現在の発言数455,874件!
この度、2017年3月30日にサイトURLの変更及びログイン機能・写真添付機能の提供を終了いたします。 詳細につきましてはこちらをご確認下さい。
2017年3月23日「トクバイ みんなのカフェ」運営チーム

鉄製フライパンで作った味

こんにちは、

オムレツ、洋食も鉄製のお店は本格的でおいしいような。

鉄製の鍋、フライパンで作ると
油でベトベトしない、シャキッと香ばしく焼けて、
プロっぽくて本当においしいですね。

15年以上前、周富徳さんの料理が人気で、
鉄製の丸い底の片手鍋を購入、約3800円、

南部鉄のすきやき鍋 約4000円、

すごく重いし、こびり付く、サビやすいので出番が少なかった。
ここ最近、テレビで見たので、

下味を付けた肉、切った野菜をすごい強火で
一気に炒めた時の味の違いにビックリ、

水気は一切出ずにプロの味になるんです。
白い煙が出る位に熱して、野菜がスベる、スベる、気持ちいい、
意外と焦げない、すぐに火が通る、形が残る、
ペチャっとしない、シャキシャキ、

鉄製、お使いの方はいらっしゃいますか。





Icon agree@2x 0
Icon nice@2x 0
お気に入り

最新の発言13件 (全13件)

  • 以前使用していました。

    今はIHのため使えませんが以前使用していました。

    最初の鉄鍋(フライパン)の処理→しっかり熱する。油をしっかりなじませる。
    使用後の手入れ→水気をふきとり乾かしておく。
    しっかりすればくっつきもしないし、錆びもしません。

    鉄のフライパンだと厚みもあり熱が均一に入り美味しく仕上がりますよね。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • 我家はずっと鉄製の北京鍋

    日向夏マーマレードさん こんにちは。
    我家では子供のころからずーっと鉄製の北京鍋(柄の付いた中華鍋)です。
    前にもどこかの話題に書きましたが、
    錆びない鍋に変身させる方法お教えします。

    新しい鍋ならそのままでいいのですが、既に使用している鍋の場合、
    目の粗い布ヤスリで鍋の内側をピカピカになるまで磨きます。
    その後鍋肌を整えるために目の細かい紙やすりで磨きます。
    磨き終わった鍋を強火で30分、空焼きします。
    空焼きをすると鍋肌の色が青黒く変色していくので、
    火傷に注意しながら鍋肌全体をその状態にするように焼いていきます。
    鍋肌全体が青黒く変色したらそのまま冷まして、軽く洗えば出来上がり。
    これは黒錆(青錆ではない)を発生させる作業です。
    ずーっと前にためしてガッテンでやっていました。

    黒錆が出来た鍋は調理後も洗剤でガシガシ洗えるし、
    油を薄く塗って保存なんていう手間は一切不要です。
    数年(5年以上~?)使っているうちに焦げが気になりだしたら、
    またヤスリをかけて空焼きすれば復活します。

    参考になれば幸いです Smile

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • わかります!!!!

    お店の味のような味、香り、私も大好きです!
    この風味だけで、オムライス一つ、ママお料理上手だね!っていわれます(笑)
    昔、料理上手な人の野菜炒めを食べましたが、この独特の風味が何なのかわからなくて・・・特別な調味料でも入ってるのかと思ってました。

    2000円もしないくらいの業務用の鉄フライパン(新潟燕市の会社製造)を手に入れて野菜炒めを作るとやっとわかりました♪
    炒め、焼き系は鉄フライパンに限りますよね☆鉄分も摂れますし♪

    肉なんかを焼くときは カンカンに熱して調理するので火が出てスリル満点ですが、
    美味しいですよね!

    4年くらい経ちますが手入れも熱いお湯で洗いしっかり火にかけて乾かすだけで
    本当にいい味が出てきました^^ 一生もので大事にしたいです^^

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • 使い分けています。

    おっしゃるように、テフロンなどの加工したものは強火が使えないので、強火が使いたい時は鉄のフライパンを使っています。

    加工したフライパンは性能が悪くなっていく一方ですが、鉄製のフライパンはだんだん使いやすくなってきます。わたしも一番古いものはもう30年以上使っていますが、一番使いやすいものでもあります。(重いけど・・・)本当に一生モノです。

    きれいに洗って、加熱し、キッチンペーパーに油をつけたもので拭いてあげるだけで次の調理の時使いやすくなります。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • 極 のフライパン

    鉄のフライパン「極」を買い、最初に作ったのはハンバーグ Yum出来たてはジューシーで、外カリッ、中フワァッ。お店のようにできて驚きました。

    鉄のフライパンは、素材の味を引き立ててくれるような気がしています。味付けもあえて薄味。

    これまで、鉄のフライパンは焦げやすいとか、手入れが面倒というイメージがあったけれど、実際はそれほどではありませんね。使った後まだ熱
    いうちに洗う、ということだけ気をつけています。

    結婚を機に買ったこのフライパン、まだ2ヶ月目ですが、一生モノですね。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • 鉄製良いですよね。

    フライパンとは少し違いますが。
    定期だか保険だかの満期を迎えたときに、その特典として鉄製の中華鍋をもらいました。(なんで多分5000円もしないような安物だと思います)
    付属の取り説には、さびやすいだの焦げやすいだのおっそろしいことが書き連ねてありましたが、実際使ってみるとそんなことはない。ちょっと手はかかるけど、その分成長していく鍋なんで、とっても面白い。

    昔高校の時に実習室にあった鉄フライパンにはいい思い出が無いんですが、あたりまえなんですよね。普段から油がしみ込ませてないんだから。使用回数が少ない鉄鍋だとうまみを生かせないんだなーと最近になって思いました。

    手間と管理を怠らなければ、強火でガンガン加熱してもいい、むしろそれが強みの鍋ですよね。熱の伝導率もいいのかあっという間に熱くなりますし。

    フッ素樹脂加工のフライパンも持ってはいますが、普段使いは中華鍋一辺倒です。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • マニアックですが

    僕はフライパン類は5種使い分けています

    1.鉄
    貴殿のイメージに一番近い。大昔、洋食の丁稚やってたときから使ってます

    2.スキレット
    同じく鉄ですが、12cmと小ぶりで1人前料理に便利

    3.アルミ
    丁稚のころ、「おまいらにはこれはつかえねえだろう」と言われて
    長じてからほしくなり買いました。パスタとかアクアパッツァとかイタリアンでよく使います。手入れが大変です

    4.中華なべ
    中華なべのロールスロイス、といわれる山田製作所の1.6mm厚です、重い

    5.テフロン
    コレステロールの心配がいるようになってから、結構使ってます

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • IHでも使える鉄フライパン使ってます

    『極』というフライパンなんですが。
    引越祝に極の卵焼き用フライパンをいただき、その使いやすさと焼き上がりの良さに感動!それまでお鍋にはこだわりはありませんでしたが、どうしても欲しくなり、フライパンを購入しました。
    初めは火加減が分からず何度か失敗しましたが、餃子や野菜炒めなど作ると、今までとは明らかに違う出来栄えに一人ニヤニヤしています。
    IHでも鉄フライパンを使ってみたい方にはぜひオススメします!

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • 鉄の製品

    コートされてる商品から鉄に替えてる途中です。
    先日は、玉子焼き器を交換しました。
    片付けが少し面倒ですが、やはり昔ながらの鉄製品が安心ですね。
    長い目で見れば安い商品ですね.。(コートされた商品は、一年に何回も買い替え)

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • 使い始めたばかりです!

    どんなに大事に使っても1〜2年でダメになってしまう○○コートや□□加工のフライパン。
    すでに、日向夏マーマレードさんと同じく周富徳さんの中華鍋を使用しており、油が馴染んだ今ではとてもいい仕事してくれています。

    それでも、始めの頃は膜が破れるまでのモヤモヤ感やサビを出さないようなお手入れの大変さがが解っているので、鉄製のフライパンは育て上げるまで時間がかかることや重さが気になりつつ、思い切って購入しました。

    説明書を見るとシリコン加工が施されており、使用方法、お手入れ方法、注意書き等は○○加工してあるフライパンと変わりません。
    「あれ?」と思いました。

    ネットで調べると、この膜が取れてくると鉄製フライパンの良さが出てくるとの事ですが、せっかちな私はなんとかしたい気持ちでいっぱいです。
    シリコン加工されている物の対処が不明なので、それをどうするのか思案中です。

    ただ、現段階でも材料への火の通り具合は格段と違うのが手に取って解ります。
    早く膜がはがれて油を馴染ませ美味しいハンバーグを焼いてみたいです。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • 鉄製 南部鉄・スキレット

    浅草の老舗洋食店の大宮シャフが、
    料理番組で、南部鉄器?らしき「スキレット」を使っていました。

    あれ、欲しいです・・・

    オーブンにも対応してるから、
    布を鉄製の持ち手に巻く自然な動作、
    慣れていてカッコいいですね。

    素人は、布をうっかり忘れて持つと大やけど、えらいこっちゃ!

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • 大宮シェフのスキレット

    大宮シェフ、キャンプ料理がお得意ですから、
    ダッチオーブンでおなじみの LODGE社のスキレットかも?
    別のメーカーかも?

    憶測でごめんなさい・・・

    テレビの大宮シェフ、気取らず、怖くなく、笑顔がいい、
    すごく面白いですね。

    今度、お店に食べに行きたいです。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • 私も使い分けています。

    朝のバタバタする時は手入れのラクなテフロン加工のものがメイン。
    夕方は鉄のフライパンや北京鍋です。
    同じ火の強さでも鉄の方がよく伝わっている感じがしますよね。鶏の皮なんかパリッと焼けて美味しいです。

    でも一番違いが出るのは、餃子だと思います。皮がパリッと香ばしく焼けて、自家製はもちろん、冷凍やチルドの半加工品の餃子もワンランクアップしますよ!(*^^*)

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
Arrow upトップに戻る

この話題に発言する



ログインが必要です