現在の発言数456,116件!
この度、2017年3月30日にサイトURLの変更及びログイン機能・写真添付機能の提供を終了いたします。 詳細につきましてはこちらをご確認下さい。
2017年3月23日「トクバイ みんなのカフェ」運営チーム

二型の糖尿病患者です

もともと持病があり、ステロイドという薬を15年くらい飲み続けています。

1年ほど前、私の暴飲暴食とステロイドの副作用によるものなどにより糖尿病になったと言われました。
35歳150㎝くらいで1日のカロリー摂取が1200Kcalほどだといわれました。
しかし…元が食べることが趣味のせいか?全くお腹も心も満たされません。
もともと、お米大好き人間ですし?一回のお米の量はコンビニの梅などのシンプルな具のおにぎり1つを1日に2つほどしか食べてはいけない。果物も、粉なものも、芋類も麺類も炭水化物やからたべてはいけない。肉や魚も脂があるから食べないほうがいいと言われ、ものすごいストレスです。何かを食べるたびにこれは何カロリーなんだろう?と気になってしかたがありません。
恥ずかしながらお腹が空いて眠れない時もあり…夢の中で食べてる夢をみたりして空腹で目が覚めたりで情けないです。
持病がありそんなに人生も長くないと覚悟してるんですが、好きな物くらいは食べたいなぁ…と毎日鬱々としてしまい、心療内科通いまで始めてしまいました。
自分が弱いのはよくわかっています。

愚痴になってしまいましたが、糖尿病の方どのような食事をされてるか聞かせていただけたらありがたいです。
長文失礼しました。
Icon agree@2x 0
Icon nice@2x 0
お気に入り

最新の発言10件 (全10件)

  • きちんと学びたいなら、、

    大きな病院ですと、集中して糖尿病と食事療法について学ぶ教育入院と言う制度があります。
    私の友だちもそれに参加して、ダイエットにも成功し、性格も驚くほど明るく前向きに変わりました。
    持病もあるということですので、市販の本や素人の意見を参考にされるよりいいかな、と思って書き込みしています。「糖尿病 合宿入院」または「糖尿病 教育入院」とお住まいの地名で検索してみてください。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • 過去に糖尿病をわずらった家族がいました。
    同居の義伯父だったのですが、嫁いで来た私が食事管理をまかされました。
    主食の重さをはかり、カロリーの少ない野菜やきのこを多くし、油ものが少なくてもおなかいっぱいたべれるようにしていました。
    でも症状はいっこうに良くならず悪化してゆきました。
    と、いうのも義伯父は間食が多く、自室でも好きなものを好きなだけ食べてたんですね。
    家族が止めても聞く耳もたず。
    亡くなった後になって義伯父の部屋から食べかけのゆであずきの缶をみつけた時は家族全員が吹き出してしまいました。だってみつからないよう布団の下に隠してあったんです。
    「好きなことを好きなだけして寿命を縮めたんだから本望だよね」と、子供っぽい義伯父の愚行に笑ってしまったんです。

    食事を制限して改善する道を選ぶのか、好きなだけ食べて悪化の道を選ぶのか、どらが幸せなのかは本人次第ってことですね。義伯父は後者を選んだ人ですが、本人がそれを幸せとしていたのならいいのかもしれないなと、亡くなった義伯父のことをしのぶ時にそう思います。
    ただ、体調不良には苦しんでいましたよ。視力が落ち、指先が壊死してつねに出血、働き者だったのに寝ていることが多くなってゆきましたし、家族の手を借りることが多くなってゆきました。

    今流行りの糖質制限ダイエットってまさに糖尿病の食事療法ですよね。
    主食が入るとその分の糖質制限も厳しくてオカズの量も減らさないといけませんが
    主食がない方がたっぷりオカズが食べれて満足度が高い方法だと思いました。

    さがせば糖質100%カットの麺類、低糖質のパン類、カロリーと糖質が半分のダイエットライスなど、義伯父の頃と比べると商品が充実してきてます。
    これらの食品を取り入れたらいかがでしょう。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  •  義父が二型糖尿病です。
     でも、結婚するまで、そしてしてからも本当にインスリン打ってたりするのかな?と思えるくらい快活な人物で。

     義実家のリビングには義母の苦心が伺える糖尿病レシピの本が沢山。
     でも、義父は殆ど食を制限している様に見えないばかりかお酒も嗜みます。

     そんな義父の凄いところは必ず毎日1~2時間10km以上歩くと言うこと。雨が降っても関係無しに歩きます。
     具体的には聞いていないのですが、恐らく高血糖状態を解消するために歩く事を生活の中に採り入れつつ、歩いた後に血糖を測定してはどのくらい食べても大丈夫かと言うのを調べたんだと思うんですよね。
     トコトンそう言うところをしっかりやり尽くして、心配性の義母から食事作りに関する不安を解消したと言うのが何となく判ってきました。

     そんな義父の姿を見て、私はまだ糖尿病ではないのですが予防のために歩くことを続けるようにしています。
     そして、今は妻もウォーキングに付き合うどころか、率先して歩くように変わりました。血統的にリスクは妻の方が高いので夫婦して続けて行けたらと思っています。

     トピ主様はステロイド剤を服用されているとのことで、どうしてもナーバスになりやすい傾向もあるのかなとは思いますが、まずは気晴らしにと言う感じで歩く事を日々採り入れてみては?と感じました。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • 同じです。

    同じ、30代女性、2型です。

    私も食べることが大好きです。
    元々大食い、運動部だったので学生時代はよかったんですが引退後止まらずどんどん太りました。その結果2型と診断されました。
    一時はインスリン注射もしていました。
    食事制限は指導内容の一つですが、ストレス溜めるとおいしいものを食べるのが解消方法なのでどうにもなりません。
    制限する⇒暴飲暴食⇒悪化、となるので。
    なので食べること自体は止めていません。
    私が実践しているのは、飲み物は基本水かお茶。
    ジュースが飲みたくなったら炭酸水。
    おやつは食べない。食べたくなったら昆布とかのローカロリーのお菓子。

    食事については3食食べることを守り、痩せたいから、制限するからといって
    量を減らすことはしません。量は減らさずにカロリーを減らす!です。
    元々生野菜が好きなんですが、今は火を通して野菜の量を食べられるようにしました。
    その分主食の量が減ってます。

    トピ主さんがお米が好きというなら、マンナンヒカリはどうでしょう?
    お米と混ぜて炊くこんにゃくですが、食べていてもまったくわかりませんよー。
    これならカロリーがほぼ半減するので、1.5倍。おにぎり2個が3個にできます。

    持病のこともありますが、脂質はある程度摂取しないとダメなはずなんですが・・・。
    栄養士さんからはいちばんカットしやすいのは炭水化物だけど、0にしてはダメ。
    脂質は高カロリーだから下げたくなるけど、0はダメ。と言われました。
    お肉も魚もバランスよく食べてください、と言われています。
    食事制限は量を減らすだけではないので、自分の続くやり方でやってみてくださいね。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • 糖尿病のⅡ型です。

    こんばんは!サヤンママです。闘病生活、ストレス溜まりますよね?私も、15年以上たちました。頑張って居ますよ。でも、ストレスや睡眠不足でも、悪くなるし、やせても血糖値は下がりません。先日、薬が効いてないと定期的な検査で言われました。10日以上管理と、新しい薬を見つけるために、入院生活を送り退院したばかりです。食べること以外に、ストレス解消はありませんか?私は、なるべく歌うようにしています。カラオケにいくと、具合が良いのです。フリータイムで安く何時間も歌います。カラオケに行けなくなり、今回の入院になりました。カロリー制限だけでなく、ストレスともお付き合いしていく病なのだと、思いました。私のかかりつけの病院は、糖尿病で有名なので、全国から患者さんが集まります。教育入院は、全部込みで、14日お勉強やご飯の盛り付けや運動などの指導があります。私は、講義だけ見学しましたが、わかりやすいですね。総合病院なら、相談してみるのをおすすめします。紹介していただいても、良いかと思いました。サヤンママより。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • 私は・・糖尿病になっていたのに・・・・・。

    健康診断せず、糖尿病になっていた事を知らずに、数年をすごした結果、合併症である、脳内出血、網膜症を同時に発病しました。
     救急車で搬送され、病院にて糖尿病と診断。
     左半身麻痺にもなりました。リハビリにてなんとか二本足で歩く、両手を使う事は出来るようになりましたが、十分ではありません。また、網膜症の進行も早く、レーザー治療も左右3回ずつ受けましたが・・・。次の段階の治療法になるのも時間の問題のようです。網膜症は、治る事はない。進行をゆるやかにする事しか出来ない。いずれは失明と宣告されています。
    さて、あなたはどうしますか? 
     私のようになっていない今、防げる事は防いで頂きたいと願います。
     こういう不自由な身体になり、仕事も失い、今は福祉のお世話にならないと生活していけない状態です。復帰はあり得ません。まだまだお若い。先は長いですよ。食事療法に関しては、いろんな方法があると思います。専門家に相談しながら、地道に続けて下さる事を願います。
     食べるのがお好きなら、すでにご投稿下さっているようにいろいろ方法があると思います。また、外食も飲酒も上手にすればOKだし・・・。
     糖尿病と20年も30年もお付き合いなさっている患者さんもたくさんいらっしゃいます。
     ひとりで継続するのは難しいと思います。同じ病気を持つ仲間と出会えると良いですね。
     お互いに励まし合いながら末永くお付き合いなさることをおすすめします。
    決してやけにならないで下さいね。万が一、万が一ですよ。長く生きていれば、夢のようなお薬が開発されるかもしれないじゃないですか・・・。
     最近、あの時死んでいたらなぁ・・・と思う事があるんですよ。私のようにならないように、是非、頑張る道を選んでいただきたいと思います。
     でも、最後に決めるのは自分自身ですからね。自分で選べる余地があるって事は幸せな事だと思いますよ。
     

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • 一型糖尿病です。
    過去に3度入院しました。
    原因はケトアシドーシスです!

    血糖値がやはり上がってしまいまして…
    私も食べる事が大好きで、それも高カロリーなものが好きです(笑)
    お米、パスタ、パンなど炭水化物が大好き!

    しかし、やはり炭水化物は血糖値が上がってしまうので今はお米を食べていません。
    最初はかなりストレスで、入院中はとくにお腹が空いて眠れませんでした。

    だいぶ慣れてきましたが…

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • きみこさん、三食バランス良く!良くかんで下さい。

    サヤンママです。とりあえず、野菜たっぷりの暮らしをしませんか?お菓子のかわりには、野菜を細長く切って、おやつにしたり、あたたかい野菜たっぷりスープを飲むと、ドカグイが予防出来ます。その他は、何でも今までの半分にしてみては?お菓子を食べるのは我慢して、食後に果物を、少し食べて下さい。炭水化物やハイカロリーなものも、半分からスタートしていただき、やめられるようにしてみては?合併症は恐ろしいです。私は、1日1400キロカロリーです。いきなりだと、かなりお腹がすいてイラつきます。半分からスタートなら、我慢出来ますよ。何でも半分です。過食も依存症だと思います。体のために、頑張って下さい。私も、食べることは大好きですね!一口を三十回噛んで飲み込んでから、二口目を口に運びます。満腹になるのがわかります。満腹中枢を騙すのです。おすすめします。サヤンママより。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • 糖質制限で、HbA1c 10%台が3ヶ月で正常値になりました

    それは大変ですね。僕も鼻炎の治療で使用したステロイド剤の長期使用が原因で糖尿病になりました。じわじわ上がり続けたHbA1cの値が去年の5月に10%台となりましたが、糖質制限食により1ヶ月おきに、8%台、6%台、5%台と激減して現在に至ります。尿糖の値にいたっては、なんと3日で正常値になりました。基本的に糖質制限の本に従いつつ、同時に糖質制限に理解のある医師をネットで捜して、諸々の検査とアドバイスをしていただきました。というのもタンパク質を沢山食べる事で腎臓が悪い人などは注意が必要だからです。糖質制限について詳しくは糖質制限の本で勉強して頂きたいのですが、基本的には糖質(でんぷんと糖類)を食べない食事法です。米・麦・パン・麺類など主食といわれるものは食べてはいけません。ほぼ全てのお菓子類や果物も食べてはいけません。牛乳も糖分が多いのでNGです。そのかわりカロリーに関しては一切制限が無いというよりも充分に摂ります。タンパク質は低カロリーなので、主に脂質でカロリーを摂取します。今まで(今も)の常識と言われていた考えを変えなくてはいけないのが2点あります。まず、カロリー制限では糖尿病も肥満も解消できません。次に血糖値を上げたり体脂肪の原因となるのは糖質であり、脂肪は犯人ではないという事。
    実際の献立では基本的には、肉と魚と炒め物や揚げ物やマヨネーズなどを使います。3食とも行うのが理想ですが無理ならせめて夕食だけでも。字数が足りないのでここで投稿を分けます。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • 糖質制限食についてのつづき

    僕の献立例です。
    朝食は、たっぷり目のサラダ、玉子料理、みそ汁、アボカド1/2、納豆、こんな感じです。ドレッシングはノンオイルはNGです。理由はカロリーとして大切な油が無い事と、味を調整するために糖類が多量に添加されている事、また増粘多糖類をはじめとする諸々の添加物も多めな事。ということでオリーブオイルと醸造酢とすだち汁やレモン汁で作った自家製ドレッシングを使ってます。サラダオイルはリノール酸過多となるので使いません。アボカドはオリーブオイルをたっぷり掛けてカレー塩をかけたり、ごま油をたっぷり掛けて醤油を少し掛けたりしてます。
    昼食は自宅なら豚肉たっぷりの野菜炒めが多いです。弁当ならばブロッコリー、アボカド、肉・ソーセージ・魚・魚の練り製品など、炒め物などです。
    夕食は肉や魚を中心としてます。アボカドも食べます。
    食事中や自宅での飲みのもはもっぱら白湯。酒は焼酎やウイスキーなどはOKですが、日本酒やビールはNGです。糖質ゼロの発泡酒等も人工甘味長が添加されているのでNGです。砂糖も含めて天然・人工に関わらず甘味料は腸内細菌叢の状態を悪化させます。
    果物で特にNGなのはりんごとバナナです。これらは血糖値をいっきに上昇させる(グルコーススパイクと言います)ため、糖尿患者でなくても身体に悪いですしメタボの原因です。これらでダイエットなどあり得ません。イチゴやキウイなどは量が多くなければOKです。
    大豆と大豆製品も実は幾つかの問題点があるので食べないか少ない目に。ただし、納豆や味噌のように発酵させるか、大豆もやしのように発芽させたものは大丈夫です。詳しくは「大豆の毒」で検索してみて下さい。以上、僕が1年間体験した事です。まずは薬局で尿糖試験紙を入手されて自宅で検査しながら食事で変化するのを確認する事をお勧めします。翌朝から変化があると思います。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
Arrow upトップに戻る

この話題に発言する



ログインが必要です