現在の発言数442,157件!
この度、2017年2月1日に「みんなのカフェ」の運営会社がクックパッド株式会社から株式会社トクバイに変更となります。 これに伴い、デコ料理、投票広場のサービスの提供と、iOSアプリ「料理と暮らしの掲示板 by クックパッド - みんなのカフェ」を終了させていただきます。 詳細につきましてはこちらをご確認下さい。
2017年1月16日「クックパッドみんなのカフェ」運営チーム

絶対食べてくれないバトル

一緒に調理したら出来上がったの食べるよ! なんて嘘!
野菜絶対食べない幼児怪獣に何度も負けてます。
すり潰してペースト のアドバイスにしたがったら
ザラザラの舌触りでNG、
みじん切りでハンバーグや肉団子も色で見つかりNG。
野菜はフライドポテトしか食べません。
離乳食の時は頑張ったのに食べてくれたら嬉しいと好きな物を与えてしまったことは反省してます。
魔の....今4歳児です。
Icon agree@2x 0
Icon nice@2x 0
お気に入り

最新の発言20件 (全22件)

  • 食べないものは食べないですよ。
    うちも専門家と相談しながら日々奮闘していますが。

    子供なんて腹が減れば食べるは通用する子と通用しない子がハッキリいると言えます。
    後者は苦手食材ばかりしか用意しないと食べないで痩せるのですよね。

    それと、
    昔の偏食の子は病気がちで部屋から出られないとかもあったようです。
    今ほど食材も豊富でないのにどうしても食べられない。
    お腹が減るよりも、食べる事を嫌がったそうです。
    そのせいで細くて弱くて。
    まぁ、叔父の事ですが。
    でも、そんな叔父も成長とともに色々食べられるようになり今も健在です。

    今は本当に多様な食材があってよかった。
    フライドポテトでも良いじゃないですか。
    好物があるならそれも食べさせたら良いと思いますよ。

    今は食べれる物を無理せず、楽しく。
    ただ、食べずとも食材に慣れさせはした方が良いと思いますが。
    必ず夕飯に出すとか。
    食べなくても怒らないけど、美味しく食べるのを見せるとか、たとえ吐き出してもチャレンジしたら大げさに褒めるとか。
    一緒に食材を育てるのも料理するのも良いですね。

    食べられる物とチャレンジ食材両方バランスよく取り入れた献立を基本にすると良いですが食べられる物のみの献立で完食の喜びもたまには必要かなとも思います。

    うちも、嫌いな物より食べられる物を言う方が早いと言うくらい偏食でしたが、
    ぼちぼちは野菜も食べるようになってきましたがまだまだです。
    食べないものはとことん食べない。

    偏食が分かってない人から心無い言葉をかけられる事もありましたが気にしない。
    気になることは専門家に相談も良いですよ。安心できます。

    やっても食べないなら気にせず。気長に。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • 食べなくても大丈夫

    私もかなりの偏食で、小学校の給食は牛乳しか飲まないときありました(笑)
    けれど、だからといって病気にかかってばかりではありませんでしたよ。むしろ、周りより元気に走り回ってました。

    野菜をとらないと、ビタミン不足になる…と心配されているかもしれませんが、ビタミンを多く含むのは野菜だけではないことを思い出してください。
    私の母は、極度の野菜嫌い、肉嫌いの私に、いつも沢山『果物』を買ってきてくれました。無理に嫌いというものを強制しませんでした。
    せっかくの家族で食卓を囲むという幸せな時間を、野菜食べてくれない、という理由だけで台無しにしてしまうのは勿体ないです。

    こどもの味覚は敏感ですから、クセの強い野菜を食べれないことはある意味では当然なことです。
    そうこういう私も、小学校高学年になるころには偏食もだんだんなくなり、中学生のときは、もう何も食べられないものはなくなりました。

    子供の、食べられるものをあげてください。
    お金はかかりますが、野菜の代わりに果物を、ぜひ、様々な種類をそろえて、食べさせてあげて下さい。
    そして、素敵な食卓を、みんなで囲んでください。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • みなさんおっしゃる通り、あまり頑張り過ぎなくて大丈夫ですよ(^ ^)
    今は、いろんな食べ物の存在を知るだけで充分。無理して食べさせなくても、本当に体に必要になったら自分から食べます。
    うちの息子は小さい頃、野菜大好きで肉嫌いでした。ハンバーグなんて、指で玉ねぎだけほじって食べてました(^_^;) たぶん、動物性タンパク質はほとんどとっていなかったと思います。
    それでいて同じ年頃の子よりがたいが良くて丈夫。まわりに不思議がられてました。
    ところが、5歳間近の頃から急に肉類を食べるようになりました。何がきっかけかは分かりません。体から必要だと指令が出たんだろうとしか思えません。
    それまでは泣くほど嫌だったのに、です。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • うちの息子も緑色のものはとにかく食べませんでした。でも例外があって、ジェノベーゼだけは離乳食の頃から好きだったので、茹でたズッキーニなどをすりつぶしてバジルを沢山入れてパスタを和え、、ジェノベーゼだと言って出すときれいに平らげてましたね。
    小学生になった頃、好きなアニメの主人公が妹にオムライスを作るシーンがあって、最近のアニメって本物より美味しそうに描かれているじゃないですか、で、チャンスとばかりに野菜たっぷりの和風味の焼きめしオムライスを作ったら、たくさん食べたので、それからは10日に一度ぐらいでオムライスでした。
    感覚から入るタイプだったので食べず嫌いも多く、逆にそれを利用してましたね〜。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • 毎日 幼いお子さんと奮闘 お疲れ様です。
    皆さんが仰る通り 大丈夫ですよ(*^_^*)
    うちの小学5年生の末娘が 好き嫌いが多かったのですが だんだん食べられるようになっています。「あれ?これ嫌いだったのに美味しい!」と本人も言っています(≧∇≦)
    私は 潰したり 混ぜたりせず 大人と同じように作って出していました。
    ただ 嫌いなものは 最低限乗り越えて食べられる量にとどめて 食べられたら褒めています。
    私も好き嫌いが激しかったのですが 今は嫌いでもとりあえず食べられます。
    嫌いなものを出すと 食べるのに時間がかかったと 母が話してました(^◇^;)

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • 好き嫌いの多い子は大変ですね。
    我が子3歳児は好き嫌いが基本ないのでまだありがたい方なんだなーと思ってしまいます。
    テレビで「料理を毎日お手伝いする子は野菜を食べる」とか「家庭菜園を一緒にすると食べる」なんて聞きますがどうでしょうか?

    一昨年の夏にミニトマトを作ったら干ばつ気味になってしまったのが幸い?してか甘くなりそれまで見向きもしなかったのがパクパク食べてくれるようになりましたよ

    最近では変な形の野菜や変わった味のする品種改良された野菜なんて多いのでネタとして子供と見たり育てたりして楽しんでいます。
    今年はなに育てよう

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • >津軽さん

    分かります、非常によく分かります(泣)
    私も主人も好き嫌いが無く、苦手なものでもまぁ食べれるので、絶対好き嫌いのある子に育てなくて(好き嫌いが無い方が調理がラクにできることもあり)離乳食時期にすっごく頑張って、なんでも食べさせようと色々な野菜を与えました。
    ですが、離乳食時期から既に野菜は苦手だったようで、すぐにべェーっと出し、「いつか食べてくれる…」と根気よく続けましたが、現在6歳の息子は未だに野菜が苦手。

    でも前よりは食べれる野菜も増えたかなぁ。
    ピーマン、ほうれん草、ニラ、ネギ、小松菜など、みどりの野菜は見ただけで食べない。
    保育園の給食では食べるのに家では甘えて食べない。
    保育園のレシピを教えてもらって同じように味付けしても食べない。
    もちろん一緒に料理しても食べてくれません。

    子供の味覚がひとつ大人になるのが7〜9歳の時期ですのでお母さん焦らないで!って保育園で言われたけど…どうなることやら?と心配でなりません(;_;)

    なんだか自分が書いてるのかな?ってくらいウンウン同じ!って思いました。
    私も幼稚園時代にお弁当にガンガン野菜入ってて、好きじゃないけど食べられた記憶があります。
    なので離乳食時代に「ウェッ」と出された時は何が何だかわかりませんでした。
    そして現在保育園では食べるのに... というのも一緒です。
    でも7〜9歳の時期に変わるというので少し安心しました。
    でも、その時に更に頑固な味覚になってたらと思うと不安もあります....

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • >楽しめなかった私さん

    主さん
    じゅうぶん頑張ってます!
    ご自分が好きな物を存分に作って美味しそうに食べるところを子供さんに見せてあげましょう。
    子供に好き嫌いがあると自分がだめなママに見られるのがイヤだという気持ちは心の奥にでもありはしないですか?

    戦わなくていいと思います。
    反省もしなくていいんじゃないでしょうか
    力を抜いて育児を楽しんで欲しいです。

    とても嬉しい、そして励ましになるお言葉をありがとうございます。
    幸い周囲は寛容ですのでそうした気持ちは無いです。
    楽しめなかった私さん そんなハンドルネームから察すると
    ご自身も経験されたのですね。
    それだけにお言葉を受け止め前向きに行こうと思います。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • >ひみつさん

    食べないものは食べないですよ。
    うちも専門家と相談しながら日々奮闘していますが。

    子供なんて腹が減れば食べるは通用する子と通用しない子がハッキリいると言えます。
    後者は苦手食材ばかりしか用意しないと食べないで痩せるのですよね。

    それと、
    昔の偏食の子は病気がちで部屋から出られないとかもあったようです。
    今ほど食材も豊富でないのにどうしても食べられない。
    お腹が減るよりも、食べる事を嫌がったそうです。
    そのせいで細くて弱くて。
    まぁ、叔父の事ですが。
    でも、そんな叔父も成長とともに色々食べられるようになり今も健在です。

    今は本当に多様な食材があってよかった。
    フライドポテトでも良いじゃないですか。
    好物があるならそれも食べさせたら良いと思いますよ。

    今は食べれる物を無理せず、楽しく。
    ただ、食べずとも食材に慣れさせはした方が良いと思いますが。
    必ず夕飯に出すとか。
    食べなくても怒らないけど、美味しく食べるのを見せるとか、たとえ吐き出してもチャレンジしたら大げさに褒めるとか。
    一緒に食材を育てるのも料理するのも良いですね。

    食べられる物とチャレンジ食材両方バランスよく取り入れた献立を基本にすると良いですが食べられる物のみの献立で完食の喜びもたまには必要かなとも思います。

    うちも、嫌いな物より食べられる物を言う方が早いと言うくらい偏食でしたが、
    ぼちぼちは野菜も食べるようになってきましたがまだまだです。
    食べないものはとことん食べない。

    偏食が分かってない人から心無い言葉をかけられる事もありましたが気にしない。
    気になることは専門家に相談も良いですよ。安心できます。

    やっても食べないなら気にせず。気長に。

    食べないものは食べない
    ウチだけではないんですね。
    お腹が空いたら、空きすぎたら何でも食べるかと思うのですが
    それも可哀想で出来ません。

    チャレンジして吐き出したけど褒める
    は何度もしましたが
    残念ながら余計に嫌いになるようで
    逆効果でした。

    長い目で少しずつトライしていくのを目標にします。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • >コノハさん

    私もかなりの偏食で、小学校の給食は牛乳しか飲まないときありました(笑)
    けれど、だからといって病気にかかってばかりではありませんでしたよ。むしろ、周りより元気に走り回ってました。

    野菜をとらないと、ビタミン不足になる…と心配されているかもしれませんが、ビタミンを多く含むのは野菜だけではないことを思い出してください。
    私の母は、極度の野菜嫌い、肉嫌いの私に、いつも沢山『果物』を買ってきてくれました。無理に嫌いというものを強制しませんでした。
    せっかくの家族で食卓を囲むという幸せな時間を、野菜食べてくれない、という理由だけで台無しにしてしまうのは勿体ないです。

    こどもの味覚は敏感ですから、クセの強い野菜を食べれないことはある意味では当然なことです。
    そうこういう私も、小学校高学年になるころには偏食もだんだんなくなり、中学生のときは、もう何も食べられないものはなくなりました。

    子供の、食べられるものをあげてください。
    お金はかかりますが、野菜の代わりに果物を、ぜひ、様々な種類をそろえて、食べさせてあげて下さい。
    そして、素敵な食卓を、みんなで囲んでください。

    コノハさんも野菜苦手だったんですね。
    けれどだんだん偏食がなくなっていったという文章を読んで少し安心しました。
    小学校に入って給食で困らないかなと思ってたけれど
    そうか、高学年になると周りでもそんなに激しい好き嫌い多い友だちいなくなってたなって思い出しました。
    果物チャレンジさせてみます。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • >ひみつさん

    みなさんおっしゃる通り、あまり頑張り過ぎなくて大丈夫ですよ(^ ^)
    今は、いろんな食べ物の存在を知るだけで充分。無理して食べさせなくても、本当に体に必要になったら自分から食べます。
    うちの息子は小さい頃、野菜大好きで肉嫌いでした。ハンバーグなんて、指で玉ねぎだけほじって食べてました(^_^;) たぶん、動物性タンパク質はほとんどとっていなかったと思います。
    それでいて同じ年頃の子よりがたいが良くて丈夫。まわりに不思議がられてました。
    ところが、5歳間近の頃から急に肉類を食べるようになりました。何がきっかけかは分かりません。体から必要だと指令が出たんだろうとしか思えません。
    それまでは泣くほど嫌だったのに、です。

    肉嫌いの野菜好きって!! ウチとは全く反対の偏食ちゃんもいらっしゃるのですね!
    なるほど、体が欲するというのはなんとなくわかる気がします。
    無理強いはいけないということですよね。
    突然のその指令が来る日を待つしかないかなぁ....きっと来ますよね > <

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • >ポルケッタさん

    うちの息子も緑色のものはとにかく食べませんでした。でも例外があって、ジェノベーゼだけは離乳食の頃から好きだったので、茹でたズッキーニなどをすりつぶしてバジルを沢山入れてパスタを和え、、ジェノベーゼだと言って出すときれいに平らげてましたね。
    小学生になった頃、好きなアニメの主人公が妹にオムライスを作るシーンがあって、最近のアニメって本物より美味しそうに描かれているじゃないですか、で、チャンスとばかりに野菜たっぷりの和風味の焼きめしオムライスを作ったら、たくさん食べたので、それからは10日に一度ぐらいでオムライスでした。
    感覚から入るタイプだったので食べず嫌いも多く、逆にそれを利用してましたね〜。

    すごいすごーい!
    読んでてほんとに すごーい! って何度心の中で連呼したことか!
    自分もそんなきっかけになるの見つけたい
    いや、見つけます!
    そして" してやったり! "と言える日が来たら報告させていただきます!
    ...って意気込みだけ宣言してみる〜

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • >ゆづみかんさん

    毎日 幼いお子さんと奮闘 お疲れ様です。
    皆さんが仰る通り 大丈夫ですよ(*^_^*)
    うちの小学5年生の末娘が 好き嫌いが多かったのですが だんだん食べられるようになっています。「あれ?これ嫌いだったのに美味しい!」と本人も言っています(≧∇≦)
    私は 潰したり 混ぜたりせず 大人と同じように作って出していました。
    ただ 嫌いなものは 最低限乗り越えて食べられる量にとどめて 食べられたら褒めています。
    私も好き嫌いが激しかったのですが 今は嫌いでもとりあえず食べられます。
    嫌いなものを出すと 食べるのに時間がかかったと 母が話してました(^◇^;)

    ほっとする励ましのご回答ありがとうございます。
    自分も野菜の形をわからなくしてまで食べさせるのはちょっと違うかなって思うようになりました。
    大きくなれば食べられるようになるということですね。
    ゆずみかんさんのお母様のお話でやっぱりいつの時代でもそうなんだなとも。
    今後はもう少し前向きで接しようと思います。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • >さなぎのピラニアさん

    好き嫌いの多い子は大変ですね。
    我が子3歳児は好き嫌いが基本ないのでまだありがたい方なんだなーと思ってしまいます。
    テレビで「料理を毎日お手伝いする子は野菜を食べる」とか「家庭菜園を一緒にすると食べる」なんて聞きますがどうでしょうか?

    一昨年の夏にミニトマトを作ったら干ばつ気味になってしまったのが幸い?してか甘くなりそれまで見向きもしなかったのがパクパク食べてくれるようになりましたよ

    最近では変な形の野菜や変わった味のする品種改良された野菜なんて多いのでネタとして子供と見たり育てたりして楽しんでいます。
    今年はなに育てよう

    3歳ちゃん、きっとママとパパの食育が素晴らしかったのでしょうね。
    家庭菜園、してますしてます! でも、残念ながら育てるのと食べるのは違うみたい。
    どうか、さなぎのピラニアさんのお家の菜園、
    春に向けての収穫 豊作でありますように^_^

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • 子育ては主さんが言われる通り、バトルなのですよねー。どっちが勝つか? お子さんが小さい頃の悩みって、深刻な病気でもなければゲーム感覚で楽しんだ方が親にとっても子供にとってもいいと思います。コツは、先手を取る事です!
    話がそれますが、例えばお店に入る前に「見るだけよー、見るだけ。」と言って、「うん」と返事をさせてから入ると、「これ買ってぇぇぇぇ」となりません。スーパーでも欲しいお菓子を選んでいる時に、「お金払ってから開けるのよ」と言えば、すぐに食べたいと駄々をこねる事もありません。
    大きくなると憎たらしくなる事もあるので今のうちに楽しんでいい思い出いっぱい作ってくださいね。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • >ポルケッタさん

    子育ては主さんが言われる通り、バトルなのですよねー。どっちが勝つか? お子さんが小さい頃の悩みって、深刻な病気でもなければゲーム感覚で楽しんだ方が親にとっても子供にとってもいいと思います。コツは、先手を取る事です!
    話がそれますが、例えばお店に入る前に「見るだけよー、見るだけ。」と言って、「うん」と返事をさせてから入ると、「これ買ってぇぇぇぇ」となりません。スーパーでも欲しいお菓子を選んでいる時に、「お金払ってから開けるのよ」と言えば、すぐに食べたいと駄々をこねる事もありません。
    大きくなると憎たらしくなる事もあるので今のうちに楽しんでいい思い出いっぱい作ってくださいね。

    ポルケッタさん
    本当にゲーム感覚ですね。こう言ったらこう出てくるなって一歩先を読むのが正解という。
    オトナ世界でもそうですよね、お姑さんとか勤め先とかご近所とかでも同じだなとも。
    かけ引きが重要なのかなって思いました。
    頑張ったら特別な勲章とか貰えるかな?

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • うちは

    息子のその頃は何でも食べてました。私も全部手作りでやってました。
    好き嫌いも無く、人参、ピーマン、春菊も、子供が嫌いだと言われるものも、普通に食べてました。
    好き嫌いもなく、離乳食は成功したと思ってました。
    でも、大人になるにつれ、今は過去食べられたものが食べられずと言うのも少しあります。
    ただ、よそと違うのは、子供が4歳になるまでは、お菓子やジュースは一切買わず、与えてません。
    (水分は牛乳とお茶)

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • わたしもやられたよ・・・

    離乳食まだなのに うどんを義母に食べさせられて うどんしかたべなくなったけど フライドポテトはうちもよく食べる 

    手づかみは もっと小さいうちに思う存分やらせておくのがいい 

    あと咀嚼といって 運動してのどが渇いてる時に 何が何でもきゅうりを食べさせる 大根とか人参の野菜スティク のどが渇いてると美味しいから 公園に行って 遊んで手を洗ったあと 咀嚼をやるといいといいかも 

    水分補給が簡単な今がチャンスかもね

    で 食べさせられる恐怖を 違うレベル違うパターンで植え付けておいて 「まだこっちのがまし」的に 誘導するのが いいかもだね

    うちは幼稚園でやられて拒食症になりかけたから まだ好き嫌い多いよ 昨日里芋がおいしいって食べたわ 実家母の料理だけどね

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • 我が家はプランターで野菜を一緒に育てています。
    大きくなっていく様子や色付いていく様子を楽しく見ながら育ててます。
    それでも食べないときはキャラ弁ならぬキャラご飯を作ってみたり、明日保育園の先生に苦手な○○食べれました!ってママからも伝えておくね!と言ってみたり・・・
    めちゃくちゃオーバーリアクションをしつつ褒めてみたりと苦戦しました(笑)

    今じゃ「あー!○○ちゃんが好きなピーマンとナスビだ!」って喜びながらご飯食べてます。
    あとは肉嫌いを克服するだけです(;´Д`)

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • 思い出しました

    テレビで野菜が出てくるアニメを見ると好きなキャラの野菜や食べ物がでてくると食べるようになると言うもの。
    我が家は「満点青空レストラン」と言う番組を見てごはんを食べながら「うまーい!!」を連呼
    宮川大輔さんのおかげで食べる前から「うまーい!!」と言ってくれるようになりましたよ
    あとは「となりのトトロ」のめいちゃんとさつきちゃんがおばあちゃんの庭のキュウリをかじるシーンを見てキュウリが食べたいと駄々をこねるようになりました

    絵本で食べ物が出てくるお話しを読んだりもしました

    だから食いしん坊なのかな…娘(笑)

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
≪ 最新
‹ 前へ
Arrow upトップに戻る

この話題に発言する



ログインが必要です