現在の発言数450,074件!
この度、2017年2月1日に「みんなのカフェ」の運営会社がクックパッド株式会社から株式会社トクバイに変更となりました。 これに伴い、デコ料理、投票広場のサービスの提供と、iOSアプリ「料理と暮らしの掲示板 by クックパッド みんなのカフェ」を終了させていただきました。 詳細につきましてはこちらをご確認下さい。
2017年2月1日「トクバイ みんなのカフェ」運営チーム

毒親について

私はいわゆる〝毒親〟と呼ばれる母に育てられました。母本人は無自覚で「世界で私が一番可哀想で、私が一番大変!みんな酷い酷い!」の様な人。
常に「あんたなんか」「あんたごときの分際で」「不細工のくせに」「産んでやったんだから」も口癖の様にいつも言われ傷付きました。
過干渉で、母も知っている男友達と遊ぶと伝えた時も「どうせ子供でも作る気なんだろ!」と。
兄がついた嘘は全て私がやったと決めつけられ、お風呂の途中で給湯を切られ、「孫が産まれたのだから私があんたを産んだ命のリレーのおかげ。お礼としてお金寄越してもらわないと」や「今まで預かっていたお年玉はあんたの教科書代と制服代で無くなった。結婚式の為にお母さんがとっておくからねって言葉、まさか本当に信じてたの?(笑)」など、お金の面でも腑に落ちないことが多々ありました。
私はただ、母と普通の親子みたいにいたいだけなのに。
まだまだ書ききれないほど悲しく、痛く、辛い事を言われ、裏切られ、それでも唯一の母親だからと我慢して来ましたが、やはり許せないことも多いです。
母親だからこそ許せないという気持ちもありますが、まず人間として何故そのような態度を取れるのか。そこまで私という存在が憎いのか。
それでも捨ても殺しもせず(一応は)育ててくれた事に感謝もしています。

そこで質問なのですが、いわゆる毒親と呼ばれる親に育てられた方は、親が亡くなった時どんなお気持ちでしたか?
散々嫌な気持ちを植え付けた親が亡くなりホッとした気持ちになるのでしょうか?
それとも、そんな親でも悲しいものは悲しいのでしょうか?

65歳になり、お墓のことも考え始めた母。
あと少しの我慢か…とも思うのですが、なんだかんだ育ててくれたのだと思うと母の死後、どういった気持ちの整理をつけるべきなのか検討もつきません。
回答よろしくお願いします。
Icon agree@2x 0
Icon nice@2x 0
お気に入り

最新の発言20件 (全56件)

  • お返事ありがとうございます。
    情けない部分を公の場で話していまいすみませんでした。
    相談するにしても全て割愛して「毒親が亡くなった時はどんな気持ちになるのですか?」とお聞きする方が良かったのでしょうか?

    カウンセリングは受けていました。
    お薬も暫く続けていました。
    それでも毒親の死後、どんな気持ちになるのか想像も付かなかったのです。
    不変なものなど無く、人の気持ちこそよく変わり、更に十人十色な事も存じておりますが参考にしたいと思い質問させて頂きました。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • お返事ありがとうございます。
    実のお父様、継母様も大好きなお祖母様と同じお墓に入っているということですが、お祖母様に手を合わせるということは必然的に継母様とお父様にも手を合わせることになりますもんね…。
    大好きな人には心からの供養をしたいと思いつつ、心の傍らでは墓石を蹴飛ばしたい気持ちもあり、そんな狭間にいるのではとてもお辛いのではないでしょうか?

    やはり、身内や実の親と言えどもウマの合わない人はいるもので、亡くなった後も恨み辛み嫉みは深く残ったままの方も多くいるのだとここの皆さんのお話を知って思いました。
    亡くなって安堵する方も居れば、悲しく思う方も居ますし、それが極秘さんの場合は重なってしまったのですね。
    気持ちの整理ができた時、お祖母様に手を合わせて来てください。
    お父様、継母様には文句の1つ2つを呟いたとしても、お祖母様も貴女が来てくれることを楽しみにしていると思います。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • お返事ありがとうございます。
    まるで私が書いたのかと思うほどソックリなお母様でびっくりしました。
    過干渉、主人に対しての悪口、お金関係、友達の前で怒鳴り散らすなど、同じです。
    私のことが嫌いなのに物凄く干渉してくるのはどうしてなのでしょうね?
    嫌いなら構わないでくれる方が良いのに。
    若い頃の母は仕事中にハツラツと元気で笑顔も多いイメージが強くあったのですが、私も母と離れて暮らすようになり、久しぶりに会うと髪の毛は白髪で真っ白になり、顔にもシワが増え、なんだか一回り小さくなったように見えるのですが、将来的に介護をして欲しいと言われてもする気はありません。
    母の大好きな長男と、そのお嫁さんに頼めば良いと思っています。
    最近、実家が大金を叩いてフルリフォームしたのですが、それも長男とそのお嫁さんの為らしいです。
    完成したからと呼ばれ、本日リフォーム後の実家を見に行ってきたのですが、本当に母がどこまでも憎たらしいと思ってしまいます。
    長男のお嫁さんに「このくらいの広さのクローゼットをつけて欲しい」「お風呂は1坪でカラリ床が良い」「パソコンする為のL字型のカウンターテーブル作って欲しい」とお願いされたらしく、全てご希望通りに作ってありました。
    私に対しては「泊まりに来たいと言ってもあんたの部屋は無いから」とさらりと言われ、別に泊まろうなんて思ってないのにどうしてそんな嫌味を一々言うのかと人格を疑います。
    最初からないようなものですが、本格的に実家が無くなりました。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • 二回目の投稿ありがとうございます。
    毒になる親 一生苦しむ子供、という書物があるのですね。
    詳しい詳細も丁寧にありがとうございます。
    興味があるので書店に行った時に是非探してみようと思います。

    そうなんですね、毒親を持ってしまった方が結構多いことにびっくりしました。
    なんだかんだ幸せに育ててもらい、憎い部分もあるけれど、それでも両親はすごく大好き、という方が9割以上だと思っていました。
    顔色を伺いながら生活するクセがついてしまっているのは、やはり自分の意見など通るはずもなく、不機嫌にさせてしまうのではないか?という恐怖が強かったのではないでしょうか?
    それが大人になってからもクセが抜けず、人間関係が上手く行かないというのも悲しいですよね。
    私は少し違っていて人間全てが信用できなくなっていたので、私が好き勝手に何をやっても誰も私に関心は無いだろうし、親にも愛されなかった私は嫌われて当然だからもう誰にどう思われてもいいや…と投げやりな気持ちでいました。
    その結果人間関係が上手く行きませんでした。
    変にスレていたというか、ひねくれていたのでしょう。
    素直過ぎるのも問題ではありますが、素直にならないのも問題で、生きるのは難しいのだと思っています。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • お返事ありがとうございます。
    毒親を思い出し湧く怒り憎しみを生産的生き方に変える…なるほど。
    テレフォン相談、教えてくださってどうもありがとうございます。
    書籍を読むのも糧になりますが、即座に解決へと導き出してくれるような気がします。
    確かに、憎しみのエネルギーを生産的生き方に変えることが出来れば偉大ですね。
    打たれ弱い私でも可能なのでしょうか?
    負けてたまるか!というエネルギーはとうの昔に忘れてきてしまったように思います…(笑)

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • お返事ありがとうございます。
    このトピが癒し、とまで言って頂けるのはここに体験談やアドバイスを書き込んでくださる皆様のお陰ですね。
    親友のお母様にまで「うちの子は精神病だから友達付き合いをしないように」と話すのは酷い…。
    普通ならば頭を下げたって仲良くしてもらいたいと願うはずです。
    不幸になりなさいとばかりに根回しし、後から友人を伝って聞くのはショックも大きいと思います。
    人間不信に陥ってしまったのも貴女は何も悪くなく、お母様の言動によってそうなってしまいお辛い思いをされてきたのですね。
    お子さんがお医者さんになれたのは貴女の育て方が上手で、母子間で良い関係が築けていて、更にお子さんが勤勉に励んだ結果だと思います。
    それはとても立派で素晴らしくて素敵だと強く思いました。

    自分史は実は書いたことがあるのですよ。
    良くも悪くも、自分史を思い出しながら書くことで気持ちに整理を付けながら何か解決の糸口になると思って、ノート何冊分も書きました。
    こんな事を言われて悲しかった、や、こんな事を言われて嬉しかったけど裏があるような気がする、など、細かく。
    その自分史がいつか私の遺書のようになり、私が衝動的に自殺してしまって、残された母がノートを見つけた時にしこたま後悔すれば良いのだと思っていました。
    どちらかと言うと、自分史を書いているうちに、気持ちの整理をするというより遺書として残しておこうという気持ちの方が勝っていたと思います。
    ある日突然ふと、「あの母親はこんな遺書くらいでどうにかなる女ではない」と思ったのです。
    きっと「ここに書いてあるのは嘘ばっかり。嘘つき女には最期まで困らされる」と言いながら生きていくのでしょう。
    なんだか、そう思ったら書くのやめてしまいました。
    時間ができた時にまた書いてみようかな、と思います。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • お返事ありがとうございます。
    「ハイジャック母」も「べきねば母」も聞きなれない言葉でした。
    検索してみたところ、引き込まれるように読んでいました。
    私も気を付けて子育てをしなければ、と気を引き締める思いと同時に、母も私の祖父から理不尽に育てられていたのではないかと想像しました。
    情報ありがとうございます。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • お返事ありがとうございます。
    お母様が亡くなられた後もずっと解決できずにいるのですね。
    亡くなった時は悲しい気持ちもあったようですが、許せない部分も悲しい気持ちを上回るほどたくさん残していったのでしょう。
    先生や友達に相談しても「そういうことするはずがない」と信じてくれないのも私も経験しました。
    毒となる親が亡くなったからといって、深く刻み込まれた傷ついた心はきっと癒えないのでしょう。
    優しかった瞬間もあったかもしれないのですが、一瞬で裏切られることの方が多かったように思うので、亡くなっても引きずってしまうのも至極自然である言えると思います。
    winrainさんの今は深呼吸や趣味、美味しい食事などで少しは気持ちが和らいでいるのでしょうか?
    自分で自分を癒すのはとても時間がかかるみたいですが、自分のことは自分が一番よくわかっているとも思うので確実なんじゃないかと思います。
    少しずつかもしれませんが頑張ってくださいね。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • お返事ありがとうございます。
    インナーチャイルドには興味があり、自力で調べたり、インナーチャイルドセラピーを動画で拝見したのですが、当日辛かった記憶はあっても曖昧な記憶が多いのです。
    スーパーマザコンさんには効果があったということなので、試しにやってみたいのですが、専門的知識がある方の元でやらないと私だけでは難しいのかもしれません。
    時間を見つけて一度診察を受けたいと思います。
    幼い頃の自分が解決できずにいるから囚われたままで、なかなか進めない自分がいるのはすごく感じています。
    おそらく効果があるのでしょう。
    辛かった記憶がすっぽり抜け落ちてしまう、とよく聞きますが、自分にも似たような感覚があります。
    思い出すのは暴言を吐く母、テレビのリモコンや髪を梳かすブラシで叩く母などばかりで、その背景にある出来事などの記憶は薄いのです。
    それでも大丈夫なのでしょうか?

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • お返事ありがとうございます。
    私は今年29歳になる者です。
    毒親であっても、おそらく亡くなれば後悔するのだと思います。
    というのも、お節介おばさんサンの言うように、母は決して素直ではなく、甘えたくても甘えられない人です。
    自営で美容室をオープンし、仕事をしながら子育てをするのは不安も多かったのだと思いますが、それにしても言い方というものがあるのではないかと子供心に感じていました。
    不安を抱えることにより、自分のメンタルを維持するには娘を貶すのが一番の特効薬だったのかもしれません。

    私もこの先、母の気持ちも理解できる日が来るのでしょうか…。
    どんなことがあっても我が子の自尊心を傷付ける言動などしてはいけないと思っていますし、邪険に扱って親という存在に良い思い出がなくなるような行動はしたくないのです。
    例え母が私と同じように思いながら子育てしてたとしても行動が伴っていないのなら、それは思っていないのと同意だと思うのです。
    母とはまるで正反対のような私にも理解できたなら少しは楽になれるのでしょうか…。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • お返事ありがとうございます。
    ごもっともな意見だと思います。

    私の母の場合、私の兄が優秀だった為、「自分の子育ては間違っていない」と変な自信を持ってしまった事もあると思います。
    男親は娘に甘く、女親は息子を可愛がる、なんて言いますが、極端な形になったのがここに書き込んでくださってる方たちのお母様(私の母も含め)だと思います。
    そしてやはり私の母の場合は、長男のように優秀な子が産まれると思っていたのに、何をするのでも至らない私が産まれたことによって扱いが違うのだと思います。
    頭ではわかってはいても「育ててやってる」と言われるとどうにもならない思いがありました。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • >ひみつさん

    お返事ありがとうございます。
    インナーチャイルドには興味があり、自力で調べたり、インナーチャイルドセラピーを動画で拝見したのですが、当日辛かった記憶はあっても曖昧な記憶が多いのです。
    スーパーマザコンさんには効果があったということなので、試しにやってみたいのですが、専門的知識がある方の元でやらないと私だけでは難しいのかもしれません。
    時間を見つけて一度診察を受けたいと思います。
    幼い頃の自分が解決できずにいるから囚われたままで、なかなか進めない自分がいるのはすごく感じています。
    おそらく効果があるのでしょう。
    辛かった記憶がすっぽり抜け落ちてしまう、とよく聞きますが、自分にも似たような感覚があります。
    思い出すのは暴言を吐く母、テレビのリモコンや髪を梳かすブラシで叩く母などばかりで、その背景にある出来事などの記憶は薄いのです。
    それでも大丈夫なのでしょうか?

    こちらこそ
    お返事ありがとうございます。

    昔の記憶を辿り思いだす行為はときに激しい心の痛みを伴いますね

    私の場合、幼い頃の記憶がすべて蘇ってしまい脳が鬱血してどうにかなるんじゃないかと思うぐらいの嗚咽で苦しくて悲しくて辛かったです。(今、当時と同じ感情でセルフ療法すれば間違いなく脳梗塞を起こすかもしれません)

    ※なので不安でしたら専門的な知識のある方の元での治療をおすすめします。

    継続的に脳内でセルフ療法をしていたせいか今は昔ほどの感情の昂りはなくわりと冷静で客観的になれています。
    それは私の中の子供がすべてを包み込んで守ってくれる大人の私に信頼をよせ安心しきってくれているから…かもしれません。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • >ひみつさん

    お返事ありがとうございます。
    このトピが癒し、とまで言って頂けるのはここに体験談やアドバイスを書き込んでくださる皆様のお陰ですね。
    親友のお母様にまで「うちの子は精神病だから友達付き合いをしないように」と話すのは酷い…。
    普通ならば頭を下げたって仲良くしてもらいたいと願うはずです。
    不幸になりなさいとばかりに根回しし、後から友人を伝って聞くのはショックも大きいと思います。
    人間不信に陥ってしまったのも貴女は何も悪くなく、お母様の言動によってそうなってしまいお辛い思いをされてきたのですね。
    お子さんがお医者さんになれたのは貴女の育て方が上手で、母子間で良い関係が築けていて、更にお子さんが勤勉に励んだ結果だと思います。
    それはとても立派で素晴らしくて素敵だと強く思いました。

    自分史は実は書いたことがあるのですよ。
    良くも悪くも、自分史を思い出しながら書くことで気持ちに整理を付けながら何か解決の糸口になると思って、ノート何冊分も書きました。
    こんな事を言われて悲しかった、や、こんな事を言われて嬉しかったけど裏があるような気がする、など、細かく。
    その自分史がいつか私の遺書のようになり、私が衝動的に自殺してしまって、残された母がノートを見つけた時にしこたま後悔すれば良いのだと思っていました。
    どちらかと言うと、自分史を書いているうちに、気持ちの整理をするというより遺書として残しておこうという気持ちの方が勝っていたと思います。
    ある日突然ふと、「あの母親はこんな遺書くらいでどうにかなる女ではない」と思ったのです。
    きっと「ここに書いてあるのは嘘ばっかり。嘘つき女には最期まで困らされる」と言いながら生きていくのでしょう。
    なんだか、そう思ったら書くのやめてしまいました。
    時間ができた時にまた書いてみようかな、と思います。

    立派なレスの文章に 驚きました。
    ぬしさんは 人間性も深いかただと思います。

    私は 結婚後も平坦な道を歩いたわけでは有りません。
    「苦労なんていらない」とさえ思っています。
    でも
    最近は「苦労はしたもの勝ち」と 思う時もすこしは有ります。
    私の父の一番下の妹は わたしと10歳違いです。
    父は6人兄弟の長男で 父の妹(私の叔母)は末っ子です。

    その叔母は 素敵な自慢できる叔母です。
    なぜか?
    叔母は 幼い頃に 両親を失っています。
    祖父が60代 祖母が50歳になってすぐに亡くなったからです。
    それから兄妹の間で 転々として暮らして来ました。

    実の兄弟は 大事にしますが、その連れ合いとの間が難しいのです。
    さいごは 家に来て 私と姉妹の様に大きくなりました。

    叔母は 苦労をバネに変えています。
    人に対しては温かくて 自分には厳しい人です。
    結婚した相手が利己的な人で、とても苦労をしました。

    人生は 至る所に青山が有ります。
    人は 苦しい事からしか多くを学べないと カフェに書いていた人が居ます。

    ぬしさんも 周囲から見ると、とても魅力のある人だと推察します。
    このトピが ゆっくりと続くことを祈ります。
    見ていますね。
    頑張らないで お身体にお気を付けてね。

    ps。 いちど、半澤鶴子さんを調べてみて下さいね。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • こちらを読ませていただいて、自分だけではなかったと、大変救われました。

    毒親、というんですね。初めて見た言葉でしたが、スッと心に入ってきました。

    主様は、まだお若いのに、しっかりしていらっしゃいますね。そしてお心あるかたですね。

    特に、主様の、兄、という言葉に泣けて泣けて。毒親の定義が、本当に似ています。私も同じような環境で育ちました。辛かった。

    今は会っていません。

    ここには、たくさんのかたから、救われるメッセージがありますね。
    私も一つ一つ実践してみようと思います。ありがとうございました。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • こんにちは。
    お返事遅くなりましてすみません。

    スーパーマザコンさんはご自分で断続的に治療に励んでいたとの事でしたので、私も真似事ながら少し試しにやってみました。
    はっきりと覚えていることと、薄ぼんやりとしか覚えていないこと、そして、何故こんなふうに怒鳴り散らされ、手をあげられたのか思い出せないことも多くあり、上手くできたのか自信がありません…(笑)
    ですが、辛く苦しかった当時の自分にはあまりにも幼くて解決できずにいた事も、今の自分なら「あの人(母)がおかしいのであって、そこまで気にする事はないのよ」と思えることもたくさんありました。
    しかし、ふつふつと湧き上がる真っ黒い感情は抑えきれませんね…。
    実の母と言えども恨みは深く、それでも「他人」と割り切るにはあまりにも難しいのです。
    母のことが大好きで、だけど大嫌いで、なんだか板挟みのようなどうにもできない気持ちがあります。
    やられたことや言われた言葉に対して許せずにいるのは事実ですが、あの母でも優しかった瞬間はあるわけで…。
    なんだか、典型的なDVに翻弄されていると頭ではわかっているのに感情がついて行きません。
    いつかスーパーマザコンさんのように、大人の自分が子供の自分を慰め、しっかり包み込んで守ってあげられる日が来ればいいなぁ…と思います。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • こんにちは。
    お返事遅くなりましてすみません。

    話してね。さんの人を素直に敬うところ、本当に素敵だと感じました。
    とても真っ直ぐな方で魅力的です。
    人生は苦労したもの勝ちであり、苦しい事からしか多くを学べない…なるほど、深いですがとても感銘を受けました。
    もがき苦しんでいる時こそ己が成長するのは理解できますが、私はもう、話してね。さんの言うような人間性が深いというより、変にひねくれているのかもしれません。
    話してね。さんの叔母様は苦労をバネに変えているとのことですが、きっと芯をしっかり持った強い人なのでしょう。
    苦労をバネにできる人は負けず嫌いで努力家な人に多いように思います。
    そのような素敵な人の良い部分が自分にも備わるといいのになぁ…と思うのですが、そんなに心が強い人間でもなく、幼き頃からずっとへなちょこです(笑)
    でも、我が子に対してなら前の私より強くなれていると思います。
    子供のためならなんでもできる、そんな気がしています。

    半澤鶴子さん、調べてみました。
    茶事の世界で有名な方なのですね。
    今までずっと知らずにいたのですが、半澤鶴子さんの暖かな人柄がとても心に染みました。
    情報ありがとうございます!

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • こんにちは、初めまして。
    お返事遅くなりましてすみません。

    実は私も数年前に「毒親」という言葉を知りました。
    それまではただ「厳しすぎるほどの親」とか「愛情表現が下手な親」としか表現できずにいたのですが「毒親」という言葉はしっくり来ました。
    厳しすぎるわけでもなく、愛情表現が下手なわけでもなく、「子供にとって毒になる親」「子供を毒す親」なのですね。

    優秀な兄は、優秀だから甘やかし、甘やかしても優秀だから道を踏み外すことはなく、道を踏み外すことはないから可愛い。
    親の中での【優秀】とは、おっとり穏やかな性格で、逆らわず従順、だそうです。
    妹である私は兄とは違い、とにかく外で遊びたがるオテンバな女の子。砂場や滑り台が大好き。服も土で汚してしまい、その度にぶっ叩かれていました。
    母が「外で遊ぶと服が汚れるからやめなさい」と言えば素直に従う兄の方が育てやすかったんですね。

    ひみつさんもきっと、私が想像する以上に辛い思いをたくさんしてこられたのでしょう。
    今は会っていないとのことですが、一緒に暮らしていた頃よりも気持ちは穏やかになりましたでしょうか?
    ここに書き込んでくださってる方たちの言葉や体験談は参考にもなりますし、なにより、私だけじゃないのだと強くなれます。
    少しでも穏やかな生活が送れるようにお互いに頑張りましょうね。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • >ひみつさん

    こんにちは。
    お返事遅くなりましてすみません。

    スーパーマザコンさんはご自分で断続的に治療に励んでいたとの事でしたので、私も真似事ながら少し試しにやってみました。
    はっきりと覚えていることと、薄ぼんやりとしか覚えていないこと、そして、何故こんなふうに怒鳴り散らされ、手をあげられたのか思い出せないことも多くあり、上手くできたのか自信がありません…(笑)
    ですが、辛く苦しかった当時の自分にはあまりにも幼くて解決できずにいた事も、今の自分なら「あの人(母)がおかしいのであって、そこまで気にする事はないのよ」と思えることもたくさんありました。
    しかし、ふつふつと湧き上がる真っ黒い感情は抑えきれませんね…。
    実の母と言えども恨みは深く、それでも「他人」と割り切るにはあまりにも難しいのです。
    母のことが大好きで、だけど大嫌いで、なんだか板挟みのようなどうにもできない気持ちがあります。
    やられたことや言われた言葉に対して許せずにいるのは事実ですが、あの母でも優しかった瞬間はあるわけで…。
    なんだか、典型的なDVに翻弄されていると頭ではわかっているのに感情がついて行きません。
    いつかスーパーマザコンさんのように、大人の自分が子供の自分を慰め、しっかり包み込んで守ってあげられる日が来ればいいなぁ…と思います。

    こんばんは
    私への返事は都合の良いときや気が向いたときで結構ですし、なんなら返信不要です。どうか気になさらないでくださいね。

    私も、ひみつさんと似た気持ちを父に抱いていました。
    父を大嫌いでも完全には嫌いになりきれない自分が悔しくて、私も父を「他人」と割り切るには辛いものがありました。

    幼少期は感情や機嫌で母の目の届かないところで無抵抗な子供を殴りつける大嫌いで許せない人でしたが、同時に尊敬するところも沢山ある人でした。

    青年期は父を敵対視し家を離れましたが一度、勇気をだして父と酒を交わしながら向き合い対決したことがあります。
    (父は畏怖の存在でしたので正直に言うと素面での対決はこわかったのです)

    謝る事が下手な父なりの詫びの言葉を聞けたような?父なりの謝罪の表現がありました。(言い訳も多かったですが)
    すぐには許せませんでしたが対決して良かったと思います。
    もし対決せずに父が寿命を全うし、この世から去ったらずっと後悔する日々を送っているのかもしれません…

    許せないうちはムリに許さなくても良いと思います。もし状況がゆるす時が来るのであれば一度、お母様と向き合い、気持ちをぶつけられてみるのも良いかもしれませんね。

    ひみつさんが心穏やかに過ごせる日が来る事を願っています。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • 主様、お返事本当にありがとうございます。
    私の環境は、文武両道、何でも出来る兄との比較の毎日でした。
    いつも、母には、出来ない子、と言われ、自信喪失で内気になり、母の顔色ばかり伺う幼少期でした。兄には、10代の頃は暴力を受け、母に、かばってもらった記憶がないです。
    ですが、ここで、主様、皆様のお話を読ませていただき、自分だけではなかったと、気持ちが楽になりつつあります。
    人生は苦労したもの勝ち...その通りですね。
    一生、会わない訳にはいかないのは、頭では分かっているのですが、心が付いていかず、今は自分に素直に、母と距離を置いています。
    気がつくと、穏やかな毎日です。
    主様、こんな私に寄り添ってくださって、ありがとうございました。
    この場所が、ゆっくり続いてほしいと願っています。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • スーパーマザコン様、お返事本当にありがとうございます。
    スーパーマザコン様のお気持ちが、大変伝わってきます。
    もう一歩、乗り越えなければいけないのも、頭では分かっていて、このようにお言葉をいただき、有り難い気持ちで、いっぱいです。
    主様、皆様のお話から、あちこち検索して、こうやって自分が少しずつ進んでいこうと思います。ありがとうございました。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
≪ 最新
‹ 前へ
Arrow upトップに戻る

この話題に発言する



ログインが必要です