現在の発言数455,998件!
この度、2017年3月30日にサイトURLの変更及びログイン機能・写真添付機能の提供を終了いたします。 詳細につきましてはこちらをご確認下さい。
2017年3月23日「トクバイ みんなのカフェ」運営チーム

家の犬という存在の家族

今月の14日に急に手術になった。ご飯をあまり食べなくて貧血でお医者さんにはかかっていたのだけど、検査したら腫瘍が破けていた。
心配していた麻酔からは醒めてしばらく入院かと覚悟していたけれど、明日帰ってくる。
残された時間が余りないから、家族といた方がいいと。
ごめんね、気づかなかった。笑って迎えてやりたいけれどだめかも知れない。兄弟のように育った息子になんと伝えよう。
頭ぐちゃぐちゃ。
Icon agree@2x 0
Icon nice@2x 0
お気に入り

最新の発言20件 (全20件)

  • 辛いですね・・・
    私も3年前に大事な家族である愛犬を亡くしました。
    突然倒れたのが大事な国家試験の5日前で、
    詰め込み勉強しようと思っていた矢先でした。
    1年に一度の試験でしたが、仕事から帰ったら1分でも
    1秒でも抱きしめている方を選びました。
    試験の前々日に亡くなり、前日にお葬式をしました。
    試験にはその年は落ちてしまいましたが、一切後悔していません。
    しっかり見送ってあげることがその時の私にとって
    一番大切なことだったから。
    息子さんにきちんと話してあげてほしいと私は思います。
    辛いことには間違いないですが、息子さんには息子さんの
    愛犬の命に向き合う方法があるかもしれないから。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • 私も、犬を飼っています!
    今、3歳のチワワです。
    やっぱり大切な愛犬が亡くなるのは考えたくないです…
    私が主さんだったら立ち直れないと思います…
    今は勉強の邪魔とか、うるさいとか、散歩がめんどくさいとか思ってしまいます。
    だけど、これからは悔いの残らないように、いい思いでをのこしたいです…
    主さん、元気出して下さい!!
    そうしないとワンちゃんも元気がなくなっちゃいますよ!

    文章力がなくてすみません…

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • >ひみつさん

    辛いですね・・・
    私も3年前に大事な家族である愛犬を亡くしました。
    突然倒れたのが大事な国家試験の5日前で、
    詰め込み勉強しようと思っていた矢先でした。
    1年に一度の試験でしたが、仕事から帰ったら1分でも
    1秒でも抱きしめている方を選びました。
    試験の前々日に亡くなり、前日にお葬式をしました。
    試験にはその年は落ちてしまいましたが、一切後悔していません。
    しっかり見送ってあげることがその時の私にとって
    一番大切なことだったから。
    息子さんにきちんと話してあげてほしいと私は思います。
    辛いことには間違いないですが、息子さんには息子さんの
    愛犬の命に向き合う方法があるかもしれないから。

    ひみつさん、ありがとうございます。あなたのお返事読んでいるうちに涙が出てきて一人車の中で声を出して泣いてしまいました。
    先ほど、駅まで迎えに行った車の中で息子と話しをしました。「なんでっ!」と悲鳴のような叫び声が後ろの席から聞こえました。帰宅して部屋にこもったきりです。
    息子のワンパクな時期も、反抗期も、大学受験勉強中もずっと寄り添ってくれた犬です。彼がいたから反抗期の息子も自室に籠もることなくリビングにいたのです。
    はるかに人間より短い一生だとわかっていて、最期もみとる覚悟もしていた  つもりでした。
    きっと明日もまっすぐな目で私たちを見つめてくれる、それは疑うこともない。
    その目に、応えられるのか。彼ほどの愛を私たちが返せるのか。
    残された時間を私は私で、息子は息子で後悔しないよう愛犬とともに過ごせたら と、あなたからいただいた言葉で思いました。
    支離滅裂な文章でごめんなさい。貰った愛のお返しを残りの時間をかけて伝え続けます。
    ありがとうございました。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • >千尋♪さん

    私も、犬を飼っています!
    今、3歳のチワワです。
    やっぱり大切な愛犬が亡くなるのは考えたくないです…
    私が主さんだったら立ち直れないと思います…
    今は勉強の邪魔とか、うるさいとか、散歩がめんどくさいとか思ってしまいます。
    だけど、これからは悔いの残らないように、いい思いでをのこしたいです…
    主さん、元気出して下さい!!
    そうしないとワンちゃんも元気がなくなっちゃいますよ!

    文章力がなくてすみません…

    千尋さん、お返事をありがとうございます。
    ありがとう、そうですね、私たちが心で泣いて作り笑顔で接しても、見抜かれてしまいます。帰ってきてくれたこと、喜ばなくちゃいけませんね。
    ご存知のように、犬は人間よりも遥かに短い時間しか、この世界にはいられません。
    どうか、あなたのペースで、たくさんたくさん愛してあげて下さいね。
    犬って、欠点も何もひっくるめて私たちを愛してくれるすばらしい生き物です。
    幸せな思い出を一緒にたくさん作って下さいね。私たち家族もそうしますね。
    ありがとうございました。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • ひみつさん、千尋さん

    私の、まとまりのない乱雑な文章にお返事下さったこと、心から感謝します。
    お二人からいただいた文章を読んで、少し落ち着きました。
    まだまだ考えると涙が出てきますが、今夜限りにします。
    明日の夜は笑顔で迎えに行ってやりたいと思います。
    本当にありがとうございました。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • 私も 犬と 一緒に暮らしています。
    いつか 別れる時が 来るとわかっていても、こればかりは、 もう 家族同様なので、 ただ 最後は きっと 今まで ありがとうって 気持ちで ずっと 見守りたいし私の腕の中で 見送りたいです。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • >にゃにゃさん

    私も 犬と 一緒に暮らしています。
    いつか 別れる時が 来るとわかっていても、こればかりは、 もう 家族同様なので、 ただ 最後は きっと 今まで ありがとうって 気持ちで ずっと 見守りたいし私の腕の中で 見送りたいです。

    にゃにゃさん、今晩は。にゃにゃさんも犬と暮らしていらっしゃるのですね。
    犬がいたからこその楽しい出来事や笑顔もたくさんあります。犬は人間ではないけれど、家族の大事なメンバーです。今回、改めて思いました。
    私も、最期の時は抱きしめていてやりたいです。安心して目を閉じられるように。
    にゃにゃさんとわんちゃんに、これからも楽しい時間がたくさんありますように。
    ありがとうございました。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • 何をどうしたって後悔は付き物
    ですが、自分達が出来る精一杯のことをしましょう
    動物には言葉は通じないかもしれません
    それでも心は通じます
    ー自分は愛されているー
    そう感じながら旅立てるようにしてあげてください
    息子さんにもそれを伝えてあげてください



    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • >老猫さん

    何をどうしたって後悔は付き物
    ですが、自分達が出来る精一杯のことをしましょう
    動物には言葉は通じないかもしれません
    それでも心は通じます
    ー自分は愛されているー
    そう感じながら旅立てるようにしてあげてください
    息子さんにもそれを伝えてあげてください



    老猫さん、おはようございます。
    息子は眠れなかったようです。
    おかしな話しですが、先に寿命が来るとわかっていた筈なのに、うちの犬に限っては、いつまでもここにいてくれる、と思い込んでしまっていました。
    どれほど愛しているか、掬っても掬っても底が見えることはありません。
    犬が教えてくれたことに倣って、まっすぐ伝えていきたいです。
    今から、家に迎えるための準備をしたいと思います。
    お返事をありがとうございました。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • 「ずーっと、だいすきだよ」っていう絵本があります。
    ご存じでしょうか?少年と愛犬の、お別れの物語です。
    少年は最期まで、大好きだよと愛犬に話しかけてあげるんです。

    まりままさんも、沢山、伝えてあげてくださいね。
    大好き、大好き、大好きって・・・
    そんなこと、いつも分かっていたよって、きっとワンちゃんは言うでしょうね。
    素敵な家族に恵まれて、ワンちゃんも幸せですね。

    身体に宿る命は有限でも、魂は、消えることはないと私は思うんです。
    だから、いつかまた会えると思います。

    私も、犬を飼っています。だから、お気持ちわかります。
    最期まで、痛みや苦しみがなく過ごせますようにお祈りしています。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • >風~~さん

    「ずーっと、だいすきだよ」っていう絵本があります。
    ご存じでしょうか?少年と愛犬の、お別れの物語です。
    少年は最期まで、大好きだよと愛犬に話しかけてあげるんです。

    まりままさんも、沢山、伝えてあげてくださいね。
    大好き、大好き、大好きって・・・
    そんなこと、いつも分かっていたよって、きっとワンちゃんは言うでしょうね。
    素敵な家族に恵まれて、ワンちゃんも幸せですね。

    身体に宿る命は有限でも、魂は、消えることはないと私は思うんです。
    だから、いつかまた会えると思います。

    私も、犬を飼っています。だから、お気持ちわかります。
    最期まで、痛みや苦しみがなく過ごせますようにお祈りしています。

    風さん、ありがとうございます。
    風さんの言ってくださったように、最期まで、痛みや苦しみがないように と私たちも
    祈っています。
    泣かないと昨日決めたのに、やはりいただいた文面を見ると、涙がにじんできてしまいます。

    下さった言葉、別れが来ても、いつかまた会える そう信じて時間を過ごします。
    本当にありがとうございます。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • 大好きだった 空

    我が家の 最初の仔(^^)あえて そう呼びます。ハスキーの 空 (^^)息子のせいで いきなり 母親から 引き裂かれ 私が オッパイは あげないまでも、離乳食やら上げ 大事に 育てました。ホントに ママ好きの 人間みたいな 仔でした。
    きつかった顔も だんだん 愛らしい美人犬にと 成長し 私の ダイエットにも、貢献してくれました? ずっと 元気だったのに、9歳頃から 体調崩し、アレルギーやら 耳が 腫れたり 病院通い(^^) さらに 11歳の時には 腎臓ガン 片方 摘出でした。犬て 回復早く 3日で 退院?その後は 凄く 元気になり 15歳まで 生きてくれました。思い出すのも 辛いですが…最後は 熱中症から来る 体力消耗で、ごめんね ごめんねしか ありません。犬は 虹の橋を渡る時 大好きな お母さんを 思うそうです。それってママの事だよね。そう 願ってます。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • トピ主です。 
    先日、うちの犬が息を引き取りました。獣医さんに伝えられていたよりはるかに長く、私たちのそばに居続けてくれました。
    夜は息子と寝て朝を迎え、息子が家を出るとよたよたと玄関まで行き、帰ってくるまでの時間をそこで過ごしました。
    学校からの二時間半の道のりを経て家についた時にはもう冷たくなっていて、いい年をした男の子が声を上げて泣きました。

    ところで不思議なことがありました。手術のあと、玄関で過ごしていた犬が含んだような小さめの声で時折鳴く日がありました。よく聞くとその合間に子猫の鳴き声が聞こえ、でてみると壁を挟んだ外に小さな小さな子がいました。このあたりはノラが多いので、その内親が迎えに来るだろうと様子を見ていましたが気配が無く段々声も弱くなってきたので四時間後、抱き上げ(逃げもしませんでした)家に入れました。
    うちの犬は家にきて間もない頃、放し飼いの犬に襲われて大怪我をしたことがありそれ以来、大きな体なのに、犬も猫も要するに動くものが苦手で怖がります。ですのに猫を家に入れると吠えるのをやめ、安心したようにとろとろと眠り始めました。犬も猫も初対面なのにその日から以前から一緒だったように暮らし始めました。
    まるで命のバトンタッチをするように、後を小さな猫に託したように見えました。
    犬が居なくなってぽっかり空いた穴は正直、なかなか埋まり切りません。
    でも彼が助けた命だから、バトンを渡していった命だから、大切に、これからの日々をこの子と過ごして行こうと思います。
    命について、息子も私も色々と思い、考えた50日弱の日々でした。
    このトピで声をかけて下さった皆様、ありがとうございました。
    虹の橋のたもとで胸を張って再会できるよう、彼のように ひたむきに一生懸命生きたいと私も息子も考えています。
    ありがとうございました。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • 動物病院勤務の者です。
    「ペット」という括りではなく「家族」なんですよね。
    何かしら問題を抱えて病院に来られたり、定期検診で来られたり、病院で販売しているフードを買いに来られたりと様々ですが、皆さんやはりウチの子一番!いつまでも元気でいて欲しいと願っています。
    病気を患い、どうしても治せなかったり、手遅れだったり、寿命だったり…仕方の無いこともあります。…あるんですが絶対に主さんのワンちゃんは幸せですよ!
    いつでも愛情たっぷりに接してもらえて、共に楽しい時間を過ごしたことは動物さんであれど忘れることはありません。
    人間のように言葉を話せないぶん、コミュニケーションを上手く取れないこともあり、辛い時に「こんな症状でつらいの」とは言えないのがもどかしいですよね。
    先は長くないと頭では理解していても、気持ちがついていかないのは、主さんが今まで幸せな時間と思っていたからです。
    できることならずっと一緒に…と思うでしょう。

    こんなに苦しい思いをするなら飼わなければ良かったですか?
    違いますよね。
    とっても寂しくて哀しくて苦しくて、どう足掻いても来るべき時は来るのは最初からわかっていたけれど、逃れられない寂しさはあります。
    それでもウチの子になってくれてありがとう、楽しい思い出ありがとう、苦しい思いさせてしまってごめんね、となかなか整理が付かない中で感謝の気持ちを改めて教えてくれているのだと思います。

    今度は命のバトンタッチしたネコちゃんを大切な家族として迎え、素敵な日々をお過ごしくださいね。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • >まりままさん

    トピ主です。 
    先日、うちの犬が息を引き取りました。獣医さんに伝えられていたよりはるかに長く、私たちのそばに居続けてくれました。
    夜は息子と寝て朝を迎え、息子が家を出るとよたよたと玄関まで行き、帰ってくるまでの時間をそこで過ごしました。
    学校からの二時間半の道のりを経て家についた時にはもう冷たくなっていて、いい年をした男の子が声を上げて泣きました。

    ところで不思議なことがありました。手術のあと、玄関で過ごしていた犬が含んだような小さめの声で時折鳴く日がありました。よく聞くとその合間に子猫の鳴き声が聞こえ、でてみると壁を挟んだ外に小さな小さな子がいました。このあたりはノラが多いので、その内親が迎えに来るだろうと様子を見ていましたが気配が無く段々声も弱くなってきたので四時間後、抱き上げ(逃げもしませんでした)家に入れました。
    うちの犬は家にきて間もない頃、放し飼いの犬に襲われて大怪我をしたことがありそれ以来、大きな体なのに、犬も猫も要するに動くものが苦手で怖がります。ですのに猫を家に入れると吠えるのをやめ、安心したようにとろとろと眠り始めました。犬も猫も初対面なのにその日から以前から一緒だったように暮らし始めました。
    まるで命のバトンタッチをするように、後を小さな猫に託したように見えました。
    犬が居なくなってぽっかり空いた穴は正直、なかなか埋まり切りません。
    でも彼が助けた命だから、バトンを渡していった命だから、大切に、これからの日々をこの子と過ごして行こうと思います。
    命について、息子も私も色々と思い、考えた50日弱の日々でした。
    このトピで声をかけて下さった皆様、ありがとうございました。
    虹の橋のたもとで胸を張って再会できるよう、彼のように ひたむきに一生懸命生きたいと私も息子も考えています。
    ありがとうございました。

    どうされているかと気にしていました。
    亡くなられたのですね、ご愁傷さまです。
    一番最初にコメントしたものです。

    ずっと昔に飼っていた雑種の子の話ですが、ジステンパーにかかってしまい、
    獣医さんに「楽にしてあげた方が良いのではないでしょうか?今夜一晩
    一緒に過ごして明日連れてきてください。」
    と言われました。本人が一番辛いのはわかっていたけれど、
    その決断が辛くて・・・
    翌日の午前中はどうしても外せない予定があったので
    帰宅してから午後に連れていくことにしました。
    帰宅してみると、すでに一人ぼっちで息を引き取っていました。
    私たちに一生残る傷を背負わせないように逝ってくれたような気がします。

    きっと主さんのワンちゃんも、「僕はこの家の子になれて幸せだったよ。
    僕のようにこの子も愛して幸せにしてあげてね。だから泣かないで。」
    という気持ちだったのではないでしょうか。

    簡単に乗り越えられるものではないですが、
    私も新しい出会いがあり、笑って亡くした子の思い出を話せるようになりました。
    ニャンコちゃん、いっぱい可愛がってあげて下さい。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • >和さん

    我が家の 最初の仔(^^)あえて そう呼びます。ハスキーの 空 (^^)息子のせいで いきなり 母親から 引き裂かれ 私が オッパイは あげないまでも、離乳食やら上げ 大事に 育てました。ホントに ママ好きの 人間みたいな 仔でした。
    きつかった顔も だんだん 愛らしい美人犬にと 成長し 私の ダイエットにも、貢献してくれました? ずっと 元気だったのに、9歳頃から 体調崩し、アレルギーやら 耳が 腫れたり 病院通い(^^) さらに 11歳の時には 腎臓ガン 片方 摘出でした。犬て 回復早く 3日で 退院?その後は 凄く 元気になり 15歳まで 生きてくれました。思い出すのも 辛いですが…最後は 熱中症から来る 体力消耗で、ごめんね ごめんねしか ありません。犬は 虹の橋を渡る時 大好きな お母さんを 思うそうです。それってママの事だよね。そう 願ってます。

    和さん、メッセージをありがとうございます。
    そうですよね、我が子も同じです。
    片手とその手首に載る小さい頃から一緒の時を過ごして、私たちよりも遙かに速いスピードで一生を駆け抜けていってしまいました。
    伴走していたつもりがずいぶんと先に行ってしまいました。
    空ちゃん、大事にされていたのですね。
    残された私たちはついつい悔やむことを頭に思い浮かべてしまいますが、でも、愛を惜しんだの?と問われれば、そんなことはないと。私たちにできる限りの愛は注いだつもりです。
    空ちゃんに声が届くなら、新入りの茶色いわんこを宜しくね、と伝えたいです。天国を案内してあげてね、仲良くしてねと伝えたいです。
    お礼が遅くなりましたこと、申し訳有りません。ありがとうございました。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • >ひみつさん

    動物病院勤務の者です。
    「ペット」という括りではなく「家族」なんですよね。
    何かしら問題を抱えて病院に来られたり、定期検診で来られたり、病院で販売しているフードを買いに来られたりと様々ですが、皆さんやはりウチの子一番!いつまでも元気でいて欲しいと願っています。
    病気を患い、どうしても治せなかったり、手遅れだったり、寿命だったり…仕方の無いこともあります。…あるんですが絶対に主さんのワンちゃんは幸せですよ!
    いつでも愛情たっぷりに接してもらえて、共に楽しい時間を過ごしたことは動物さんであれど忘れることはありません。
    人間のように言葉を話せないぶん、コミュニケーションを上手く取れないこともあり、辛い時に「こんな症状でつらいの」とは言えないのがもどかしいですよね。
    先は長くないと頭では理解していても、気持ちがついていかないのは、主さんが今まで幸せな時間と思っていたからです。
    できることならずっと一緒に…と思うでしょう。

    こんなに苦しい思いをするなら飼わなければ良かったですか?
    違いますよね。
    とっても寂しくて哀しくて苦しくて、どう足掻いても来るべき時は来るのは最初からわかっていたけれど、逃れられない寂しさはあります。
    それでもウチの子になってくれてありがとう、楽しい思い出ありがとう、苦しい思いさせてしまってごめんね、となかなか整理が付かない中で感謝の気持ちを改めて教えてくれているのだと思います。

    今度は命のバトンタッチしたネコちゃんを大切な家族として迎え、素敵な日々をお過ごしくださいね。

    リンゴのひみつさん、ありがとうございます。
    正直、未だ、立ち直れないで居ます。
    ひみつさんのおっしゃったこと、亡くしてから、今までがどんなに幸せな時間だったかを思い知りました。
    ひみつさんは動物病院にお勤めなのですね。
    私は、彼(犬)の闘病中、かかりつけの病院のスタッフの方にどれだけ心を支えていただいたか。かけて下さる一言一言が温かく、真理をついていて。命と向き合うこと、動物と暮らすこと、お話しさせていただく度混乱している頭が静かに落ち着きました。
    ひみつさんの文章を読んで、ああ、お世話になったスタッフの方々と同じだ、と思いました。命を見つめるお仕事だからこその言葉です。
    今はまだ、彼の姿を探してしまう日々です。
    でもきっともう今頃は空の上で、小さい頃に離ればなれになったお母さん犬とも再会できて喜んでいるだろうなと思います。
    書き込んで下さって、ありがとうございました。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • >ひみつさん

    どうされているかと気にしていました。
    亡くなられたのですね、ご愁傷さまです。
    一番最初にコメントしたものです。

    ずっと昔に飼っていた雑種の子の話ですが、ジステンパーにかかってしまい、
    獣医さんに「楽にしてあげた方が良いのではないでしょうか?今夜一晩
    一緒に過ごして明日連れてきてください。」
    と言われました。本人が一番辛いのはわかっていたけれど、
    その決断が辛くて・・・
    翌日の午前中はどうしても外せない予定があったので
    帰宅してから午後に連れていくことにしました。
    帰宅してみると、すでに一人ぼっちで息を引き取っていました。
    私たちに一生残る傷を背負わせないように逝ってくれたような気がします。

    きっと主さんのワンちゃんも、「僕はこの家の子になれて幸せだったよ。
    僕のようにこの子も愛して幸せにしてあげてね。だから泣かないで。」
    という気持ちだったのではないでしょうか。

    簡単に乗り越えられるものではないですが、
    私も新しい出会いがあり、笑って亡くした子の思い出を話せるようになりました。
    ニャンコちゃん、いっぱい可愛がってあげて下さい。

    いかのひみつさん、こんにちは。
    気にかけて下さっていたのですね、ありがとうございます。
    ひみつさんの所のわんちゃんと同じで、最期までこちらのことを思っていてくれた子でした。
    それが切なくて切なくて。
    昨日、外出から戻ったらケージに取り付けてある給水器の下の床にぽたぽたと水滴が広がって落ちていました。子猫は家を空けるので急拵えの小屋に入れ扉を閉めていました。
    きっと部屋の温度の変化での事でしょうが、ああ、お水を飲みに来たんだ。立って自分で飲めたんだ。と思ったら泣けてきました。
    保護しようと手を差しのべたときには、子猫はもう少し大きくなって予防注射やなにやら全部すませたら里親を探そうと思っていました。まさかの展開となりました。色んな物事の流れは私たちの手の届かないところで既に決まっているのかもしれないなと思ったりもします。
    子猫はなかなかの個性を持っているようで、振り回されながら毎日居ります。犬のことを思い涙を流してしまう私の横をものすごいスピードで走り回っています。こんな日々に少しずつ癒されていくのでしょうね。
    いかのひみつさん、ありがとうございました。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • >まりままさん

    トピ主です。 
    先日、うちの犬が息を引き取りました。獣医さんに伝えられていたよりはるかに長く、私たちのそばに居続けてくれました。
    夜は息子と寝て朝を迎え、息子が家を出るとよたよたと玄関まで行き、帰ってくるまでの時間をそこで過ごしました。
    学校からの二時間半の道のりを経て家についた時にはもう冷たくなっていて、いい年をした男の子が声を上げて泣きました。

    ところで不思議なことがありました。手術のあと、玄関で過ごしていた犬が含んだような小さめの声で時折鳴く日がありました。よく聞くとその合間に子猫の鳴き声が聞こえ、でてみると壁を挟んだ外に小さな小さな子がいました。このあたりはノラが多いので、その内親が迎えに来るだろうと様子を見ていましたが気配が無く段々声も弱くなってきたので四時間後、抱き上げ(逃げもしませんでした)家に入れました。
    うちの犬は家にきて間もない頃、放し飼いの犬に襲われて大怪我をしたことがありそれ以来、大きな体なのに、犬も猫も要するに動くものが苦手で怖がります。ですのに猫を家に入れると吠えるのをやめ、安心したようにとろとろと眠り始めました。犬も猫も初対面なのにその日から以前から一緒だったように暮らし始めました。
    まるで命のバトンタッチをするように、後を小さな猫に託したように見えました。
    犬が居なくなってぽっかり空いた穴は正直、なかなか埋まり切りません。
    でも彼が助けた命だから、バトンを渡していった命だから、大切に、これからの日々をこの子と過ごして行こうと思います。
    命について、息子も私も色々と思い、考えた50日弱の日々でした。
    このトピで声をかけて下さった皆様、ありがとうございました。
    虹の橋のたもとで胸を張って再会できるよう、彼のように ひたむきに一生懸命生きたいと私も息子も考えています。
    ありがとうございました。

    まりままさん、なんて言葉を言えば良いのやら、
    ただただ、お気持ちを思うと私も貰い泣きしちゃいます。

    ワンちゃん、頑張ったのですね。
    最期の時、どれだけ充実していたことでしょう。
    動物は、寿命を終えたら生に執着しないと聞きます。
    精一杯の愛を体現するから、後悔なんて無いのですよね。
    猫ちゃんへのバトンタッチも済ませて
    きっと安心して旅立ったのだと思います。

    そういえば、ムツゴロウさんが本に書いておられました、
    ペットを亡くしたら、すぐに次の子を迎えてほしい、
    犬は家族を悲しませるのが、何よりもイヤだから、って。


    温かいお話、ありがとうございました。
    私も、愛犬との時間を悔いなく生きていきたいと思います。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • >風~~さん

    まりままさん、なんて言葉を言えば良いのやら、
    ただただ、お気持ちを思うと私も貰い泣きしちゃいます。

    ワンちゃん、頑張ったのですね。
    最期の時、どれだけ充実していたことでしょう。
    動物は、寿命を終えたら生に執着しないと聞きます。
    精一杯の愛を体現するから、後悔なんて無いのですよね。
    猫ちゃんへのバトンタッチも済ませて
    きっと安心して旅立ったのだと思います。

    そういえば、ムツゴロウさんが本に書いておられました、
    ペットを亡くしたら、すぐに次の子を迎えてほしい、
    犬は家族を悲しませるのが、何よりもイヤだから、って。


    温かいお話、ありがとうございました。
    私も、愛犬との時間を悔いなく生きていきたいと思います。

    風~~さん、ありがとうございます。
    動物は精一杯の愛を体現するから、後悔なんてない
    風~~さんの言葉で、安心しました。こちらでの生を終えて、まっすぐに空の上に走って行ってくれているなら それでいいのです。泣いてばかりいましたから。そうですね、あまり泣くと彼が悲しみますね。

    風~~さんの一つ目のレスが記憶に焼き付いていたのでしょう、何につけ、大好きよ、大好きよ、と口にする私がいました。もう、頑張れ、とは言えませんでした。気持ちは伝わったでしょうか。

    風~~さん、こちらの方こそ、ありがとうございました。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
Arrow upトップに戻る

この話題に発言する



ログインが必要です