現在の発言数448,809件!
この度、2017年2月1日に「みんなのカフェ」の運営会社がクックパッド株式会社から株式会社トクバイに変更となりました。 これに伴い、デコ料理、投票広場のサービスの提供と、iOSアプリ「料理と暮らしの掲示板 by クックパッド みんなのカフェ」を終了させていただきました。 詳細につきましてはこちらをご確認下さい。
2017年2月1日「トクバイ みんなのカフェ」運営チーム

大根と切り干し大根のナゾ

謎なんです。

切り干し大根は大根に比べて栄養価が高い!とよく言われますよね。
でもね、
大根100gと切り干し大根100g、水分が抜けたわけだから切り干し大根はより多く身を勘定出来るわけですよね。

大根100gと、干さずに100g分の切り干し大根と比べたら、どっこいどっこいなんじゃないかな。

カロリーも18kcalと278kcalも差があるわけだし。

Icon agree@2x 0
Icon nice@2x 0
お気に入り

最新の発言13件 (全13件)

  • 切り干し大根を戻して瑞々しい生大根に戻らないので一緒では無いと思います

    天日干しに関してだけ言えば
    <天日干しすることで生の大根にはない栄養素も含まれるようになり、通常の大根に比べてカルシウム、鉄分、ビタミンB1、ビタミンB2などの含有量が数倍も多くなり、栄養価も高くなっています>

    との事です

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • ありが

    >30代さん

    切り干し大根を戻して瑞々しい生大根に戻らないので一緒では無いと思います

    天日干しに関してだけ言えば
    <天日干しすることで生の大根にはない栄養素も含まれるようになり、通常の大根に比べてカルシウム、鉄分、ビタミンB1、ビタミンB2などの含有量が数倍も多くなり、栄養価も高くなっています>

    との事です

    戻らないのは分かっていますよー。大丈夫。

    そうじゃなくて、、。
    生の大根100g、干す前の状態で100gだった切り干し大根を比べた場合です。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • 違いますよ。

    こんにちは。
    単純に100gではエネルギーは切干が15.5倍になりますが、じゃぁ全部15.5倍なのか
    というと全く違います。カルシウムは22.5倍、鉄分は48.5倍、ビタミンB2は20倍。
    逆にビタミンCは0.25倍と、大幅に下がってしまいます。
    干すことによってそれだけの違いが出るのです。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • 生の大根=干さない大根 同じ物ですよ?比べるも何も同じです

    拘っているポイントが解りません

    干す前の大根とは生の大根ですよね?うん?何か違うもんだと思っています?

    仮に違う物だとしたら元々が違うんですから比べても仕方の無い物です
    変な事考えますね?


    普通は比較試験的に考えるなら
    干す前の生の大根100gの栄養素を検査
    その後に干す
    干したのを水で戻して100gにして栄養素を検査

    ですよ?

    生と生比べてどうします?

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • ありがとう

    >コムタンままさん

    こんにちは。
    単純に100gではエネルギーは切干が15.5倍になりますが、じゃぁ全部15.5倍なのか
    というと全く違います。カルシウムは22.5倍、鉄分は48.5倍、ビタミンB2は20倍。
    逆にビタミンCは0.25倍と、大幅に下がってしまいます。
    干すことによってそれだけの違いが出るのです。

    干したら軽くなるので100g測っても栄養素含む分を多く摂ることができますよね。
    干して減る水分量の割合とその分多く計量出来るため多く得られる栄養素の割合は一致しているのかな?と思いました。
    上手く言えない^^;

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • おっしゃりたいことはよく分かります。

    切り干し大根100gは干す前の大根だと1250g分もあるのだから、そりゃ生の大根100gと比べたら栄養多いに決まってるじゃん?

    と、いう疑問ですよね?

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • ありがとう!

    >コナさん

    おっしゃりたいことはよく分かります。

    切り干し大根100gは干す前の大根だと1250g分もあるのだから、そりゃ生の大根100gと比べたら栄養多いに決まってるじゃん?

    と、いう疑問ですよね?

    そうそう、そういう事です。
    それでも更に栄養素が何らかの理由で増えているのか、そのままなのか、と言うあたりです。

    説明下手ですみません(u_u)

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • 謎と考えても不思議ではないですよね。

    グラム数だけで、鑑定する場合(切干大根は、もどして使用出来る状態およそ200g~300g)と考えます。どっこいどっこいでは、ないです。
    差があるのはKcaIだけではありませんね(生75KJ、切干1167KJ)

    (炭水化物生4、1g・切干67,5g)(カルシウム生23mg・切干540mg)
    (鉄分生0,2mg・切干9,7mg)(カリウム生230mg・切干3200mg)
    (マグネシウム生10mg・切干170mg)(ビタミンB₁生0、02mg・切干0、33mg)
    (ビタミンB₂生0、01mg・切干0,20mg)
    (パントテン酸生0,11mg・切干1,40mg
    (食物繊維総量生1、3g・切干20,7g)、、でした、こんなにも違うんですね。
    リコッタさんありがとうーーー
    お互いに、いいお勉強になりましたね・・・・・これから切干大根食べましょう。

    ☆ダイコンの葉には、鉄やカルシウム、ビタミンⅭ、タンパク質が多い

    ☆ダイコンは水分と炭水化物ですので、特にでんぷんの分解酵素アミラーゼを含んでいますから、生のままおろして食べた方がべストかな。

    ☆切干だいこんは、甘味が強く独自の香りがあって、無機質や食物繊維が多く含まれている。
    「用途別に考えた方がヨロシイかしら」ですね。


    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • ありがとう

    >りんごさんさん

    グラム数だけで、鑑定する場合(切干大根は、もどして使用出来る状態およそ200g~300g)と考えます。どっこいどっこいでは、ないです。
    差があるのはKcaIだけではありませんね(生75KJ、切干1167KJ)

    (炭水化物生4、1g・切干67,5g)(カルシウム生23mg・切干540mg)
    (鉄分生0,2mg・切干9,7mg)(カリウム生230mg・切干3200mg)
    (マグネシウム生10mg・切干170mg)(ビタミンB₁生0、02mg・切干0、33mg)
    (ビタミンB₂生0、01mg・切干0,20mg)
    (パントテン酸生0,11mg・切干1,40mg
    (食物繊維総量生1、3g・切干20,7g)、、でした、こんなにも違うんですね。
    リコッタさんありがとうーーー
    お互いに、いいお勉強になりましたね・・・・・これから切干大根食べましょう。

    ☆ダイコンの葉には、鉄やカルシウム、ビタミンⅭ、タンパク質が多い

    ☆ダイコンは水分と炭水化物ですので、特にでんぷんの分解酵素アミラーゼを含んでいますから、生のままおろして食べた方がべストかな。

    ☆切干だいこんは、甘味が強く独自の香りがあって、無機質や食物繊維が多く含まれている。
    「用途別に考えた方がヨロシイかしら」ですね。


    わざわざ調べてくれてありがとうございます。
    戻した状態100gと元の重さが100gだった切り干し大根幾らかとは全く別なので多分当てはめて考えることは出来ないですね。
    もちろん、☆の部分は知っていて多いに味わって活用しています。


    伝わりづらくて難しいです。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • ちなみに、切り干し大根にすると重さは元の大根の8%になるそうです。
    (100gの大根なら8gになる。あるサイトの理科の実験でやってました)

    大根100gと、干す前100gだった切干大根(つまり切干大根8g)を比べるならば、栄養成分表の切干大根100gの値を12.5で割れば、求められますよ。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • ありがとう!!

    >コナさん

    ちなみに、切り干し大根にすると重さは元の大根の8%になるそうです。
    (100gの大根なら8gになる。あるサイトの理科の実験でやってました)

    大根100gと、干す前100gだった切干大根(つまり切干大根8g)を比べるならば、栄養成分表の切干大根100gの値を12.5で割れば、求められますよ。

    調べると出るんですね!
    わざわざありがとうございます!

    言いたいこと伝わって良かったです(T_T)
    お手間おかけしてすみませんでした。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • 言っている意味はわかりますよ。

    >リコッタさん

    干したら軽くなるので100g測っても栄養素含む分を多く摂ることができますよね。
    干して減る水分量の割合とその分多く計量出来るため多く得られる栄養素の割合は一致しているのかな?と思いました。
    上手く言えない^^;

    ですから単純には計算出来ないですよ。
    同じではないですという説明を、栄養素の
    変性が分かりやすい数字で示したのですが、
    逆にわかってもらえなかったようですね。

    わかりやすく一人分で考えてみると、切り干しは15g位として、
    それと同じ量のカルシウムを生の大根で摂るとすると、
    360gほどになります。
    鉄に至っては720g程度摂らなければ切り干し15g
    に及ばないのです。

    ですから鉄分をとりたい女性にとっては切り干し
    のほうが栄養価が高いといわれるのは当たり前で、
    栄養素毎に変性の仕方が違うので生の大根と
    切り干しを単純にイコールは出来ませんということです。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • >コムたんママさん

    ですから単純には計算出来ないですよ。
    同じではないですという説明を、栄養素の
    変性が分かりやすい数字で示したのですが、
    逆にわかってもらえなかったようですね。

    わかりやすく一人分で考えてみると、切り干しは15g位として、
    それと同じ量のカルシウムを生の大根で摂るとすると、
    360gほどになります。
    鉄に至っては720g程度摂らなければ切り干し15g
    に及ばないのです。

    ですから鉄分をとりたい女性にとっては切り干し
    のほうが栄養価が高いといわれるのは当たり前で、
    栄養素毎に変性の仕方が違うので生の大根と
    切り干しを単純にイコールは出来ませんということです。

    やっぱり言わんとしていることが伝わらないようで残念です。
    仰っていることは既に知っています。大丈夫です。
    何度もありがとうございます。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
Arrow upトップに戻る

この話題に発言する



ログインが必要です