現在の発言数442,143件!
この度、2017年2月1日に「みんなのカフェ」の運営会社がクックパッド株式会社から株式会社トクバイに変更となります。 これに伴い、デコ料理、投票広場のサービスの提供と、iOSアプリ「料理と暮らしの掲示板 by クックパッド - みんなのカフェ」を終了させていただきます。 詳細につきましてはこちらをご確認下さい。
2017年1月16日「クックパッドみんなのカフェ」運営チーム

青春って良いもの?

皆さんは不登校になりたいと思ったことありますか?
私は今とても不登校になりたいと思います。
私はクラスの学級委員です。
ただし、私のクラスは一人五月蝿い奴がいて、何故かすごく
キモいとか死ねとかブスとか罵声を浴びます。授業中カッコつけて出ていったりするくせに
何か都合が悪くなると学級委員のせいにします。
この子の対応には日々困っており、
今は少し無視しかけています。
これはその子には関係ないのですが、私はつい最近、部活を退部しました。
そして、どの部活に入ろうか迷ってる時に、テニス部の友達が凄くやさしく接してくれて、仲良くなると
テニス部に入りなよーと甘えてきました。
仮入に行ってみて、最初は優しかったんですが、どんどん私に飽きてきたのか、冷たくされるようになりました。避けたり、話しかけても無視したり。
その癖に自分が一人になると駆け寄ってきます。
正直に今この子には、
「私は貴方の人形じゃないんだよ」
って思ってます。
元々いた部活の子も止めないで!とか行ってたくせに止めたら止めたで
避けてきたりします。
家族の中でもお兄ちゃんと比べられるし、私ばっか怒られます。
不登校になりたい。
学校に行きたくない。
家にもいたくない。
どうしたら私は楽になれますかね?
中学生になってとびきり汗かいて
部活して、友達と仲良くなって、
時には恋して。
こんなのが青春だと思ってました。
私はなにか間違っていたのでしょうか?
教えてください。
Icon agree@2x 0
Icon nice@2x 0
お気に入り

最新の発言20件 (全21件)

  • 私も高校生のとき行きたいと思わなくなり
    親に相談したら
    あっさり止めればと言われっ逆に行く気になった。
    今は
    無理して通うよう進めない親もいるぐらいですので方向性がきちんとしたら学校でなくても
    青春期はおくれます。ただ人間関係はそとのほうが難しいです。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • 無駄な時は無いと知る

     私も中学時代は学級委員やら経験して、癇癪持ちの担任に襟首掴まれ壁に押し付けられたり、小間使いの様に扱われ、それはそれで陰鬱な時代を過ごしたのですが、今となっては彼が何に追い込まれ周りを巻き込んでいたのか少しは判る気がしています(と言っても教職にある人として認めはしませんが)。

     やはり親の庇護下で過ごした日々はどんな行動であれ気楽であったなと思い返すと青春ってそんなものなのかなと思うところです。

     ただ、どんなに不利益被ったと思ってもそれは後々人生の糧として活きるシーンが必ず訪れるもので、いま感じた気持ちをちゃんと心に留め置き、自分なりに理解しておくと良いと思います。

     まぁ、後から述懐してみても「青かったな」としか思えないものなのですが、その感覚を味わえるのもその年代だけなので、親に噛みつき、周りと喧嘩しても「自分はどうありたいか」についてぶつかっていって貰いたいと思います。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0

  • きっと大人になれば
    あの頃辛かったことが
    自分を成長させてくれた
    頑張って良かった
    …と思うはずです。

    実際に、私はそう思ってます。

    だから、あなたに
    大人になってから後悔しないでほしいです。



    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • 青春は

    何かに取り組んでいれば人はいつも幸せになれる
    それが青春というものではないかと考えます。

    私の場合過去に創作を生業としていた時期がありましたから
    それは幸せでしたし、今も幸せです。

    さて、それはさておき

    >どうしたら私は楽になれますかね?
    というのが質問の肝のようですので答案します


    人はみな独立した存在で、誰にも干渉される事はありません
    つまり人は国のような存在です。
    あなたもそうです。


    幸せになるには強くなる必要があります
    嫌なことは嫌といい、理不尽な事には理不尽だといいましょう

    一般常識を味方につける事こそが
    五月蝿い奴を黙らせる最大の武器です
    これは大人になっても十分通用する戦い方です

    一般常識に叛く(そむく)者こそが理不尽な無礼者であり
    無礼な人物は無礼を改善していただかないと
    グループそのものが不愉快なグループとなります
    また
    言って聞かなければスルーしましょう。



    孤立や孤独をおそれてはいけません
    あなたが学級委員という役目を果たしている以上
    あなたには何も落ち度や悩むいわれなどないのです
    自信ををもち、独立した存在としてふるまって下さい。

    最後に
    モーパッサンの「女の一生」という
    古い時代をテーマにした小説があり主人公は様々な苦労や激動にみまわれ
    ついには静かな老後を過ごす事になります
    その主人公がたどり着いた書物の一文をわかりやすく解釈すると

    人はみな独立した存在で、誰にも干渉される事はない存在

    となります、
    私は18歳の時この事に触れて良かったと思ってます。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • その時々感じることって・・・

    もしかしたら

    青春が充実していたら (いたから?)
    昔を懐かしく思い出して
    今が物足りなく感じるのかもな...

    いやいや
    青春が充実していたら、
    その延長線で今も充実感が
    あるものなのかな

    もしくは、青春のころ、
    退屈だったなら、
    今が充実して感じるのかな

    とか

    意味わからんことばかり
    考えたりしますよ(笑)


    自分で自分の青春は充実していたと
    感じる時もあったけど
    もっと充実させたかった
    とも考えたり...

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • >某関西人さん

    こんにちは。私は今大学生です。
    青春って、キラキラしたのを思い描いてても、
    いざ自分がその中に立ってみるとそうでもないですよね。
    でも、過ぎてみたらまたキラキラしてるんです、笑
    青春というものがどこまでを指すのかわかりませんが、少なくとも中高は楽しかったなと思います。
    実際過ごしてたその時は全く思いませんでしたけどね。
    中学は辛いことの方が断然多かったです。
    かなり揉めて運動部を辞め、同級生の部員たちと上手くいかなくなりました。
    部員は学年でも派手なメンバーだったので、教室にいづらくなって、毎日学校に行くのが苦痛でした。結局、皆勤で通いましたが。
    逆に、高校のときは良い友達も出来たし、彼氏も出来ましたが、今輝いてるなぁ!的な実感はなかったです、笑
    でも卒業してしまうと、どちらもいい思い出です。すごく懐かしいし、戻りたいです。
    それに、どちらかと言うと辛かったことの方が印象が強いです。
    それを打開する方法を深く考えたからかも知れません。
    辛いという感情そのものと一緒に、その時考えたことが強く残っています。
    痛みを伴う教訓としてそれからの人生に生きます。辛いことへの耐性もつきます。
    あの時の私は頑張った!ていう自信にもつながります。
    不登校になりたい気持ちはよく分かります。私も行きたくないと思いました。
    でも、私は、ほんとに不登校にならなくてよかったって思います。
    それでも通い続けて学校で過ごしたことから、学んだことは多いです。
    青春はどう生きたって後で懐かしく思うし、輝くと思います。
    それがもともと思ってたものとは違っていたとしても、です。
    うまく行かないことが重なって、どうにもならなくなる時期もありますが、ずっとそれが続くわけではないです。
    そのうちいい経験したなって思えると思います。
    あまり深く悩まず、気楽に受け止めるといいんじゃないでしょうか。

    大人になると全てが輝いて見えるんですかね?
    それならもう少し頑張ってみようと思います。
    私はメンタル面ではけっして
    弱い方ではないのですが、ストレス症状がいくつも出たので焦っていたのかも知れません。
    いっけん、自分だけが苦しいと思うことがあっても、一歩後ろから見てみると、かなり違う風に見えてきました。
    大人になって楽しかったなって思えるように学校に行ってみようと思います。
    的確なアドバイスありがとうございました Smile

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • >30代さん

    私も高校生のとき行きたいと思わなくなり
    親に相談したら
    あっさり止めればと言われっ逆に行く気になった。
    今は
    無理して通うよう進めない親もいるぐらいですので方向性がきちんとしたら学校でなくても
    青春期はおくれます。ただ人間関係はそとのほうが難しいです。

    今は辛うじて友達がいるので行っているって感じ立ったんですけど、
    キラキラしてばかりいるのが
    青春じゃないって事がわかりました。
    経験談まで書いてくださりありがとうございました。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • >ちよの輔さん

     私も中学時代は学級委員やら経験して、癇癪持ちの担任に襟首掴まれ壁に押し付けられたり、小間使いの様に扱われ、それはそれで陰鬱な時代を過ごしたのですが、今となっては彼が何に追い込まれ周りを巻き込んでいたのか少しは判る気がしています(と言っても教職にある人として認めはしませんが)。

     やはり親の庇護下で過ごした日々はどんな行動であれ気楽であったなと思い返すと青春ってそんなものなのかなと思うところです。

     ただ、どんなに不利益被ったと思ってもそれは後々人生の糧として活きるシーンが必ず訪れるもので、いま感じた気持ちをちゃんと心に留め置き、自分なりに理解しておくと良いと思います。

     まぁ、後から述懐してみても「青かったな」としか思えないものなのですが、その感覚を味わえるのもその年代だけなので、親に噛みつき、周りと喧嘩しても「自分はどうありたいか」についてぶつかっていって貰いたいと思います。

    私は私のままでいたいです。
    なのに期待に応えたいという自分のプライドで学級委員を努めてしまったわけですが、
    意気地無しだと思います。
    でも、少しでもいいから
    自分を見つめ直す時間がほしいなぁって思ってます。
    今、自分がどうすればいいのか考4えて考えて。
    それで元気に登校したい。
    本当は。
    でも、chocho4141さんの言う通り
    うまくいくだけが青春じゃないっていうのは理解したので、
    それを心に命じて、日々頑張って行きたいと思います。
    貴重なアドバイスありがとうございました。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • >しょこらさん


    きっと大人になれば
    あの頃辛かったことが
    自分を成長させてくれた
    頑張って良かった
    …と思うはずです。

    実際に、私はそう思ってます。

    だから、あなたに
    大人になってから後悔しないでほしいです。



    皆さんが言う通り楽しいだけが青春じゃないっていうのは理解したので、
    今頑張って将来楽しかったって思えるような青春を送りたいです。
    ありがとうございました。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • >ブルーアトラス_oさん

    何かに取り組んでいれば人はいつも幸せになれる
    それが青春というものではないかと考えます。

    私の場合過去に創作を生業としていた時期がありましたから
    それは幸せでしたし、今も幸せです。

    さて、それはさておき

    >どうしたら私は楽になれますかね?
    というのが質問の肝のようですので答案します


    人はみな独立した存在で、誰にも干渉される事はありません
    つまり人は国のような存在です。
    あなたもそうです。


    幸せになるには強くなる必要があります
    嫌なことは嫌といい、理不尽な事には理不尽だといいましょう

    一般常識を味方につける事こそが
    五月蝿い奴を黙らせる最大の武器です
    これは大人になっても十分通用する戦い方です

    一般常識に叛く(そむく)者こそが理不尽な無礼者であり
    無礼な人物は無礼を改善していただかないと
    グループそのものが不愉快なグループとなります
    また
    言って聞かなければスルーしましょう。



    孤立や孤独をおそれてはいけません
    あなたが学級委員という役目を果たしている以上
    あなたには何も落ち度や悩むいわれなどないのです
    自信ををもち、独立した存在としてふるまって下さい。

    最後に
    モーパッサンの「女の一生」という
    古い時代をテーマにした小説があり主人公は様々な苦労や激動にみまわれ
    ついには静かな老後を過ごす事になります
    その主人公がたどり着いた書物の一文をわかりやすく解釈すると

    人はみな独立した存在で、誰にも干渉される事はない存在

    となります、
    私は18歳の時この事に触れて良かったと思ってます。

    今日も五月蝿い奴に、ブスとか
    嫌われてるとか言われました。
    でも、もうどうでもいいと思います。
    その子に私の人生変えられる分けないし、ブスでもブスなりの考え方があるんだって言うところを見せつけてやろうと思います。
    的確なアドバイスありがとうございました。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • >ひみつさん

    もしかしたら

    青春が充実していたら (いたから?)
    昔を懐かしく思い出して
    今が物足りなく感じるのかもな...

    いやいや
    青春が充実していたら、
    その延長線で今も充実感が
    あるものなのかな

    もしくは、青春のころ、
    退屈だったなら、
    今が充実して感じるのかな

    とか

    意味わからんことばかり
    考えたりしますよ(笑)


    自分で自分の青春は充実していたと
    感じる時もあったけど
    もっと充実させたかった
    とも考えたり...

    青春って別にそんなカッコよくないんですね。
    中学生になってはじめての部活。
    で、上下間系ができ、最悪で終わる人もいるでしょう、でも、皆さんのアドバイスで勇気付けられました。
    絶対負けない!
    戦ってやる!

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • 先生何してる?

    学級委員て取締の役じゃないんで先生に丸投げしてみて。
    まあ先生の前ではうるさくしないけど、うわさはきいてるはず。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • パイナポー10代さん。負けないで下さい!

    こんばんは!サヤンママです。私は、いじめや家庭不和で、メンタルが弱くて泣いてばかりの、青春時代でした。高校生になり、自分を変えてみたくて、学級委員に隣りの席の子に相談し、推薦されました。でも、家庭不和がひどくなり、アルバイト先で、店長にまた、いじめられました。私は、不眠症とうつ病になり、二年も不登校で、退学しました。青春時代なんて、一年しかありませんでした。あなたには、不登校なんて逃げは、しないで欲しいです。青春時代は、甘くないですが、大事に生きられたら、財産になります。私は、大人の仲間入りが早くて、後悔しています。今を負けないで、楽しく、あなたらしく生きて下さい!サヤンママより。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • >パイナポーさん

    皆さんが言う通り楽しいだけが青春じゃないっていうのは理解したので、
    今頑張って将来楽しかったって思えるような青春を送りたいです。
    ありがとうございました。


    そう思ってくれてよかったです(*^_^*)

    私なんか後悔だらけ
    特にやらなかった後悔が多い!!

    やらないより、やって後悔!

    これからは、そう生きていきたいと
    思ってます(*`・ω・´)

    きっとみんなそれぞれの壁に
    ぶつかって、それを乗り越えて
    成長しているんだと思います!

    だから、お互い自分らしく!!
    生きていきましょう。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • こんな記事を見つけました。

    《五行説で青は春の色であるところから》
    1 夢や希望に満ち活力のみなぎる若い時代を、人生の春にたとえたもの。青年時代。「―を謳歌(おうか)する」「―時代」

    [補説] 
    2014年6月に実施した「あなたの言葉を辞書に載せよう。2014」キャンペーンでの「青春」への投稿から選ばれた優秀作品。

    ◆前から見ると無色透明だが、振り返って後ろから見ると青くまぶしいもの。


    ◆成人が後悔し、中年が懐かしみ、老人が忘れるもの。


    ◆大人じゃないのに子供でもない自分に葛藤する年頃。


    ◆実はそんな大したことはなかったのに、「あの時は良かった」と美化される思い出。


    ◆いきなり始まり、あっという間に終わるが、死ぬまで思い出して楽しめる時代。


    ◆ふと思い出すと急に恥ずかしくなり、枕に顔を伏せて大声をあげたくなるような言動をしていた時期。


    ◆熱中できる物事に取り組んでいるとき、仲間と喜怒哀楽を感じられる時間を共に過ごしているとき、年齢は関係ない。


    ◆後から振り返るとなんでもないようなことに対して悩んだり苦しんだりする中で、自分のあり方を見つめていく期間。


    ◆大人が無駄と判断しお金をかけて回避できる物事を、時間をかけてやり遂げようとする時期。



    ちょっとでも、元気を出していただければと思い
    投稿させていただきました。
    人間って、いい事よりも悪い出来事の方が強く心に
    残っていたりすることもあります。
    時間が経過するごとに、振り返ってみて
    ああだった。こうだったと。それを懐かしんだり
    笑えるようになる事になったときが青春なのかなと
    自分自身は思います。

    人間、怒りは活力だと。
    でも、それを許し受け入れることが出来る
    事が出来る人にならなければ
    その先の人生は素晴らしいものには
    ならない。
    と、言われたこともありました。(学生時代)

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • 今、現在が幸せだからなのかもしれませんが
    結構、辛かった青春時代も良い思い出ばかりキラキラと思い出すようになりました。

    終わりよければ、すべて良し
    (物事は,結末さえよければ,その過程でいざこざや失敗などがあっても全く問題にならないの意)

    青春時代は泣いたり笑ったり、いろいろとありますよ。
    希望を持って明るく元気に頑張りましょう。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • >ひみつさん

    学級委員て取締の役じゃないんで先生に丸投げしてみて。
    まあ先生の前ではうるさくしないけど、うわさはきいてるはず。

    先生は便りになりません。
    言ったら考えてくれるいい先生なのですが、年のせいで皆に馬鹿にされてます。
    丸投げしてみて、どうなるのか考えてみます。
    ありがとうございました。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • >サヤンママさん

    こんばんは!サヤンママです。私は、いじめや家庭不和で、メンタルが弱くて泣いてばかりの、青春時代でした。高校生になり、自分を変えてみたくて、学級委員に隣りの席の子に相談し、推薦されました。でも、家庭不和がひどくなり、アルバイト先で、店長にまた、いじめられました。私は、不眠症とうつ病になり、二年も不登校で、退学しました。青春時代なんて、一年しかありませんでした。あなたには、不登校なんて逃げは、しないで欲しいです。青春時代は、甘くないですが、大事に生きられたら、財産になります。私は、大人の仲間入りが早くて、後悔しています。今を負けないで、楽しく、あなたらしく生きて下さい!サヤンママより。

    確かに青春なんて楽しくないようで楽しくて、あっという間なんですよね。
    私らしく生きる事を極めてみたいと思います。
    私と同じような青春を送ってたことがわかりました。
    すごく頼りになりました。
    貴重なアドバイスありがとうございました。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • >しょこらさん


    そう思ってくれてよかったです(*^_^*)

    私なんか後悔だらけ
    特にやらなかった後悔が多い!!

    やらないより、やって後悔!

    これからは、そう生きていきたいと
    思ってます(*`・ω・´)

    きっとみんなそれぞれの壁に
    ぶつかって、それを乗り越えて
    成長しているんだと思います!

    だから、お互い自分らしく!!
    生きていきましょう。

    本当にありがとうございました。
    しょこらさんのコメントに元気付けられ、
    自分はどうすればいいのかや
    自分はどうありたいのかって言う事がわかりました。
    とつても力になりました。
    今回の経験をバネにして、今から頑張りたいと思います。
    ありがとうございました。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • >ひみつさん

    《五行説で青は春の色であるところから》
    1 夢や希望に満ち活力のみなぎる若い時代を、人生の春にたとえたもの。青年時代。「―を謳歌(おうか)する」「―時代」

    [補説] 
    2014年6月に実施した「あなたの言葉を辞書に載せよう。2014」キャンペーンでの「青春」への投稿から選ばれた優秀作品。

    ◆前から見ると無色透明だが、振り返って後ろから見ると青くまぶしいもの。


    ◆成人が後悔し、中年が懐かしみ、老人が忘れるもの。


    ◆大人じゃないのに子供でもない自分に葛藤する年頃。


    ◆実はそんな大したことはなかったのに、「あの時は良かった」と美化される思い出。


    ◆いきなり始まり、あっという間に終わるが、死ぬまで思い出して楽しめる時代。


    ◆ふと思い出すと急に恥ずかしくなり、枕に顔を伏せて大声をあげたくなるような言動をしていた時期。


    ◆熱中できる物事に取り組んでいるとき、仲間と喜怒哀楽を感じられる時間を共に過ごしているとき、年齢は関係ない。


    ◆後から振り返るとなんでもないようなことに対して悩んだり苦しんだりする中で、自分のあり方を見つめていく期間。


    ◆大人が無駄と判断しお金をかけて回避できる物事を、時間をかけてやり遂げようとする時期。



    ちょっとでも、元気を出していただければと思い
    投稿させていただきました。
    人間って、いい事よりも悪い出来事の方が強く心に
    残っていたりすることもあります。
    時間が経過するごとに、振り返ってみて
    ああだった。こうだったと。それを懐かしんだり
    笑えるようになる事になったときが青春なのかなと
    自分自身は思います。

    人間、怒りは活力だと。
    でも、それを許し受け入れることが出来る
    事が出来る人にならなければ
    その先の人生は素晴らしいものには
    ならない。
    と、言われたこともありました。(学生時代)

    今、思い出してみると
    辛いことばかりではありませんでした。
    参考になる記事や感想まで述べてくださり、分かりやすかったです。
    ありがとうございました。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
≪ 最新
‹ 前へ
Arrow upトップに戻る

この話題に発言する



ログインが必要です