなのカフェ」運営チーム

どうして?

父も母も妹も運動神経抜群なのに、
私だけ超運動音痴…
同じ親から生まれてきたのに、
運動神経抜群な人たちが親なのに、
どうして私だけできないでしょう?
Icon agree@2x 0
Icon nice@2x 0
お気に入り

最新の発言10件 (全10件)

  • 私も運動音痴だったのでお気持ちよくわかります。特に小学生のころはすっごく気にしてました。でも実際社会に出ると、自分が運動音痴だってことよりももっと大切なことが待っているので、そのうち気にしなくなりますよ。それにどんなに音痴でも自分のペースで走ったり運動すればいいのだから大丈夫です。今は私も毎朝ジョギングしてますし、子供とアイススケートやサッカーもします。10代でいらっしゃるということで、いろいろ気になる時期かもしれませんが、長い目で見れば全然問題ではないことですよ。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • そんなもんでしょ。
    親に似るところもあれば似ないところもある。運動神経だけを見れば違っていても他にどこか似ているところがあるでしょう?

    私も夫も右利きですが娘は左利きです。
    お調子者で、やんちゃできかん坊なのはそっくりです(どっちに、とは言わないけど)。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • 考えられる原因(ごく一部ですが)
    5歳くらいまでに外(公園など)で活発に走り回っていなかった
    まだお腹の中にいるとき、母親が甘い物をたくさん食べてタンパク質(肉や魚や大豆など)をほとんど食べていなかった
    離乳食後、タンパク質をあまり食べていなかった
    結果、筋肉が発達しにくい体になった
    あるいは、トラウマや苦手意識や「運動音痴」という思い込み

    でも、毎朝たった10分の散歩→慣れたら早歩きにしてみる→時間をたとえ1分でもちょっとずつ延ばしていく→早歩きの途中に10秒でもジョギングを入れてみる→だんだんジョギングできる時間が自然と延びていく→1年後には5キロもジョギングできるようになっていたし、体脂肪も減って筋肉がついていた
    筋肉が増えて脂肪が落ちると普段の生活でも体が軽く、運動もわりと何でもできるようになりました
    だから大丈夫!

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • 僕は剣道は得意でしたが、体育テストのソフトボール投げは11メートルしか飛びませんでした。球技なんて嫌いじゃぁぁ!なんて言って誤魔化していました。
    同じ運動でも得意分野がありますからね

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • 遺伝は親だけじゃないですよ。
    祖父母とか何代も前の先祖の特徴が出る事もあるので。
    主さんも何代かさかのぼったら能力的に似ている人がいるかも。

    私は両親とあまり似ていなくて曾祖母に姿と行動が似ているらしい。
    父親は頭脳明晰なのですが私は似ませんでした。残念。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  •  私は結婚するまで自分が運度音痴だと知らず(^^;)
     妻がバラエティーの「運動音痴芸人」企画にやたらツボっているのは、どうやら「旦那も同類だから」らしいんですよね…。

     後ほど母に聞いてみたら、「あんた、小学生の頃。通信簿の体育に1が付いて返ってきたことがあるんだよ」と言われ、「でも日常生活で不便を感じていない様だから敢えて口にしたことはない」と言うことでした。

     思い返せば中学の頃、バレーボール部に入部し、3年間やり通してもアタックがまともに出来ず。
     でも、それはできるやつが凄いんだと思い、レシーブとサーブだけは満足に出来るように目を向けて特に深く思い詰めることもなく。

     社会人になったらなったで、スキーなどに誘われて、言うこと聞かぬスキー板に嫌気が差し、「わざわざ寒いところまで出向いて、コントロール出来ぬ危険な板遊び。何が面白いんだか俺には判らん!」と見切り。

     でも、運動音痴と気付かなければ気付かないで、むしろ「できるやつはセンスがあって凄いなぁ」と単純に感心していただけなので、あまり思い詰める事は人生の楽しみを狭めてしまう気がします。

     運動得意じゃなくても、楽しいことは幾らでもありますし、不得意だと理解しておけば、却ってオリンピックなど見ていてやたら感動できるんですよね。

     ものは「見様、考え様」って所でしょうか?(^^)

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • 猫ひろしさんが運動が苦手なのに学校のマラソン大会では上位に入れたのがオリンピックを目指すきっかけになってるとテレビで見て
    自分も球技も短距離もダメダメだけどマラソン大会だけは人並みだったなあと思い返してました。とにかく真面目に走っていれば最後尾集団に入らずに済むと。
    今は手の振り方を修正するなどのメソッドもあるようで
    自分はもとより23歳の私に似て超運動音痴の、息子が小さい頃教えてあげたかったなと思います

    隔世遺伝ってありますよね
    義父は75歳で頭髪フサフサですが夫が何故か前頭部が少しですがアヤしくなって来て当人はショックを受けてました。
    私もよくよく思い出してみると夫の祖父が亡くなる前は前頭部が薄くなってました。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • 私もです。でも、一つぐらい好きなスポーツはあるでしょう?
    私は運動音痴だけど、中一になって大好きなテニス部に入りました。
    楽しいです。すきなこと、嫌いなこと、あると思います。でも私は好きなことから始めると、嫌いだったものも楽しく感じるんです。
    ぜひ、好きなことをやってみてください。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • もし、運動神経抜群だったら…運動部・体育会系のキッツイ女社会に組み込まれるんですよ~。ぞっとしませんか?
    親だって、つまらん部活動社会のヒエラルキーでやきもきするんです。
    そんなのに惑わされることないから、親孝行ですよ。
    いいじゃん、運動音痴でも。社会人になって、スポーツ始めたひとは、楽しんでいます。
    登山やマラソン等は長く続けられますよ。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • 私も運動音痴です。
    けれど他にも同じようなひとがいるので気にしないようにしています。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
Arrow upトップに戻る

この話題に発言する



ログインが必要です