現在の発言数455,246件!
この度、2017年3月28日にサイトURLの変更及びログイン機能・写真添付機能の提供を終了いたします。 詳細につきましてはこちらをご確認下さい。
2017年3月23日「トクバイ みんなのカフェ」運営チーム

塩分濃度計/塩分測定器

タイトルにある通りですが、塩分濃度計または塩分測定器と呼ぶようですが、おすすめ商品、メーカーなどあったら教えていただきたいな、と書き込みさせて頂きました。

主な用途としては、毎年作る梅干しの時にできる塩っぱい梅酢の利用のためです。
塩分の濃度がわかれば、塩の代わりに使うにしても何ml使えばいいと判断がつきやすくなるな〜と。

よろしくお願いいたします。
Icon agree@2x 0
Icon nice@2x 0
お気に入り

最新の発言4件 (全4件)

  • 計算でも分かりますが

    こんにちは。

    塩分計で検索すると、堀場、アタゴ、タニタあたりが大手で出てきますね。
    堀場のB-721は、ナトリウム濃度計なので色々な食品での食塩相当量が測れそうです。
    堀場はpHメーターなどの大手です。

    アタゴは、例えばES-421 など電気伝導度を測定するので、食塩以外のイオンが入っていると誤差が生じるでしょうが、梅酢に限れば誤差は少ないと思います。
    アタゴは糖度計の大手ですね。

    いずれの場合も濃すぎれば、2倍などに薄めて測定できます。

    梅酢なら計算でも行けると思いますよ。
    例えば、梅1kg+塩200gなら、梅酢(干す前の梅と梅酢全体の濃度)は、
    200/(1000+200)=16.7% (梅酢10gあたり、食塩1.67g)

    梅1kg+塩100gなら、
    100/(1000+100)=9.1%(梅酢10gあたり、食塩0.91g)
    などです。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • >katakakuさん

    こんにちは。

    塩分計で検索すると、堀場、アタゴ、タニタあたりが大手で出てきますね。
    堀場のB-721は、ナトリウム濃度計なので色々な食品での食塩相当量が測れそうです。
    堀場はpHメーターなどの大手です。

    アタゴは、例えばES-421 など電気伝導度を測定するので、食塩以外のイオンが入っていると誤差が生じるでしょうが、梅酢に限れば誤差は少ないと思います。
    アタゴは糖度計の大手ですね。

    いずれの場合も濃すぎれば、2倍などに薄めて測定できます。

    梅酢なら計算でも行けると思いますよ。
    例えば、梅1kg+塩200gなら、梅酢(干す前の梅と梅酢全体の濃度)は、
    200/(1000+200)=16.7% (梅酢10gあたり、食塩1.67g)

    梅1kg+塩100gなら、
    100/(1000+100)=9.1%(梅酢10gあたり、食塩0.91g)
    などです。

    アドバイスありがとうございます。
    メーカーを3つに絞ってくださって助かります。
    堀場、アタゴ、タニタのみっつを見比べて購入しようと思います。
    検討しやすくなって本当に助かりました、ありがとうございます。

    計算も提案してくださってありがとございます。
    ただ…この計算では正しい塩分濃度は出せないんです、ごめんなさいね。

    梅の重量は、梅の種+梅果肉+梅果汁からできていますから
    梅1kgを単純に絞ったとしても、汁が1kg絞れるわけではないんですよね。

    例えば、梅1kg+塩100gで梅干しを作るとします。
    実際に計量して、干す前の梅が500gだったとしたら、残りの600gが梅酢となる訳ですが
    梅酢600gの中に、塩が100g全部が入っている訳じゃないですよね。
    干す前の梅500gの中にも塩が含まれているのですから。

    また、梅の種類によって種が大きいもの、果肉が厚いもの、
    大きさや完熟度によって出てくる梅酢の量も違います。

    種が大きい梅だと梅酢の出が悪くて塩分濃度が高くなるでしょうし
    果肉が厚ければ梅酢が沢山出て塩分濃度も低くなるんですよね。

    そうなると、頭で考えただけでは塩分濃度がわからないので、機械に頼ろうと思いました(汗)

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • 計算は大雑把にはなりますが役には立ちます。

    >梅梅さん

    アドバイスありがとうございます。
    メーカーを3つに絞ってくださって助かります。
    堀場、アタゴ、タニタのみっつを見比べて購入しようと思います。
    検討しやすくなって本当に助かりました、ありがとうございます。

    計算も提案してくださってありがとございます。
    ただ…この計算では正しい塩分濃度は出せないんです、ごめんなさいね。

    梅の重量は、梅の種+梅果肉+梅果汁からできていますから
    梅1kgを単純に絞ったとしても、汁が1kg絞れるわけではないんですよね。

    例えば、梅1kg+塩100gで梅干しを作るとします。
    実際に計量して、干す前の梅が500gだったとしたら、残りの600gが梅酢となる訳ですが
    梅酢600gの中に、塩が100g全部が入っている訳じゃないですよね。
    干す前の梅500gの中にも塩が含まれているのですから。

    また、梅の種類によって種が大きいもの、果肉が厚いもの、
    大きさや完熟度によって出てくる梅酢の量も違います。

    種が大きい梅だと梅酢の出が悪くて塩分濃度が高くなるでしょうし
    果肉が厚ければ梅酢が沢山出て塩分濃度も低くなるんですよね。

    そうなると、頭で考えただけでは塩分濃度がわからないので、機械に頼ろうと思いました(汗)

    こんにちは。

    梅梅さんのいい加減ではなく、ちゃんと調べて塩分を摂取しようとの考え方がすばらしいと思いました。
    信頼できる機械の方が楽に、早く数字が出るのでいいと思います。

    以下余談です。


    計算が嫌でなければ、もう少しちゃんと推定してみます。
    (これでも大雑把ですが)


    計算する際の、イメージとしては、

    梅の中の水と梅の外の水(梅酢)に塩分が同じ濃度で溶け込んでいると考えて良いかと思います。

    栄養成分表7訂から「うめ」を検索すると、
    http://fooddb.mext.go.jp/
    http://fooddb.mext.go.jp/result/result_top.pl?USER_ID=14436
    水分が90.4%あります。
    梅の硬さや大きさで大きくは変わらないと思います。

    1kgの生うめには、水分が904gあることになります。
    塩100gでつけ込んだ場合は、100/(100+904)=9.96%

    だいたい10%の塩分の梅酢1004gが、梅酢の中にも梅干しの中の液体部分にもあると。塩もタネの中まで馴染んで、どこでも、10%くらいでしょう。

    これが、梅の中か梅の外かの割合は、梅の熟成や大きさ果皮の厚さによって変わると思いますが、濃度自体は10%程度と思います。
    見た目の梅酢の量とは関係なく。

    ちなみに9.96%は重量%(9.96g/100g)なので、容量%にするには比重を掛けてやる必要があります。
    ネットで見つけた10%食塩水の比重は1.07g/mlとありますので、これを掛けて
    10.7g/100mL、10mLだと1.07gと推定できます。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • >katakakuさん

    こんにちは。

    梅梅さんのいい加減ではなく、ちゃんと調べて塩分を摂取しようとの考え方がすばらしいと思いました。
    信頼できる機械の方が楽に、早く数字が出るのでいいと思います。

    以下余談です。


    計算が嫌でなければ、もう少しちゃんと推定してみます。
    (これでも大雑把ですが)


    計算する際の、イメージとしては、

    梅の中の水と梅の外の水(梅酢)に塩分が同じ濃度で溶け込んでいると考えて良いかと思います。

    栄養成分表7訂から「うめ」を検索すると、
    http://fooddb.mext.go.jp/
    http://fooddb.mext.go.jp/result/result_top.pl?USER_ID=14436
    水分が90.4%あります。
    梅の硬さや大きさで大きくは変わらないと思います。

    1kgの生うめには、水分が904gあることになります。
    塩100gでつけ込んだ場合は、100/(100+904)=9.96%

    だいたい10%の塩分の梅酢1004gが、梅酢の中にも梅干しの中の液体部分にもあると。塩もタネの中まで馴染んで、どこでも、10%くらいでしょう。

    これが、梅の中か梅の外かの割合は、梅の熟成や大きさ果皮の厚さによって変わると思いますが、濃度自体は10%程度と思います。
    見た目の梅酢の量とは関係なく。

    ちなみに9.96%は重量%(9.96g/100g)なので、容量%にするには比重を掛けてやる必要があります。
    ネットで見つけた10%食塩水の比重は1.07g/mlとありますので、これを掛けて
    10.7g/100mL、10mLだと1.07gと推定できます。

    計算、ありがとうございます。
    おおよそは推定通りなんでしょうね。

    ただ、やはり推定でなくちゃんと計りたいので Yum

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
Arrow upトップに戻る

この話題に発言する



ログインが必要です