現在の発言数449,139件!
この度、2017年2月1日に「みんなのカフェ」の運営会社がクックパッド株式会社から株式会社トクバイに変更となりました。 これに伴い、デコ料理、投票広場のサービスの提供と、iOSアプリ「料理と暮らしの掲示板 by クックパッド みんなのカフェ」を終了させていただきました。 詳細につきましてはこちらをご確認下さい。
2017年2月1日「トクバイ みんなのカフェ」運営チーム

食紅の使い方を教えてください!

クッキーに食紅を使うのですが、初めてなので使い方がわかりません。

「温水に溶かして使う」と食紅にかいてあるのですが、どのような割合ですか?

また、1・使うさいのコツなどはありますか?
   2・赤くなりすぎないようにするにはどうすればいいですか?
Icon agree@2x 0
Icon nice@2x 0
お気に入り

最新の発言5件 (全5件)

  • 食紅は製菓より料理に使うことが多かった素材です。
    例えば赤い赤飯など作る時は温水に溶かしてから使います。
    チャーシューやウインナーを染めるのも食紅ですから、粉のままでなく温水に溶かして使います。ですから、パッケージには「温水に溶かして使う」のと書かれているのでしょう。

    製菓の場合、粉のまま使います。温水で溶くと分量外の水分が入ってしまいますからね。
    クッキーの場合は、できた生地に少量加えてねりる。または最初から加えてからねりる。
    前者だと色をみながら加えることができ、後者は加える量がわかっている、それほど色の濃さにこだわらない場合ですね。

    赤くなりすぎないようにするには、前者の方法でごく少量づつ食紅を加えながらねって、好みの色をさがすのがよいと思います。
    使い慣れてくると加える量がわかってきて後者のやり方でも一発で色が出せるようになりますよ。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • ヤヤさんへ!

    >ヤヤさん

    食紅は製菓より料理に使うことが多かった素材です。
    例えば赤い赤飯など作る時は温水に溶かしてから使います。
    チャーシューやウインナーを染めるのも食紅ですから、粉のままでなく温水に溶かして使います。ですから、パッケージには「温水に溶かして使う」のと書かれているのでしょう。

    製菓の場合、粉のまま使います。温水で溶くと分量外の水分が入ってしまいますからね。
    クッキーの場合は、できた生地に少量加えてねりる。または最初から加えてからねりる。
    前者だと色をみながら加えることができ、後者は加える量がわかっている、それほど色の濃さにこだわらない場合ですね。

    赤くなりすぎないようにするには、前者の方法でごく少量づつ食紅を加えながらねって、好みの色をさがすのがよいと思います。
    使い慣れてくると加える量がわかってきて後者のやり方でも一発で色が出せるようになりますよ。

    とってもわかりやすい回答ありがとうございました!m(__)m

    すごく不安ですが、作ってみます! ちなみに明日作ります'w

    本当にありがとうございました~!

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • もう、本当に爪楊枝の先になすりつけて、ついた分づつして行った方がいいですよ。

    添付の小さい小さじなんか大量過ぎと思ってちょうどいいと、思います。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • 食紅は水溶性の色素です。
    「温水に溶かして」と書いてあるのは、溶かした方が発色が良く、少量で鮮やかに発色するからです。もちろん、均一に混ぜやすいから、という理由もあります。
    粉のまま混ぜても色が付かない訳ではありませんが、溶かして混ぜるのと違い、鮮やかな色が付きにくい・溶かして加えるのよりはたくさんの量を使うことになる・均一に混ぜにくい、等の恐れがあります。

    どの段階で食紅を混ぜるかにもよるのですが、
    小麦粉に直接混ぜるなら粉で混ぜる、生地に混ぜるなら少量の水に溶かして生地の上に線書きしてよく捏ねる、というのが良いと思います。が、できあがった生地を捏ねすぎると良くないですかね?(お菓子作らないのでこの辺のことには詳しくないです) 
    卵はほぼ水分なので水に溶かしてそちらに混ぜても良いと思うのですが、自分でやったことがないのでお勧めしにくいですね(^^;)

    使う量は極々々々少量です。
    前の方が仰っているように爪楊枝に付けて取り出す位の量です。水に溶かすときはそれを一滴二滴の水で溶かします(←この位の水分なら余計に入っても大丈夫じゃないかな?)。
    手間はかかりますが、最初に予定の量の半量で生地を作り、色が薄ければ次の半量でやや濃く、色が濃ければ次の半量は色無しにして最初の生地と混ぜ合わせると失敗が少なくなります。
    色を見るとき、1枚分だけトースターかフライパンで試しに焼いてみるとなお確実です(手間ですが)。
    参考になるかわかりませんが、今手元に市販のクッキー生地(3色)があるので写真を撮りました。この生地は食紅ではなく紅麹とカロチンで着色してあるようです。

    30d1284d5ce54725cb70d55ef53bf05b
    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • thank you!(^O^)y

    皆さん本当にありがとうございました!
    本当に助かりました!
    すべてためになりました、本当にありがとうございました~!

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
Arrow upトップに戻る

この話題に発言する



ログインが必要です