現在の発言数440,586件!
この度、2017年2月1日に「みんなのカフェ」の運営会社がクックパッド株式会社から株式会社トクバイに変更となります。 これに伴い、デコ料理、投票広場のサービスの提供と、iOSアプリ「料理と暮らしの掲示板 by クックパッド - みんなのカフェ」を終了させていただきます。 詳細につきましてはこちらをご確認下さい。
2017年1月16日「クックパッドみんなのカフェ」運営チーム

新たな葬送(エンディングノート、献体、樹木葬?)

親を送るような年齢になってくると、考えますよね、自分の最期はどうしたいか、とか。
特に社会的な地位があるでもなく、主に家族の為に生きている事がまあ生きがいである主婦だったら、死後も誰かの為にお役に立てるであろう献体などを選択するのもいいかも、とか思いませんか? 葬儀費用もおさえられるかもしれないし・・(?!)。
ってそう考える人、最近増えているそうで、ところによっては受付待ちらしいです。
皆さんのお考えや経験談、おしえてください!!
Icon agree@2x 0
Icon nice@2x 0
お気に入り

最新の発言12件 (全12件)

  • 私は樹木葬をして欲しいと子供たちに伝えてあります
    お葬式も家族葬で十分です

    主人の家の墓には入りたくありません(-_-;)
    だからといって実家の墓にも入りたくありません…
    いろいろ あるんです(>_<)

    庭の樹の下に犬と一緒に埋めて…
    と言ったら即却下されました!←当たり前ですよね

    子供たちからは 樹木葬をしてくれる場所は
    自分で探しておいてね!と言われています
    樹木は 桜・花水木が良いかなぁ(^^)

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • 昨夜の「クローズアップ現代」を見ました。
    うちの親族は、20年以上前から献体をしており、
    昨夜の放送で「登録するには順番待ちする場合もある」と聞いて驚いています。
    なんとなくですが、献体をするとなると、自然と「じゃあ、臓器提供も・・・」的な
    雰囲気になります。
    なので、祖母も叔母も角膜提供してました。( 決して強制ではありません、念のため )

    うちの場合は、告別式を終えてすぐに大学病院の関係の方がお迎えに来ていました。
    火葬場に行く代わりみたいなかんじでした。
    3年ほど前にお悔やみが重なったことがあり、1週間で3件もあって大変でした。
    通夜も告別式もとなると、一週間連続ですから。
    その際には、こういったらなんですが、火葬場がないとずいぶんと楽でした。
    ( 寒い時期だったので、本当に )

    それに、今は火葬場が混み合っていてすぐには火葬できず、
    地域によっては「1週間待ち」とか「10日待ち」とかありますよね?
    献体すれば、確かにその際にかかる保管料はかからない、などはありますよね~。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • 使っていただけるなら臓器提供。
    献体も考え中ですが…
    骨は散骨してほしいと伝えてあります。
    お墓には入れてほしくない。
    散骨場所も希望を話してあります。
    自分としてはなーんにも残さず…に
    したいと思っています。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • すみません、私のせいで要らぬ気遣いをさせてしまいました。

    少しトピと逸れますが、別トピで触れた北海道での葬送の件を書かせてもらってよろしいでしょうか。

    10年近く前の事ですが、亡くなられたのは 夫の会社の方で北海道から単身赴任でこちらに来ておられました。夫の飲み友達でもありました。

    連休に自宅に戻り、趣味のバイクを走らせ 不慮の事故に遭い 命を落とされました。まだ40代でした。

    かけつけた葬儀ホールの2階の広間には 線香の匂いも無く、宗教に絡んだ形式ばったものは一切無く、三々五々集まって来た仲間たちが お棺に納まった なきがらを囲んで 酒を酌み交わし早すぎる死を惜しみ 泣きながら目を覚ます事の無い友に語りかけたり 思い出話にふけったそうです。

    その様子を見ていた、奥さんや子供たちは、悲しいながらも少しは報われたんではないでしょうか。ご主人、お子さんから見ればお父さんは こんなに仲間から愛されていたんだと。。

    会場には故人の好きだったミュージシャンの音楽が流れ…

    葬儀と火葬は翌日 極々身内で行われたそうです。

    北海道の葬送の形がそうなのか、その方が特別にそういう形にされたのかは不明ですが、
    最初は戸惑ったものの、「いい、別れをして来た」と夫は言っていました。


    会費制の結婚式も北海道では かなり前から 当たり前にあったと聞きます。
    葬送の形も北海道ではこういうのが当たり前にあるのでしょうか?北海道の方が見られていたら知りたいです。

    何れにしても、こういう葬送の仕方が当たり前に選択肢に入るような時代になればいいな、と思っています。

    話題の献体の件ですが、番組中でも言っていた、「死んだ後も誰かの役に立てる」というのが 今生きている生き甲斐にもなる、というのに共感できました。
    毎年行われる慰霊祭も厳かでいいですね。



    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • 叔父が亡くなったとき、医大に献体という形になりました。
    自宅へ、大学の方が迎えに来てくれて、きちんと死装束の用意があったり、死者への礼が納得出来るものでした。 
    引き取られた後は、ホルマリンのプール、(みたいなの)の中で解剖の順番待ちをするそうです。 その後、何ヶ月か後にお骨となって叔父は帰って来ました。

    その後、献体先の大学から合同慰霊祭のお知らせがあって、母と出席しました。

    医学部の学生や看護士を目指す学生もたくさん出席していました。   
    学生のテンションは、他人事?(みたいな)感じではあったけど、厳かな雰囲気でした。

    父の日の葬儀に500万円以上かかりました。それなりに大きめな会社を経営していたので、こんなものか、と考えてましたが。

    生きてる人にとって、お金は、大事。

    死に仏より、生き仏、よく祖母が言ってました。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • 儀式とお墓と

    いろいろ考えますね。
    エンディングノートというと、延命治療を希望するとかも書く欄がありますが、いざというときに家族が見てくれるか?と思います。臓器提供はしたいと思いますが、まだ家族には話していません。
    生前に散骨を希望していた叔父は、子供がお骨上げの時に一部を取って後日海へ流したそうです。お骨壺は、叔母と一緒に納骨堂です。全体を散骨してお墓をなくしたい場合は、粉になるような焼き方をしてもらう必要があると聞きましたが・・・(未確認情報です)

    40代の方、急なことだったのにご家族はよく決断されたと思います。会館にお任せするとお通夜って30分くらいで帰されますね。若いお仲間がいたら、夜にお別れしてもらって、その様子を見ると残されたご家族の気持ちがかなり違うのではと想像します。

    私は子供が一人で、夫の実家のお墓があるのでできるだけ手間にならないよう、お墓に入れてもらって構わないと思っています。義母と息子(夫)が一緒のお墓でどうぞ仲良く、私はお墓にいません~(?風になって~?)
    一方で、お寺さんが後継ぎがあるのか、檀家が減っていってお寺を廃業したりしないか?私が入る前になくなったら本当に困ります。

    友人が夫を亡くした時は、身内と一部の事情を知っていた人でひっそりと送りました。が、ご主人は地域でボランティアをしたりお友達も多い方だったので、翌日から喪中ハガキを出した後まで、ご近所さんから幼馴染までお参りにと来る方が多くて友人はたいへんだったそうです。うちの夫は・・・?
    私は地域にはお友達がいないので、誰にも知られずひっそり、夫の実家周辺(親戚一族)にも知らせず(お墓でばれますが)ひっそり、と願うばかりです。お寺さんにも、内緒で、内緒で・・・。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • 北海道です。

    >(^_^)さん

    すみません、私のせいで要らぬ気遣いをさせてしまいました。

    少しトピと逸れますが、別トピで触れた北海道での葬送の件を書かせてもらってよろしいでしょうか。

    10年近く前の事ですが、亡くなられたのは 夫の会社の方で北海道から単身赴任でこちらに来ておられました。夫の飲み友達でもありました。

    連休に自宅に戻り、趣味のバイクを走らせ 不慮の事故に遭い 命を落とされました。まだ40代でした。

    かけつけた葬儀ホールの2階の広間には 線香の匂いも無く、宗教に絡んだ形式ばったものは一切無く、三々五々集まって来た仲間たちが お棺に納まった なきがらを囲んで 酒を酌み交わし早すぎる死を惜しみ 泣きながら目を覚ます事の無い友に語りかけたり 思い出話にふけったそうです。

    その様子を見ていた、奥さんや子供たちは、悲しいながらも少しは報われたんではないでしょうか。ご主人、お子さんから見ればお父さんは こんなに仲間から愛されていたんだと。。

    会場には故人の好きだったミュージシャンの音楽が流れ…

    葬儀と火葬は翌日 極々身内で行われたそうです。

    北海道の葬送の形がそうなのか、その方が特別にそういう形にされたのかは不明ですが、
    最初は戸惑ったものの、「いい、別れをして来た」と夫は言っていました。


    会費制の結婚式も北海道では かなり前から 当たり前にあったと聞きます。
    葬送の形も北海道ではこういうのが当たり前にあるのでしょうか?北海道の方が見られていたら知りたいです。

    何れにしても、こういう葬送の仕方が当たり前に選択肢に入るような時代になればいいな、と思っています。

    話題の献体の件ですが、番組中でも言っていた、「死んだ後も誰かの役に立てる」というのが 今生きている生き甲斐にもなる、というのに共感できました。
    毎年行われる慰霊祭も厳かでいいですね。



    こんにちは。
    北海道民です。一応一般的な北海道の葬儀の
    ご説明させていただきますと、ご遺体は一時的に
    自宅に帰る方が多く、納棺されてから斎場に
    移動します。
    お通夜を終えたら線香を絶やさないように祭壇を前に
    お酒飲みながら皆で思い出話をして夜を明かします。
    そんな感じなので、通夜に間に合わない人も遅くなっても
    顔が出しやすいです。

    眠たくなった人は別室に寝室が設けられているので
    そこで寝ます。親戚一同で雑魚寝です。

    葬儀を午前中に行い、火葬場へと行きます。
    火葬場で待ち時間にまた食事して飲みます。

    遺骨を抱いて斎場に戻り、繰り上げ法要とかで
    また食事して飲みます。
    これがフルコースで、その家庭により省く部分は省いて
    少しずつ簡略化されています。

    お知り合いの方は無宗派なのかもしれないですね。
    北海道特有のものではないと思います。
    あるいはご家族が線香アレルギーという可能性も
    あるかもですね。家は母がアレルギーで、
    お坊さんがお参りに来ても、線香は点けないでもらっています。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • (横入りすみません)

    >コムたんママさん
    お返事ありがとうございます。

    とても勉強になりました。

    >祭壇を前にお酒飲みながら皆で思い出話をして夜を明かします。
    そんな感じなので、通夜に間に合わない人も遅くなっても顔が出しやすいです。

    …これ、いいですね^^


    おば。さんの
    >会館にお任せするとお通夜って30分くらいで帰されますね。

    これも勉強になりました。

    自由に選べる葬送の仕方も望ましいですが、おば。さんの仰る、お寺さんの存続問題も確かに気になるところです。


    検体については、様々な歴史を積んで来て 問題になった史実もありましたが、今の医学の発展に間違い無く貢献していると思います。

    あと、樹木葬…
    花咲か爺さんを思い出しますねぇ♡
    その為には、あの心優しい老夫婦に愛された、可愛い仔犬のようにならなければならないと自省しているところです。


    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • 経験談、我が家の場合。

    昨秋、祖母のお葬式を出しました。
    身内だけでサラッと送って欲しいと言う遺言もあり、最低限の人数で送り法要や葬儀の費用は想定内でしたが、戒名や仏具など思った以上にかかりました。
    私自身も私の両親もこんなにかかるものなのかと改めて考えさせられました。

    自分の時はダンナと妹一家だけで送って貰いたいと思い、40代前半ですが、常々ダンナに話しております。
    我が家には子どもがいないので、だれの負担にもならないように一番の理想は樹木葬で片づけて!?貰いたいです。
    エンディングノートも準備せねばと思っているだけでなかなか進まないのが私の現実です。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • 花に囲まれて

    母を樹木葬で送る事になりました。
    生前TV番組を見ていた母が、自分の時はこんな風に送って欲しいと望んでいたので。

    ネットで色々と調べて資料を取り寄せ、家族みんなで散々悩んだ結果、宗派を問わずに受け入れていて、お骨の埋葬時に短い読経はありますが、その後は合同供養が毎年あるだけで他は一切無しというお寺を選択しました(初期費用のみです)。
    場所は少し遠いのですが、時々子供達と遊びにいく場所にも近く、頻繁にとはいきませんが会いに行ける上に、予約をすれば父も同じ場所に入れて頂けるという事が決めてになりました。
    母が眠る予定の場所は、春に花を咲かせる木が多く植えられています。来年、大好きだった花々に囲まれて、母もきっと喜んでくれるだろうと思っています。

    私自身は臓器提供をする事に決めていますが、骨だけは母の近くに…と望んでいます。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • 叔父は、献体しました。

    こんばんは。サヤンママです。父方のおじさんが、糖尿病から、多臓器癌になりました。家族一同に迷惑をかけてきたから、最期は人の役にたちたいって、強い意志がありました。仮の葬式はあげて、田舎なので秘密の献体でした。お骨は、医大の納骨堂です。遺体のない葬式は、味気なく感じました。本人の意志でも、遺族は寂しく感じるのだと、思いました。私も、子供が居ないので、ダーリンが先立てば、献体か無縁仏です。少子高齢化の課題ですね?

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • 親は、ロッカー墓に入れて欲しいそうです。

    続きです。母の妹は、夫婦仲が悪く、墓はありますが、お金を遺して、自分と娘夫婦のロッカー墓を用意させました。おばさんは、ひとり娘夫婦を大切にしていました。母は、おばさんの真似をしたくなったように思います。夫婦だけのロッカー墓を買う予定です。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
Arrow upトップに戻る

この話題に発言する



ログインが必要です