現在の発言数456,296件!
この度、2017年3月30日にサイトURLの変更及びログイン機能・写真添付機能の提供を終了いたします。 詳細につきましてはこちらをご確認下さい。
2017年3月23日「トクバイ みんなのカフェ」運営チーム

ものが捨てられなくて…

家は家族3人とも、物が捨てられない性格で…
しかも日頃忙しくて休日も出かけることが多くて、年末年始やお盆も遠方の実家に帰っています。家の中は散らかりっぱなし…
子供が中学生なった今、いい加減家の中を片付けたいのと、家庭訪問があるのとで、片付けだしたのですが…小学校で使っていた赤白帽子を見て、子供に「捨てるよ」って言ったら「ちょっとまって」って言って「いいよ」って言ったので、「6年間有難うって言って捨てようか」って言ってみたら「6年間?!捨てちゃダメ」って言って持って行ってしまいました。「全部取っておいたら、片付かないよ(>_<)」っと何度か呼んでみたけど、返事は返ってこず(-_-;)それから、少し経って「いいや、」帽子を持ってきて、「6年間有難うございました」って私に渡して来ました。別な部屋に行った息子の後を追ってみると、涙を流して泣いていました。
本に捨てるときにお礼を言って捨てるといいようなことが書いてあったと思ったのですが…
なんだか、息子の姿を見て、捨てられなくなってしまって…ランドセルもまだしばらくは取っておこうと思っているのですが…そのなかに入れて少し置いておこうかなともおもっています。
でも、息子が決心をしてもってきたから、やはり捨てるべきかなって…(^_^;)
主人に話したら、俺の実家にもっていって保管しとくか?っていいだして…そこまではしなくてもいいような…主人、教科書も実家にもっていって保管しとこうかと言ってるんです。
みなさん、どう思われますか?
こんなに散らかってる家、教育にいいわけないですよね(>_<)
Icon agree@2x 0
Icon nice@2x 0
お気に入り

最新の発言11件 (全11件)

  • そうなんですよね〜

    教育に良くないと思うし
    ウチは複数の子供の中で一人の子が主人と同じく人並みに片付けられる人種なので小学校高学年頃から子供から責められてました。なんでウチは散らかってるんだ( *`ω´)と。
    なかなか うちでお茶しようよと言える家にする事ができません。今もです

    子供たち全員志望大学に進学しました
    私に厳しい真ん中の子は超がつく一流と言っていただける国立他の子は国立と上位私大です
    いや だから片付けなくていいと言いたい訳ではないんです
    こういう家もある、というだけです(ー ー;)

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • 子育てはしたことはありませんが。
    6年間お世話になった赤白帽に涙を流すなんて、優しいんですね。
    でも、こうやって捨てる苦しみを知ることで、
    モノを大切にし、無駄なモノを買わない強い心を持てるようになる気がします。

    私は、整理収納アドバイザーの資格を持っていますが、実は捨てるのは苦手です。
    だから、無駄なものは買いません。
    「欲しい!」と思ってもすぐに購入の決断をするのではなく、
    「今度来た時に買おう」と、執行猶予を持つようにしていますよ。
    捨てる時は、私も「長い間お世話になりました」と言ってから捨てます。
    子供の頃に母から教わった捨て方です。

    今思えば、この言葉を教わったおかげで、モノを大切にしたり、
    不要なモノを持たない生活ができるようになり、
    結果、片づけができる人間になれたのだと母に感謝していますよ。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • 思い入れ

    思い入れのある物、子供が描いた絵などは、写真に撮って、アルバムや、切り抜いたりなどして、スクラップブックにすると、良いと聞いた事があります。

    全てを捨てられずにいると、本当に、子供の成長と共に増えていくので、良い方法だなと思いました。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • 責務

    お気持ちわかります。 私も捨てようとするたびに 買った時の嬉しかった気持ち
    そして思い出が蘇ってきてつらいです。 ただ、この捨てる時のつらい気持ち そして実行する時の心身の消耗を考えると この仕事、私以外にはさせられないっ とも思ってます。
    赤白帽 つらいですね。 でも 子供の物を捨てるのであって 子供を捨てるわけではありません。 かーちゃんはツライけど悪役になって頑張ってくださいね。
    私も頑張ります。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • 有難うございます(^^)

    >Neige*さん

    子育てはしたことはありませんが。
    6年間お世話になった赤白帽に涙を流すなんて、優しいんですね。
    でも、こうやって捨てる苦しみを知ることで、
    モノを大切にし、無駄なモノを買わない強い心を持てるようになる気がします。

    私は、整理収納アドバイザーの資格を持っていますが、実は捨てるのは苦手です。
    だから、無駄なものは買いません。
    「欲しい!」と思ってもすぐに購入の決断をするのではなく、
    「今度来た時に買おう」と、執行猶予を持つようにしていますよ。
    捨てる時は、私も「長い間お世話になりました」と言ってから捨てます。
    子供の頃に母から教わった捨て方です。

    今思えば、この言葉を教わったおかげで、モノを大切にしたり、
    不要なモノを持たない生活ができるようになり、
    結果、片づけができる人間になれたのだと母に感謝していますよ。

    卒業式に涙を流さなかった親子(私・息子)なのに、赤白帽子を捨てようとしたときに6年間有難うだね。って言ったらどうして涙がにじんだり、涙が溢れ出てきたりするのかな…(^_^;)
    息子は物を捨てたがりません、バラバラになってるトランプさえも…(-_-;)
    かといって、物を大事にしてるわけでもなく(>_<)
    捨てるときに『有難う』を言って捨てようっといってみたのは今回が初めてです。
    物を大事にする気持ちが芽生えるのなら、続けてみようかと思います。

    素敵なお返事有難うございましたm(__)m

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • 有難うございます。

    >ひみつさん

    そうなんですよね〜

    教育に良くないと思うし
    ウチは複数の子供の中で一人の子が主人と同じく人並みに片付けられる人種なので小学校高学年頃から子供から責められてました。なんでウチは散らかってるんだ( *`ω´)と。
    なかなか うちでお茶しようよと言える家にする事ができません。今もです

    子供たち全員志望大学に進学しました
    私に厳しい真ん中の子は超がつく一流と言っていただける国立他の子は国立と上位私大です
    いや だから片付けなくていいと言いたい訳ではないんです
    こういう家もある、というだけです(ー ー;)

    全員志望大学に進学…凄いですね…
    息子は勉強大嫌い(>_<)
    これからの将来や成績を考えると部屋の片づけと同様溜息が出そうです(-_-;)

    きっと、かたづかない家なので参考にもさせていただきます。(*^_^*)

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • 有難うございます(^^)

    >tamaoさん

    思い入れのある物、子供が描いた絵などは、写真に撮って、アルバムや、切り抜いたりなどして、スクラップブックにすると、良いと聞いた事があります。

    全てを捨てられずにいると、本当に、子供の成長と共に増えていくので、良い方法だなと思いました。

    そうですよね~増えていきますよね(^_^;)
    なるほどなるほど…
    今後片付ける際、頭に入れておきます!
    有難うございます(^^)/

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • 有難うございます(^^)/

    >キャサリンさん

    お気持ちわかります。 私も捨てようとするたびに 買った時の嬉しかった気持ち
    そして思い出が蘇ってきてつらいです。 ただ、この捨てる時のつらい気持ち そして実行する時の心身の消耗を考えると この仕事、私以外にはさせられないっ とも思ってます。
    赤白帽 つらいですね。 でも 子供の物を捨てるのであって 子供を捨てるわけではありません。 かーちゃんはツライけど悪役になって頑張ってくださいね。
    私も頑張ります。

    キャサリンさんは強くて優しい母なのですね(^^)
    ちょっと笑ってしましましたが…
    ですね、ですね、子供を捨てるわけじゃない。ですね(^^)
    捨てるときにツライ時、心の中で呟いてみます(^^)頑張ります(^^)/
    有難うございましたm(__)m

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • 物を捨てられない、というのは本人の性格だと思ってたんですが、最近よく考えるのは性格というよりも、物があまりにも豊富だからかも、と。例えば自分と娘を比べてみると、例えば玩具の数や、お祝いやプレゼントの数は断然と違います。それだけ豊かな世の中なんでしょう。物質的には何不自由ないですものね(住んでいる国や地域にも寄りますが)。私自身、なるべく物をたくさん持たないようにする性格なんですが(俗に言う「捨てる派」)、つい最近携帯電話を新調することになりました。古い携帯の中に娘の小さいときの写真やビデオを納めていたのですが、それを取りだすことが不可能だと知り(あまりにも古い携帯電話だったので、ソフトウェアがもうサポートしないようです)、とてもショックで悲しくなりました。このときほど物に「執着」したことはなかったと思います。でも考え直して、「カメラに収めた写真もあるし、家族で一緒に過ごした思い出も記憶の中にあることだし」と自分に言い聞かせて、新しい携帯電話に世代交代しました。簡単に携帯電話で写真やビデオを撮るなんて、ちょっと昔ではなかったことですよね。物が豊富になり、技術が発達してより簡単に「手に入れ」られる世代ならではの、「時代病」なのかな?と。皆さんはどう思われますか?解決策ではなくでごめんなさい。考えさせられるトピだったので、一言添えさせていただきました。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • うちの主人の母親が物を溜め込み捨てない人でした。亡くなるまで捨てさせてくれなくて、友だちも恋人も人生で一度も家に呼べなかったそうです。買い物依存症でもあった義理母で、一度も着ていないタグの付いたままの洋服が家の中を占領していました。家具が壊れても捨てなかったので家の中の獣道を通るような生活だったらしいです。
    その義理母が亡くなった後、私がこの家に来てから寄付、廃棄と不要物との「戦い」が続き、家の中に空気が流れる環境になりました。
    今は快適な家になりましたが、主人の青春はかえってきません。家族の団らんも寛げない限られた場所で失われた時間が悔やまれます。

    うちの主人はの家の例は極端ですが、参考にいていただけたらと思い書き込みました。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • 大変・・・。

    高校生の娘が二人おります。
    現実派のざっくりした二人なので、用がなくなった途端にポンポン処分してしまいます。
    先日、高校へ進学した次女も擦り切れるほど使った問題集や教科書、資料集(塾へは行かずに第一志望へ合格したので、学校教材が自主勉強に大活躍しました)もあっという間にひもで縛って資源ごみへ。
    翌日の学校予知会で購入した高校の教科書や辞書がその場所へ治まりました。
    場所を開けてから次の物を収納する。
    そうしないと効率が上がらないと娘たちは言います。
    それでも捨てられないものはいくつかあります。
    新生児の頃の衣類、バレエのレオタード、ピアノの発表会で演奏したスコア集。入園式の時に着た服…。
    一人ひと箱と決めてクローゼットに仕舞ってます。
    涙をのんで処分するときは、デジカメで撮影して映像だけ残してます。
    そのうちフォトブックにするかな、って思ってます。
    余談ですが、実家に帰ったら私の思い出の品を出してくれました。
    小1の夏休みの絵日記など、大笑いして読みました。
    思い出の品を置いておくのも素敵な事ですよね。
    でも、管理しきれないほど物を持っておくのもどうかな、って思います。
    作業効率、落ちませんか?
    折り合いがつくと良いですね。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
Arrow upトップに戻る

この話題に発言する



ログインが必要です