現在の発言数442,078件!
この度、2017年2月1日に「みんなのカフェ」の運営会社がクックパッド株式会社から株式会社トクバイに変更となります。 これに伴い、デコ料理、投票広場のサービスの提供と、iOSアプリ「料理と暮らしの掲示板 by クックパッド - みんなのカフェ」を終了させていただきます。 詳細につきましてはこちらをご確認下さい。
2017年1月16日「クックパッドみんなのカフェ」運営チーム

アメリカの小麦粉

アメリカでは多目的に使えるオールパーパス フラワー (all-purpose flour),セルフライジングフラワー (self-rising flour) 、ブレッド フラワー (bread flour)などが代表的な小麦粉としてあります。

通常はオールパーパス フラワーでお菓子、ケーキ、パンを焼いていますが、目的によって小麦粉を変えたほうが良いのでしょうか?

セルフライジング フラワーについて教えてください。日本のレシピは通常の小麦粉にベーキングパウダーなどを配合する形式がほとんどですよね。そんな時、セルフライジングフラワーで代用したい場合は、ベーキングパウダーを省くだけで良いのでしょうか? セルフライジングフラワーの便利な使用法について教えてください。

ブレッド フラワーについて。これは強力粉と考えてよいですか?

ご存知の方、ご教示お願いします。

Icon agree@2x 0
Icon nice@2x 0
お気に入り

最新の発言6件 (全6件)

  • ブレッドフラワーは強力粉です。

    オールパーパス フラワーは強力粉と薄力粉をブレンドした準強力粉(中力粉)のようですね。
    グルテンの割合が10~12%なので、日本のカメリア粉(強力粉)に近いようです。
    そうなると、パン作りに向いていると言えるのかな。
    もちろん、日本でも強力粉でケーキやお菓子を作るレシピもありますが、より軽くフンワリとなると粉を変えた方がいいように思います。

    セルフライジング フラワーは小麦粉にベーキングパウダーが入っているものですよね?
    Cake Flour (ケーキ フラワー)もこれに入るのかな?

    >日本のレシピは通常の小麦粉にベーキングパウダーなどを配合する形式がほとんどですよね。

    いえいえ、ほとんどってことはないですよ(汗)
    最初からグルテン%の低い粉を使えば加える必要はないんですから。
    でも、そういった粉はちょっとお高いので、手に入りやすい薄力粉でも軽くふんわりさせるための工夫でベーキングパウダーを入れるレシピが多くありますよね。
    そのレシピの場合、じゅんこさんがおっっしゃるようにベーキングパウダーを省いて粉の全体量をセルフライジング フラワーにしたらいいんじゃないかな。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • ブレッドフラワーは強力粉のことですよ。

    オールパーパスフラワーは薄力粉のことです。


    薄力粉でのレシピはやはり薄力粉もしくはオールパーパスフラワーで作ったほうがいいと思います。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • 訂正

    ちょっと勘違いしていました。
    ベーキングパウダーとコーンスターチがごっちゃになってました。
    すいません、先の投稿は無視ってことで、ごめんなさい(汗)

    セルフライジング フラワーは小麦粉にベーキングパウダーが入ってますが
    Cake Flour (ケーキ フラワー)はコーンスターチが入っているので同じ部類ではないでよすね。

    >日本のレシピは通常の小麦粉にベーキングパウダーなどを配合する形式がほとんどですよね。

    日本の小麦粉にはベーキングパウダーが入った商品がほとんど無いからですよね。
    日本では純粋に小麦粉として売っているものがほとんどで、アメリカの商品は最初からミックスされているものが多いですものね。
    このあたり、脳内で勘違いを起こしていました、ごめんなさい。

    オールパーパス フラワーは手軽で便利ですが、アメリカのレシピにオールパーパス フラワーとあるなら粉を変える必要はないと思います。
    ただ、やはり重い仕上がりになりませんか?
    もっと軽くふんわりにとか、日本のレシピを参考にしたいのなら
    「Cake flour」もしくは「Pastry Flour」におきかえるのがよいと思います。
    日本の薄力粉に相当するのが「Cake flour」や「Pastry Flour」ですから。

    ただ、「Cake flour」は住んでいる場所によっては見たこともない、って商品らしいのですが「Pastry Flour」はどうしょうか?

    >はづきさん
    差し出がましいとは思いますが、オールパーパスフラワーは薄力粉ではなく中力粉に近いケーキミックスのような存在なんですよ。Yum
    アメリカでは日本のようなふわふわと軽いものより、ちょっとずっしり重めが好まれるせいで中力粉に近い粉にベーキングパウダーを入れたのかもしれませんね。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • 追加

    セルフライジング フラワーでの置き換えですが、ベーキングパウダーを省いて粉全量をセルフライジング フラワーにするというのは、先に書いた通りなのですが、
    ここでハタと思いました。
    セルフライジング フラワー配合の小麦粉は何?と。
    薄力粉に相当する粉ならいいのですが、これが中力粉に相当する粉なら、レシピ通りにしても仕上がりが重くなるかも?

    何にしても作ってみないとわからないのですが、日本のレシピ通りにという場合は薄力粉に相当する粉に変えた方が仕上がりが近くなるんじゃないかな、と思います。

    長々とした連投ごめんさい。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • Cake flour と pastry flour

    >ココさん

    ちょっと勘違いしていました。
    ベーキングパウダーとコーンスターチがごっちゃになってました。
    すいません、先の投稿は無視ってことで、ごめんなさい(汗)

    セルフライジング フラワーは小麦粉にベーキングパウダーが入ってますが
    Cake Flour (ケーキ フラワー)はコーンスターチが入っているので同じ部類ではないでよすね。

    >日本のレシピは通常の小麦粉にベーキングパウダーなどを配合する形式がほとんどですよね。

    日本の小麦粉にはベーキングパウダーが入った商品がほとんど無いからですよね。
    日本では純粋に小麦粉として売っているものがほとんどで、アメリカの商品は最初からミックスされているものが多いですものね。
    このあたり、脳内で勘違いを起こしていました、ごめんなさい。

    オールパーパス フラワーは手軽で便利ですが、アメリカのレシピにオールパーパス フラワーとあるなら粉を変える必要はないと思います。
    ただ、やはり重い仕上がりになりませんか?
    もっと軽くふんわりにとか、日本のレシピを参考にしたいのなら
    「Cake flour」もしくは「Pastry Flour」におきかえるのがよいと思います。
    日本の薄力粉に相当するのが「Cake flour」や「Pastry Flour」ですから。

    ただ、「Cake flour」は住んでいる場所によっては見たこともない、って商品らしいのですが「Pastry Flour」はどうしょうか?

    >はづきさん
    差し出がましいとは思いますが、オールパーパスフラワーは薄力粉ではなく中力粉に近いケーキミックスのような存在なんですよ。Yum
    アメリカでは日本のようなふわふわと軽いものより、ちょっとずっしり重めが好まれるせいで中力粉に近い粉にベーキングパウダーを入れたのかもしれませんね。

    細やかな情報をありがとうございました。cake flourやpastry flourとよばれる小麦粉があること、初めて知りました。次回はそれで試してみます!

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • >はづきさん

    ブレッドフラワーは強力粉のことですよ。

    オールパーパスフラワーは薄力粉のことです。


    薄力粉でのレシピはやはり薄力粉もしくはオールパーパスフラワーで作ったほうがいいと思います。

    仰る通りですね!

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
Arrow upトップに戻る

この話題に発言する



ログインが必要です