現在の発言数440,519件!
この度、2017年2月1日に「みんなのカフェ」の運営会社がクックパッド株式会社から株式会社トクバイに変更となります。 これに伴い、デコ料理、投票広場のサービスの提供と、iOSアプリ「料理と暮らしの掲示板 by クックパッド - みんなのカフェ」を終了させていただきます。 詳細につきましてはこちらをご確認下さい。
2017年1月16日「クックパッドみんなのカフェ」運営チーム

ベーキングパウダーと重曹の量について

蒸しパンを作ろうと思いレシピを検索したのですが、膨化剤として重曹を使う場合は0.3g、ベーキングパウダーを使う場合は1.2gと記載されているものがありました。
普通、ベーキングパウダーは重曹に対して2倍量使うらしいのですが、なぜこのレシピは4倍なのでしょう。
ちなみに、調理学を専門とする学者が出版した本に掲載されていたのでおそらく適当な理由でこの分量になったとは考え辛いです。
Icon agree@2x 0
Icon nice@2x 0
お気に入り

最新の発言1件 (全1件)

  • 比較するベーキングパウダーが違うのかもね

    重曹はベーキングパウダーの3倍から4倍の働きをする、としている記事もあるんですよね。
    なので、置き換える時に3倍、4倍というレシピも見たことあります。

    で、気になるのは比較するベーキングパウダーです。
    ベーキン パウダーってメーカーによって含まれるものが違うので、やはり膨らみにも差がありますよね。
    今の日本で手に入るメーカーのベーキングパウダーは2倍でじゅうぶんであっても
    その学者さんが使ったベーキングパウダーが膨らみの悪いメーカーを使っていたなら
    4倍必要ってこともありえますよね。

    その本の初版が何年も前のもので、その当時の常識は4倍だったということも考えられ…

    まあ想像ですけど(^^)

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
Arrow upトップに戻る

この話題に発言する



ログインが必要です