現在の発言数441,193件!
この度、2017年2月1日に「みんなのカフェ」の運営会社がクックパッド株式会社から株式会社トクバイに変更となります。 これに伴い、デコ料理、投票広場のサービスの提供と、iOSアプリ「料理と暮らしの掲示板 by クックパッド - みんなのカフェ」を終了させていただきます。 詳細につきましてはこちらをご確認下さい。
2017年1月16日「クックパッドみんなのカフェ」運営チーム

子音を聞き取るには?

私は中1です❗
最近、百人一首にはまってしまい、先日映画「ちはやふる」を見ました。
その時に、主人公である人がかるたをとるときに子音を聞いて相手よりもはやく手を出している場面がありました。
このように子音を聞き取るにはどうすればいいんでしょうか?よろしくお願いします?
Icon agree@2x 0
Icon nice@2x 0
お気に入り

最新の発言4件 (全4件)

  • 感覚を研ぎ澄ませていく

    ちはやぶるも観てないし百人一首も全くわからない状態で推測です。
    人の呼吸や気配、目に見えない感覚を機微に感じ取っているものと思われます。
    それには感覚を研ぎ澄ませていくといいと思います。
    普段何気なく過ごすのではなく、気持ちの流れや動作 仕草 表情などから伝わってくる事へ意識を向けたり、吸っている空気に含まれる匂い・香り、口に含んだ時の味覚の紐解き、触れた時の感触を味わったり伝わってくる感覚に意識を向けたり、風の音の違いや物質の音の違いや訊いた時の感覚などに意識を向けていくと、普段気付けなかったことに気付けたり感じとれるようになっていきます。
    小説や映画の「間」を読んだり感じたり、身体の中の数えきれない無数の細胞や小さな命がある事など、視覚的に見えない内部の背景に気持ちを向けるのもいいと思います。
    ご自身の得意分野的な感覚がどこなのかも、なんとなく徐々にわかってくると思うので、そこを集中して伸ばされてもいいと思います。
    慣れてきたら、それを応用してみる。
    意識をそこへ向けていかれたら、子音、に特化する事も可能だと思います。
    考えるんじゃない、感じるんだ、みたいな感じですかね。笑

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • ぜひコミックで読んでみてください。

    音に対する才能とは、その才能の有無、どう鍛えていくか。
    音に対する才能が無くても、戦える技術等、満載です。

    映画やアニメでは時間調整上カットされる部分も多いですし、大切な部分なのにさらっと流されることも多いですからね。
    原作で読むのが一番です。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • イチゴさん

    早くとれるようにわざと遅く言う、

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • 音声学的に考える

    はじめまして。
    私は映画も原作も見ていませんが、音声学的にとても面白い話だと思いました。

    子音を聴き分けるには、次のようなポイントを押さえる必要があります。
    1、声帯を振動させているかどうか
    2、呼気(吐く息)をどのように通しているか
    3、舌や唇の位置をどこにしているか(呼気の流れをどこで、どれくらい妨害しているか)

    例えば、マ行の子音[m]は、声帯を振動させる音です。
    さらに、口と空気の流れでいえば、唇をいったん閉じて呼気をせき止め、次の瞬間、呼気が唇の閉鎖を破り(口が開く)、音として聴こえます。
    また、発音するときに鼻からも息が漏れるという特徴があります(おそらく、声に出す少し前から漏れ始める)

    子音はひとつひとつ、息の流れやそれを妨害する位置と妨害する強さが違います。
    そのために生じるわずかな息遣いや空気の振動の違いを、人よりも早く察知し、聴き分ける。
    若いうちであれば、高い周波数の音でも聞き取れるので、トレーニングするなら若いうちでしょうね。
    また、私がマ行の子音を例に挙げたような、それぞれの子音の特徴を知っていれば、より確実に、早く聴き分けられるようになるかもしれません。






    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
Arrow upトップに戻る

この話題に発言する



ログインが必要です